TOP > 国際 > 研究者の中国流出続く 破格の給与魅力 待遇改善急務  :日本経済新聞

研究者の中国流出続く 破格の給与魅力 待遇改善急務  :日本経済新聞

83コメント 2020-11-22 04:39  日本経済新聞

日本人研究者が中国へ研究活動の拠点を求める動きが注目されている。中国政府が優れた研究者を世界各国から招致しているのに加え、日本国内の大学などでは研究ポストが見つかりにくい事情もある。若手を中心に待遇改

ツイッターのコメント(83)

日本経済新聞が中国共産党に支配されているのだということを確信させてくれた記事。
日本の研究者は本当に苦しい。政権はこういう部分にも予算を。

 破格の給与魅力、待遇改善急務
俺にも中国から年俸3000万円で
ヘッドハンティング来てたけど、
俺の年収教えてやったら相当ビビってた!
「中国で研究する日本人は増加が続く。外務省によると、中国に在留する研究者らは17年10月時点で約8千人」
日本国内にはポストが少なくて、あったとしても待遇が檄悪じゃあ、近くの国で待遇がよさげなところに行くのは当然のこと。
日本政府は本腰を入れて動け。
『新設の研究所で自分の研究室を持ち、給料に加えて用途に制限のない資金が5年分で約5千万円支給された。研究成果の要求は厳しいが、「成果を上げた研究者への報酬は日本より断然多い」』
評価ポジションが攻め。

>
破格の給与魅力、待遇改善急務
「中国に在留する研究者らは17年10月時点で約8千人。1カ月以内の短期も18年度は1万8460人と14年度比約25%増で4年連続の増加。国別では世界2位で、減少した1位の米国や3位の韓国とは対照的」・・ノーベル賞も宣伝効果か
日本の研究者が中国に協力しているのではなく、日本政府が科研費をケチるから中国に人材流出している。売国的振る舞いをしているのは日本政府だ。

 破格の給与・ポスト魅力: 日本経済新聞
この記事の結論としては「待遇改善が急務」とのこと。
他とのバランスもあるし、簡単じゃないですね。

なお私、1月に武漢の会社さんからコンタクトがありました。行ってたらどうなってたかな。
基本的に、公官庁の発注価格が安すぎるんだよ。
研究者の愛国心が足りないからこうなる。研究者には始業時の国旗掲揚と君が代斉唱、毎日YOUTUBEの愛国動画を視聴することなどを義務付けるなどして、薄給でも日本を捨てない愛国研究者を育てるべきでは
今さらだけどしないよりはまし。→
グローバル化が進んだお陰でしょう。『日本の大学教員に占める40歳未満の比率は16年は23.4%と過去最低となり、若手が職を得るのは難しい』 /
優秀な人材を冷遇すればいい草刈り場になる。何年経っても、日本企業、日本の大学は学ばない。
予算は中国が28兆円で日本は4兆円みたい
日本の学者軽視、徐々に改善されていくといいけどねぇ…。
破格の給与・ポスト魅力 : 日本経済新聞
この手の記事を読んでいるとうんざりする…
日本人研究者が中国へ研究活動の拠点を求める動きが注目されています。中国政府が優れた研究者を世界各国から招致しているのに加え、日本国内の大学などでは研究ポストが見つかりにくい事情もあります。
ろくに研究成果も出さず、金も出さず偉そうにしている世代がのさばっている限りは、日本で働くなんて馬鹿らしいのかもね。
〜「研究者が海外に流出することは技術流出のリスクをはらむものの、中国に研究拠点を求めるのは日本での待遇に問題があるとの指摘も」
こういったことが続くと日本の将来が不安になる😵
研究者と同時に、日本の古い資料や研究ノートなども流出しているということ。研究の歴史が書き換えられていく。
学術会議とか文部省とか奨学金とか問題が多いな。
日本国内の大学などでは研究ポストが見つかりにくい事情もある。若手を中心に待遇改善を検討する必要がありそうだ。
日本は人しか資源がない国なのですが•••これでは国力が衰えるばかりです。
首相と与党が学者をイジメるような国から、流出するのは当然だろう。
日本人研究者が中国に研究拠点を求める動きが強まっている。中国政府が優れた研究者を世界から招致しているのに加え、日本国内の大学などでは研究ポストが見つかりにくい事情もある。
国力低下の一因だよな>
資本主義社会ではその人の社会的価値を表す指標は“お金”。政府が教育予算を絞り続けるのは、我が国国民に高い教養や優れた知見を望んでいない証拠。
つまり求めるのは従順で蒙昧な安価な工業製品の様な奴隷。
自民党に任せていてはこの国はダメになる。
こうしてアニメーターも研究者も中国に奪われていくのであった
叩く人多いけど中国さんの価値あるものには投資を惜しまない姿勢はとても好き
「海外も含めて探したところ見つけたのは浙江大で、14年に採用された。研究環境は恵まれていた。新設の研究所で自分の研究室を持ち、給料に加えて用途に制限のない資金が5年分で約5千万円支給された」
日本学術会議に使う税金を待遇改善の為に使えば良い。
「18年の科学技術予算は中国が28兆円に対し、日本は3兆8千億円」
「これからはグローバル化の時代」と息巻いた結果、産業で勝てず、給与水準でも勝てず、研究者が流出する。後進国って感じだ/
世界で愛国心で飯を喰えるのは中国だけやもんね。

🙄
しゃーないよね。。
博士まで取って、フリーター並みの生活じゃたまったもんじゃない。。
どう喚いても現状の科学技術全般レベルは中国に抜かされてる気がする。
今後もその差は開く一方だと思うけど、色々な研究助成を行ってなんとか食いついていけるようにしてほしい。
落日の日本を象徴するような話だ。能力ある人材を厚遇しないと間抜けだらけになってしまう・・・。
この前無料で中国の留学生を派遣できますとかいう問い合わせきたけど全部断っちった。技術に対する貪欲さが素晴らしい。
基礎科学を冷遇し続けている日本とは対照的。
日経さんは流石にお金の話なら分かる的な?
ま、そうなるわな。
”「日本で働きたかったがポストがなかった」。中国・浙江大学教授で霊長類の脳の遺伝子を研究する高畑亨氏(43)はこう打ち明ける。”_
日本はあらゆる専門家が不在になって、どうやって生きていくのだろうか?神頼みするの?
備忘録として。 /
…給与や研究費が多いのも魅力だろうだけど、会議や書類に割かれる時間も少なそうだ。
科学者の給与が野球選手並になれば良いのに。

CMに出て、スポンサー契約して、有名人。

この人があの有名な化合物を作った人か。みたいな。

科学者が国の宝でありヒーローでもある。

なりたい職業ナンバーワンになってほしい✨
もっと見る (残り約33件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR