TOP > 社会 > DV目撃で子どもの脳萎縮 福井大など発表  :日本経済新聞

DV目撃で子どもの脳萎縮 福井大など発表  :日本経済新聞

 ドメスティックバイオレンス(DV)を日常的に目撃した子供は、目で見たものを認識する脳の視覚野の一部が萎縮する傾向があるという研究成果を、福井大子どものこころの発達研究センターの友田明美教授らがまとめ...

ツイッターのコメント(25)

DV目撃で子どもの脳萎縮
DV目撃で子どもの脳萎縮 福井大など発表: 日本経済新聞
面前DVは、子ども本人への暴力ではないから認識されにくいけれど、れっきとした虐待です。面前DVを受けた子どもの脳は物理的に萎縮する事が研究ではっきりしています。
 福井大など発表:日本経済新聞
戦争や抗争などで暴力を見ても同じことが起こるんだろうな。うちの親世代が人格的に問題が多いのも同じかも。
「目撃した経験がある男女が平均で約6.1%小さく、約6.5%薄かった。左脳の視覚野にある一部も約6%薄かった。」
目撃した時期などの聞き取りから、脳が最も影響を受けやすい年齢は11~13歳で、身体的な暴力より暴言の方が子供の脳に深刻な影響を与えることも分かった
私はしっかり当てはまるので脳が委縮してるんじゃないだろうか。研究の一環として調べて欲しい。身体的暴力より暴言の方が影響があるとの事。この事実が広まって欲しい。
いまだに一番多く見る悪夢が「父親が出て来る夢」な俺はいい感じで縮んでそうだなw :『 福井大など発表』
“  :日本経済新聞” ” 夫婦間の身体的な暴力よりも、夫婦間の暴言の方が、その場にいた子供の脳に深刻な影響を与えることも分かった
1662人からどのように52人を抽出して、それが研究成果を裏付けるに十分な数かどうかわからないけれど、なるほど。 / “  :日本経済新聞”
@mitsuko_to  そうです。DV目撃(暴言含む)は精神的虐待として虐待の定義に入っています。実際に成長期の子どもの脳に影響を与えるという研究があります。【 】
DV目撃で子供の脳萎縮
子供のころ夫婦間のDVを目撃してきた人とそうでない人を調査した結果、DVを目撃した子供は脳の視覚野の一部が萎縮する傾向があった。最も影響を受けやすいのは11~13才、身体的暴力より暴言のほうが深刻だった。 / “DV目撃で子どもの…”
俺の脳さんはもうだめぽ。
暴力から逃げる生活、早1年。頭はコントロールできるが体はまだハッキリ覚えている。少なからず私にも問題はあったろうが、抑制できない感情で人を巻き込むのはよくない。育った環境に問題のある人だったと思う。だから皆、家庭を第一優先してほしい。
11~13歳が最も影響を受けやすく、暴力より暴言が深刻
心の健康を崩してる子どもはたいがい家庭自体病んでるもようですし
脳が最も影響を受けやすい年齢は11~13歳で、身体的な暴力より暴言の方が子供の脳に深刻な影響を与えることも分かった。
感覚的にもすごく納得できる。入ってくる情報を遮断して持ちこたえる、人体組織のそういう対応なんだと思う。 RT @comteFQ: DV目撃で子どもの脳萎縮 福井大など発表  :日本経済新聞
☆ “@packraty: 【自分がDVを受けなくても両親のDV(特に暴言)を目撃した人の脳の視神経に関係する部位が平均6・1%萎縮(11~13歳時目撃が最も影響を受ける)”
私もDV見たし脳みそやられちゃってるからなあ...“@NikkeiScience: ”
"@tenkamuteki2013: 6%は大きいな。どういう仕組みなのだろう…。 RT @neko3no3te DV目撃で子どもの脳萎縮 福井大など発表 日経"私が、パパであるペルー人に殴られるの息子は見てたから、脳にダメージあるな
【自分がDVを受けなくても両親のDV(特に暴言)を目撃した人の脳の視神経に関係する部位が平均6・1%萎縮(11~13歳時目撃が最も影響を受ける)
[DV目撃で子どもの脳萎縮]福井大など発表  両親間の暴力や暴言を吐く場面など、目撃が成長後も心の病といった形で影響を与え ると心理学などで指摘されている。…
6%は大きいな。どういう仕組みなのだろう…。 RT @neko3no3te DV目撃で子どもの脳萎縮 福井大など発表 日経
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR