GPIF、テスラ株急騰でホクホク 貸株停止1年の現実  :日本経済新聞

「株価が下がるのは空売りのせいだ」。米テスラの株価急騰ぶりをみると、こんな発言をするのはひ弱な経営者だけではないかとの思いを新たにする。1年前、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が空売り用に

ツイッターのコメント(28)

今更読んだ。攻めてんなー(笑)

「3月末までGPIFの最高投資責任者(CIO)を務めていた水野弘道氏は4月23日付でテスラの社外取締役に就いた。水野氏はGPIFで十分、活躍ができなかった分、テスラに移ってから「経営手腕」を発揮し、GPIFに貢献したのだろうか。」
結局、問題視されてるのはこのへんなのね
話は横道にそれるが、米国ではウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイがテスラ株を買ったのではないかと話題になっている。
テスラ株急騰の陰にGPIFの施策があったんだね。
ちなみに僕は貸株してました😅
(今は持ってませんが、また買うかも、、)

 貸株停止1年の現実  :日本経済新聞
年金が儲けていたのは良いですよね!

 貸株停止1年の現実: 日本経済新聞
テスラが日本の年金に貢献してるというのは結構な話だが、十分活躍できなかったとは随分失礼な書かれようだな。笑「水野氏はGPIFで十分活躍ができなかった分、テスラに移ってから「経営手腕」を発揮し、GPIFに貢献したのだろうか」(日本経済新聞前田編集委員)
ホクホクなのか、笑
これは美しいESG投資ですねー(棒
我らの年金、年金積立金管理運用独立行政法人もテスラで儲けていたとは…‼️
テスラ株がこんなところに出て来るとは思わなかったな。
------
 貸株停止1年の現実: 日本経済新聞
 
PR
PR