TOP > 社会 > 法の“空白地帯”でLEDトラブル、札幌市  :日本経済新聞

法の“空白地帯”でLEDトラブル、札幌市  :日本経済新聞

37コメント 登録日時:2012-06-13 12:32 | 日本経済新聞キャッシュ

 急速に普及し始めたLED(発光ダイオード)照明。ところが、性能を定めた規格や基準の法整備が追い付いていない。庁舎内の蛍光灯をLED照明に交換した札幌市役所で今春、象徴的なトラブルが起こった。 札幌市...

ツイッターのコメント(37)

2010年の札幌市役所で発生した古い記事ですが、LED照明のフリッカー(製品による)は気になる方と気にならない方で分かれるのですよね。

法の"空白地帯"でLEDトラブル、札幌市:
役所はだいぶ良くなったけど、民間企業や店舗によく見る。
安いだけじゃダメ。

法の"空白地帯"でLEDトラブル、札幌市:
こういう事例があるから全部嘘ではないけど、木は枯れないだろw
記事削除対策(保存用)

2010/8/26 23:00 日本経済新聞
フリッカーありのLED蛍光灯で健康被害のソースあった
交流→直流でちらつき、という問題にしているけど、ブルーライトのせいもあると思う。また、LEDは重いので要注意。まだ使えるのに買い替えるなんて税金の無駄。
これ、古いおうちは要チェックかも→
札幌市役所で、蛍光灯からLED照明に
取り替えたが、職員が体調不良になり、
再び蛍光灯に入れ替えた。

ちらつき、電磁波など、
人体への影響が出たか・・・
これ、よく戻してくれたなぁ。よくいく薬局は当店は地球にやさしいだか経済的だかよく見えるだかのLEDですって書いたのでっかく自動ドアに貼ってある((+_+))
わかるー。目に刺さる。札幌市が市役所の執務室や廊下にある約9000本の蛍光灯を直管型LED照明に取り換え。一部の職員が「目が疲れる」「気分が悪い」といった体調不良を訴えた。
法の"空白地帯"でLEDトラブル、札幌市

ちらつきの見え方も個人差あるんだよな
LEDは、目が痛いし疲れるから嫌いなんよね。。。蛍光灯のちらつきどころじゃないから。うちは、白熱灯と蛍光灯だけ・・・。
思っていたとおり、だってあの光線はおかしい。
法の“空白地帯”でLEDトラブル、札幌市

結局、人によって体感が異なるからな。これはLEDだけの問題ではないのだよ。単純に確率からすると自分の方がイレギュラーな扱い。
水槽でLEDの照射を4カ月続けたところ熱帯魚に腫瘍が、高度経済成長の時代にタブーになった奇形植物の研究 | MEDIA KOKUSYO 札幌市役所で健康被害が問題になったなあ  …
青色LED が目に悪影響、札幌市「目が疲れる」「気分が悪い」「業務に支障がある」と答えた職員が7.4%   ノーベル賞取ったからと言って油断するな
札幌市で蛍光灯を直管型LED照明に取り換えた直後、一部の職員が「目が疲れる」「気分が悪い」といった体調不良を訴えた。
これこれ、実家の母親が言っとったやつだ。こういう人自分だけじゃないんだな・・目が弱いLED難民は辛い時代がやってくるのかな?w
へーLEDはエコや~とか散々言ってたけど、こんなことがあるんだ。→
で、気になったLEDのフリッカー現象について調べていてこんな記事がヒット。2010年の記事だけれど、気になる内容。
あぁ、こういう事なのね。なるほど。
"[Link] "
LEDの電磁波、健康被害、目が疲れる、気分がすぐれない。
@Cquick_P4 LEDの電気が原因で体調不良を引き起こすことがあるみたいだから気をつけておいた方がいいよ→
「法の“空白地帯”でLEDトラブル、札幌市」(日経新聞2010):約9000本の蛍光灯をLED照明に交換。その直後、一部の職員が「目が疲れる」「気分が悪い」と訴えた。調査した結果、「業務に支障がある」と答えた職員が7.4%に:
古いネタですが・・・。今はここまでひどくは無いかな?
札幌市役所で脈流点灯のLED照明を導入して大騒動になった件。
法の“空白地帯”でLEDトラブル、札幌市(日本経済新聞):市役所の約9000本の蛍光灯を直管型LED照明に取り換えた直後、一部の職員が「目が疲れる」「気分が悪い」といった体調不良を訴えた。業務に支障がある」と答えた職員が7.4%に:
法律は事件、事故の後からついてきます。品質は人質でもあります。魂の無い国で生産された再生したいエネルギー商品の部品品質は大丈夫でしょうか?吟味しないで見切り販売していません?
さっきのLEDトラブルの件、日経の記事>
@edamame6 「一部の職員が「目が疲れる」「気分が悪い」といった体調不良を」「LED照明は蛍光灯のように残光時間がなく、明るさが瞬時に変わる。その結果、ちらつきを感じやすくなる」
【電磁波問題】「法の“空白地帯”でLEDトラブル、札幌市」(日経新聞2010):約9000本の蛍光灯をLED照明に交換。その直後、一部の職員が「目が疲れる」「気分が悪い」と訴えた。調査した結果、「業務に支障がある」と答えた職員が7.4%に:
法の“空白地帯”でLEDト電磁障害ラブル、札幌市   :大騒ぎで「白熱球の製造中中止?・・省エネPR』だが・・電磁EM障害で健康不調を訴える事例も多発。
拙速優先?でフライングかも。それより原発止めて節電・消灯だろ。
約9000本の蛍光灯を直管型LED照明に取り換えたのは2010年3月のこと。その直後、一部の職員が「目が疲れる」「気分が悪い」といった体調不良を訴えた。
@bekoya LEDと健康被害  札幌市役所で集団健康被害  LED電球から国際基準の許容値を超えた電磁波が出ていた    @hanayuu
廊下の電球が切れて入れ替えたんだけど、控用の電球購入にLEDは避けよかな…
以上

記事本文: 法の“空白地帯”でLEDトラブル、札幌市  :日本経済新聞

関連記事