TOP > 社会 > 水素を液体化、体積500分の1に 千代田化工建設の新技術を聞く :日本経済新聞

水素を液体化、体積500分の1に 千代田化工建設の新技術を聞く :日本経済新聞

118コメント 登録日時:2013-08-08 08:35 | 日本経済新聞キャッシュ

 クリーンだが、かさばるのが難点とされてきた水素の使い勝手を画期的に向上させる技術を千代田化工建設が開発した。液体化して体積を500分の1に小さくし、常温・常圧で貯蔵や輸送が可能になる。水素社会への扉...

ツイッターのコメント(118)

@sea_cat_ac あくまで貯蔵のタンクですからね。利用するには別の装置を使います。

水素の貯蔵方法ですが、近年では合金の他に有機化合物に吸蔵させる方法も開発されています。
日本経済新聞  滝 順一
2013/8/8
Gレコで見た

水素を液体化、体積500分の1に: 日本経済新聞
新技術で水素液体化、体積500分の1に 千代建
これかw・・・ほえぇ~~だなwで、使う時は電気分解??

新技術で水素液体化、体積500分の1に 千代建
6年も前にこんな記事が乗っていたことに驚かされた。脱炭素社会形成へ大きく前進することになる。スベラは希望だという。
有機溶媒?に混ぜて後から取り出すのかなぁ。飲めなさそう
これがホントの…
水素水とはてんで違う、素晴らしい技術だ /
前からあったトルエンの液化の奴。だけど、脱水素の触媒寿命が短くて使えなかった。
しかし、ここで寿命が8000時間までキタ!ほぼ1年使える!
水素の大量輸送や貯蔵を支える基幹重要技術だよ
これが正真正銘水素水('ω')
ホンモノの水素水だ
2013年の記事か。
これか

>
@tmfm21 イニシャルは高くても50年100年で見ると安い、というカテゴリは意外にあるんですよね。日本人はそういうのが下手かな。そういえばスペラはちょっと前に話題になりましたね。
千代田化工でトルエンーメチルシクロヘキサン系の水素貯蔵をやってたな。
確か同期が関わっていたはずだがどうなったんだ。
スペラ水素って名前が良いとも思わないけれど。
千代田化工建設の新技術を聞く:日本経済新聞

千代田化工建設は三菱系列。
大前先生のご心配も解らないではないが、脱原発・脱化石燃料の観点で、水素燃料社会が「割に合う環境」を作るのが政治の仕事(現実的な安全性を含)。ガソリンだって初めは危険この上無い燃料だったが、市場にでて安全性が高くなって言った事を忘れずに
<原発がメルトダウンしない技術をとか言い始めているが。水素の液体化技術をバックアップする事が国民の心情だよ!車の燃料をコンビニで買えるんだよこの技術は!
@boguscorey 確かに、もと記事を上手くリンクはれませんね。もう一度やってみます。というか「水素 液化」でググると上位に出てきますが。
千代田化工建設の新技術

日本が世界を率いる「水素社会」
などで爆発で数県を汚染するふざけたエネ源に国をかけなくてもよい
@off_the_corner
滝 順一2013/8/8
※水素は究極のクリーンエネルギーといわれて久しい。昨晩、ニュースステーションで千代建の水素⇒液体化⇒気体に戻すの新技術を紹介していた。京浜工業地帯の歴史も。
吸蔵合金と比べたら性能はどっちが上なんだろう。触媒作るのがけっこうコストかかりそう。
①千代田化工、世界初の大型水素基地 燃料電池車用

【究極の無公害車に一歩前進!理想は「水素Eng+ハイブリット」→2020年迄の実用化期待!】
「経済の進歩は、従来の金じゃなく知識」を実証する情報ですね。何時までも、金融調整で経済が回復するなんて考えるのは、科学をしらない経済学者だけだ。
水素社会への扉を開くものと国際的にも注目を集めているとのこと。脱水素化触媒というひとつの発明。これってR水素に応用できる技術なの?→
これは面白い技術なんだけど、「水素を液状化」じゃないんだよね。「水素を溶かして運ぶ」が正しい。ついでに言えば、新技術は「溶かしたものを取り出す」ほう。
「原子力発電所事故の「水素爆発」という悪いイメージもある。」どんなイメージだよ…
早い話が、水素をガソリンのように取り扱う技術が確立したという事。僕はこの技術は有望だと思う。
わくわくするね!大発明だ
爆鳴気だッ!!!
水素の運搬の問題が解決できれば、すごい進歩。期待大。 >
液体化して体積を1/500に小さくし、常温・常圧で貯蔵や輸送が可能!! RT @shibaracu: 水素を液体化、体積500分の1に 千代田化工建設の新技術を聞く 編集委員 滝 順一
サイバーフォーミュラの実現も夢ではない!?
記者の総括が意味不明。水素が資源量が無尽蔵&クリーンとか、全く意味不明。これは、二次エネルギーの話でしょう。まさか、MCHは脱水素化のメカニズムも知らずに取材したのか?
これってスゴイことカモシレナイけど何か見落としてる気もする
「常温・常圧で貯蔵や輸送が可能」……。素晴らしいと思う。 QT @LunarModule7 『水素を液体化、体積500分の1に 千代田化工建設の新技術を聞く』 期待大
こういうニュース、技術、視点が大好きです。
”CO2はいまは廃棄物扱いだが、化石資源が枯渇する将来には貴重な炭素資源になるはずだ。”
水素を液体化して体積を1/500に小さくし,常温・常圧で貯蔵や輸送が可能になる技術を,千代田化工建設が開発しました。
産油・産ガス国で天然ガスや石油の随伴ガスから水素を生産し,タンカーで消費国への輸送が可能に。
頑張って欲しい...

@nikkeionline:
株やってたら買ってる |
キタか?
ゲームチェンジングか…カッコ良い‼
いいですね。これでガスでのサプライチェーン構築の試みは、崩壊するでしょう。
@nikkeionline: ”千代田化工
水素供給価格が75→30円/m3になるのは大きいな。ただCO2回収・固定化が容易ではあるけど、LNGとして使った方がトータル効率は良く、限られた資源の有効活用になるのでは?@nikkeionline
何と素晴らしい地球規模の革命的技術じゃないか・・これは期待大だな。
日経は駄目だ RT @m_akama: 「グライダーなら燃料はいらない」と同じ馬鹿な理屈だ(´・ω・`)RT @AerospaceCadet:  「水素は資源量にほとんど限りがないといっていいしクリーンなエネルギーだ。」滝順一とやら寝言
「グライダーなら燃料はいらない」と同じ馬鹿な理屈だ(´・ω・`)RT @AerospaceCadet:  「水素は資源量にほとんど限りがないといっていいしクリーンなエネルギーだ。」編集委員の滝順一とやら寝言にも程があるだろう。ド文系…
脱水素化技術が確立することで水素のMCH固定利用が現実的に。エネルギー輸送の要になりえるが、結局は水素は化石燃料から抽出するか水の電気分解で取り出すしかないのが問題。 /
白金粒子はほぼ分子と同じサイズだ。まさにナノサイズの触媒技術で、世界でもほかに例がないと思う
『 千代田化工建設の新技術を聞く』 期待大
世界初の水素発電所、千代田化工が実用化へ CO2ゼロで低コスト生産
シリコンの資源量にはほとんど限りがないと言っていい。まあ韓国ではウエハースすら作れないそうだがヽ(´ー`)ノ RT @aerospacecadet:  「水素は資源量にほとんど限りがないといっていいしクリーンなエネルギーだ。」
注目技術! 
【水素を液体化、体積1/500:千代田化工建設】
常温・常圧で水素をトルエンと反応させ 『液化』 
白金系触媒で水素を分離する 

1970年代に 太田時男・横浜国大教授が研究していた… 


@iwakamiyasumi
すっげー!!!! / “ :日本経済新聞”
凄いなコレ。
う~ん
読んでて何だかモヤモヤする文章だなぁ
>
記事の言うように、まさに「Game Changer」。水素社会が一気に近づくかもしれない。
何かすごい記事なのに小さくポロッと貼られてたんですが、なにこれ既報とかですか?
水素を安全に市街区の配管で運べれば。良い!>
「SPERA水素」、覚えたぞ!
こういう技術を待っていた!
水素社会の到来は、案外近いのかも。
頑張れ! 千代田化工建設! (^ω^)
エネルギーの保存のブレイクスルーですね、素晴らしい!→
日本のメディアの科学・技術系記事でまともな記事読んだの久しぶりだと思う。
尤も記事がよいのではなく、インタビューに答えた人が優秀だ、というただそれだけなんだろうけど。
劣悪な知性で、余計な脚色を加えないって重要ね。
なんか怪しげだと思ったら見出しの書き方が悪いだけだった。 >
水素を安全に貯蔵できるようになればエネルギーの効率的な利用が可能になる / “ :日本経済新聞”
「水素製造時には二酸化炭素(CO2)が生ずるが、これは油田に押し込んで…CO2はいまは廃棄物扱いだが、化石資源が枯渇する将来には貴重な炭素資源になるはずだ。」いったい何年のスパン?
かっちゃんが感動した記事。
水素社会への扉を開くものと国際的にも注目を集める。| 千代田化工建設の新技術を聞
無限のクリーンエネルギー⁈
原料の酸化水素は無限にあるが、それから水素を取り出すために無限のエネルギが必要。頭の悪いバカがエネルギを論じるのは禁止するべき。話がこじれる。>  「水素は資源量にほとんど限りがないといっていいしクリーンなエネルギーだ」
「水素は資源量にほとんど限りがないといっていいしクリーンなエネルギーだ。」というまとめが、この新技術のなにがすごいかを台無しにしている。記者が悪い。
常温・常圧で液体化とはすごいね
何か燃えてきた。水素だけに。
"1立方メートル当たり30円" 1Nm3≈10.8MJならガソリンに換算すると125円/Lの原価。白金触媒がひっかかる。
この手もあったとは知りませんでした。/
//『常温・常圧で貯蔵や輸送が可能』って凄いな。
これは面白い!! RT @nikkeionline: 水素を液体化、体積500分の1に
未来を変える技術を日本中で活かせ<水素を液体化、体積500分の1 常温・常圧で貯蔵や輸送が可能   LNGや石炭火力と遜色ないコスト 潜在力のある技術だが、課題はこれをネタに国際的なエネルギービジネスを立ち上げる構想力や求心力が必要
今後に期待。>
トルエンか、なるほどなぁ~
素晴らしい技術、実用化に拍車、但し中韓には絶対盗まれてはいけない!日本の頭脳intelligenceだRT
あとは全体のコスト、特に貯蔵状態から再度水素を取り出すときの触媒の寿命だな。RT "@nikkeionline: 水素を液体化、体積500分の1に "
おお、ステキなニュース!
。問題のポイントは,MCHとして閉じ込められた水素を再び水素ガスの戻す技術で,そのための触媒が耐久性に富み,繰り返し使用出来る点だという。私の関心はMCHに閉じ込めるため
何かのエネルギーを使って水素を製造する以上所詮2次エネルギーで基幹エネルギー足り得ないよな。普通の火力発電所で云々とかヘソが茶を沸かすぞオイw。| 千代田化工建設の新技術を聞く:日本経済新聞
EVは繋ぎで水素自動車本命と睨んでるんで、水素銘柄は注目してる ”燃料電池版GSユアサ”になると株価十倍は堅い希ガス RT @yhakase: 「水素を液体化、体積500分の1に 千代田化工建設の新技術を聞く」
脱水素化プラントは潜水艦に載らないようなサイズなのかな? >
水素を液体化、体積500分の1に。常温・常圧で貯蔵や輸送が可能に。
クリーンだが、かさばるのが難点とされてきた水素の使い勝手を画期的に向上させる技術を千代田化工建設が開発した。液体化して体積を500分の1に小さくし、常温…
"@nikkeionline: " なるほど、常温、大気圧というのがミソなんだ!
化学てきに考えると普通だけど、これが面倒だったんだな。面白い。 RT @nikkeionline: 水素を液体化、体積500分の1に
爆発危険性のクリア、期待してます。
あかん、日経新聞に遅れをとるとは…。
「 千代田化工建設の新技術を聞く」
おお…これは
しかしまたプラチナか RT @nikkeionline 水素を液体化、体積500分の1に
これはなかなか興味深い。
これ大事じゃないのか
「液体化して体積を500分の1に小さくし、常温・常圧で貯蔵や輸送が可能になる。水素社会への扉を開くものと国際的にも注目を集める。」
千代田化工=「太陽、風力などどんな1次エネルギーからでもつくれる究極のエネルギーだが、大量に効率よくためる技術がないことには基幹エネルギーにはなれない。SPERA水素はゲームチェンジングな技術」:日経
以上

記事本文: 水素を液体化、体積500分の1に 千代田化工建設の新技術を聞く :日本経済新聞

いま話題の記事