群馬県知事、魅力度ランキング批判 「法的措置も検討」: 日本経済新聞

群馬県の山本一太知事は12日の記者会見で、民間調査会社が発表した都道府県別の魅力度ランキングにおいて2021年は群馬県の順位が44位と20年から4つ下げたことについてふれ「なぜ下がったのか判然としない...

ツイッターのコメント(20)

44位って絶妙に美味しくないから気持ちはわかる。
でも経済損失ってランキングダウンと相関あるのかな?
上げる努力してるの?笑
最下位じゃないだけなっから良いじゃん?笑笑
大人気ないしこれじゃ茨城の立場が…笑笑笑
 「法的措置も検討」: 日本経済新聞
>なぜ群馬県の順位が下がったのか、判然としていません。

調査手法、読んでる?気まぐれなただのパフォーマンスじゃん。数学知識がないの丸わかり。調査の有効回収数は35,489人。批判するなら「どのデータに基づき計算する手法が納得いかない」と具体的に指摘しなさい。
ランキングのロジックがわからないので根拠の正否はわからない。ただ、そんな根拠不明の結果を国民が信じるのは皆何も考えてないから?おそらく個人の定性的な感覚(肌感)的に納得感あるからでは?
 「法的措置も検討」:日本経済新聞
群馬県はこういう知事さんが治める土地なのですねえ。
こういうことを言うのは、本当にかっこ悪いしダサい😩話題作りをするにも、全国番組で取り上げてもらい、よりアピールする等の方法のが賢い。県のアピール不足等の問題と素直に認めた方がかっこいいんだけどね🤔
魅力と言っても色々なポイントがあるから、それをひとまとめにしてランキングにするのは無理がある(観光と居住では違う)。それに同じ県でも全然違う生活圏や違う文化圏をひとまとめにするのもどうかと。どんどん抗議していいと思う。
群馬県知事、魅力度ランキング批判「法的措置も検討」

群馬県の山本一太知事は12日の記者会見で「根拠の不明確なランキングで群馬に魅力がないという誤った認識が広がることは経済的損失も伴うゆゆしき問題」と語り、法的措置も含めて今後の対応を検討していると述べた。
下位の埼玉と佐賀と茨城を飛び越えて激おこ。

日本経済新聞: 群馬県知事、ブランド総合研究所の地域ブランド調査批判 法的措置も検討
「群馬県の順位が44位と20年から4つ下げ。問題は群馬県の順位が下位低迷していることではなく、調査手法がずさんなこと」
法的措置って…そういうところが魅力度低いのでは…??
茨城とか見習いなよ、逞しく生きてるよ…?鳥取県もなんとも言い難い結果だけど、前向き知事が無理やりポジティブ変換して頑張ってるよ?(笑)
 「法的措置も検討」: 日本経済新聞
 
PR
PR