TOP > 政治・経済 > 新型コロナ: 医師らの接種完了2割どまり 自治体、高齢者分の転用も: 日本経済新聞

新型コロナ: 医師らの接種完了2割どまり 自治体、高齢者分の転用も: 日本経済新聞

19コメント 2021-05-05 05:07  日本経済新聞

新型コロナウイルスワクチンを打ち終えた医療従事者が全体の2割の100万人程度にとどまっている。国として調達が遅れ、4月中旬まで配分量が少なかった影響が残る。住民への接種にあたる医師らを優先し、高齢者向...

ツイッターのコメント(19)

🟪わかっているではないかい、理由は、、、流石に😅
医師らも1回目の接種で副作用や死亡が恐ろしくなったのでは。2回目接種した医療関係者は18%と友人から聞いていたが、2割どまりなら当たりだな。
医療機関関係者でこのワクチン接種率。
日本だなー。と強く感じる。政治家も公務員も無能な人間ばかり。
人出不足だと言っているのにオリンピックのために無償で看護師出せって?
最優先で接種してもらいたいもの。
感染されたら、医療が逼迫するし、感染源にもなってしまう。
これがボトルネック
人手確保が引き続き大きな課題に。

新型コロナウイルスワクチンを打ち終えた医療従事者が全体の2割の100万人程度にとどまっている。国として調達が遅れ、4月中旬まで配分量が少なかった影響が残る。医師らを優先し、高齢者向けのワクチンを転用する自治体も目立つ。
「国として調達が遅れ」!!!
現役を退いた私がまだなのは分かるが、医師が二割とは驚いた。医療の逼迫より医師の逼迫の方が先に来る。
ワクチンがあっても、輸送・接種・管理と大きな仕事は数多あり、号令や通知だけでどうにもならないことはわかりきっている。そして、その結果がこの体たらくなのだ。

 自治体、高齢者分の転用も
この状況でオリンピックに向けて要請するの?
しかもボランティアって
自治体、高齢者分の転用も
日経

新型コロナウイルス を打ち終えた医療従事者が全体の2割の100万人程度にとどまっている。国として調達が遅れ、4月中旬まで配分量が少なかった影響が残る
結局は、手元にワクチンを揃えられなかったって事か…アジアの他の国も似たり寄ったりだが、オリンピックやるのは🇯🇵だけ。そこに、医者看護師のボランティアて…
上益城郡医師会で管轄してるエリアは、一回目はもうほぼ完了する感じ

小さいから連携がスムーズだったのかな
兵庫県西脇市は医療従事者分が不足する見通しとなり、転用を決めた。4月に届くワクチン量を精査したところ、約200人分足りないことが判明した。高齢者への接種でコロナの免疫がない医療従事者が感染源になる恐れもある。市の担当者は「リスクを抑えたい」と説明
医療従事者への接種は、
もっと進んでると思っていた
調達の遅れ
人手の不足・・・

⇒日本にはヒトモノカネがない

>国として調達が遅れ、4月中旬まで配分量が少なかった影響が残る。5月中旬以降は全体の供給量が増えるが、実際の普及には人手の確保が引き続き大きな課題になる。
自治体、高齢者分の転用も[有料会員限定]
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR