TOP > 政治・経済 > 新型コロナ:バイデン氏、通商政策に3原則 「中国に対抗」明言 (写真=AP) :日本経済新聞

新型コロナ:バイデン氏、通商政策に3原則 「中国に対抗」明言 (写真=AP) :日本経済新聞

41コメント 2020-11-17 07:37  日本経済新聞

【ワシントン=河浪武史】米大統領選で当選を確実にしたジョー・バイデン前副大統領(民主)は16日、トランプ政権で混迷した通商政策を3原則に基づいて見直すと表明した。同氏は「中国に対抗する必要がある」と

ツイッターのコメント(41)

なんか、衰えて別人のように見えました
>オバマ前大統領は「TPPがなければ中国がアジアでルールを確立し、米企業は締め出される」と繰り返していた経緯がある。

実際そうなりつつあるじゃないか。
→RCEPは近未来に中国に牛耳られる可能性が高いから、TPPへの米国参加は必須。規模でRCEPを超えないと駄目。
バイデンさんが中国に忖度しているとか含めて、トランプ陣営が流していたデマだったんじゃないかと思えてきた。
この老人には中国に圧力を掛けることは不可能だ 裏で余りにも巨額な金が流れていた 中国の汚い金を手にして 刑務所送りになる日が近いのだ
要旨引用👉 バイデン氏第1原則「まずは国内投資で米労働者の競争力を立て直す」再生エネルギーやITなど先端分野に約31兆円投じ雇用300万人を生み出す。コロナ禍で失業率が高止まり。まずは国内雇用再生を優先する。一方でトランプ前政権の懲罰的対応(関税)はしないとも。
バイデン氏は、再生エネルギーやIT(情報技術)など先端分野を対象に連邦政府が3000億ドル(約31兆円)を投じ、300万人分の雇用を生み出すとしたとの事。日本も未来に向けて挑戦する姿勢をもっと出していきたいですね。
(写真=AP):日本経済新聞

同氏は記者会見で「中国に対抗する必要がある」と明言。まず国内投資で米製造業を立て直しその後に労働環境対策を重視して通商交渉に臨む。制裁関税などの「懲罰的な手段は採用しない」とも述べた
中国の本音はトランプ再選で、人権や国際ルールを押し出すバイデンのほうがやりにくかろう。
バイデン氏の対中政策:制裁関税などの「懲罰的な手段は採用しない」(日経)

ーートランプ関税は引き下げないし撤廃となると、対中交渉のレバレッジは如何に。A Farewell to Arms.
日経では,「通商政策を3原則に基づいて見直す」と紹介
〜バイデン氏が示した対中通商3原則は、まず国内投資で米製造業を立て直し、次に労働・環境対策を重視して通商交渉に臨む。制裁関税などの「懲罰的な手段は採用しない」とも述べて、少なくとも関税合戦の再燃とは距離を置く
いいんじゃないでしょうか(素人私見)。切磋琢磨する世界であってほしい。
”バイデン氏は会見で、RCEPの影響を問われて「中国に対抗して(国際貿易の)ルールをつくるには、ほかの民主主義国家と連携する必要がある」と明言”

世界のパワーバランスが良い方向に向かいます様に‼︎
バイデン氏は演説後の記者会見で、RCEPの影響を問われて「中国に対抗して(国際貿易の)ルールをつくるには、ほかの民主主義国家と連携する必要がある」と明言した。
“道路などの公共インフラを大幅に刷新すると表明。財源として「富裕層と企業に応分な負担をしてもらう公正な税制を敷く」と増税案にも言及した”
日経新聞の最新のニュースです、
日経新聞の最新のニュースです、
88888888888888888888888
いいこと言ってるようで、なんかボロボロになりそうな感じがするw
バイデン氏『制裁関税などの「懲罰的な手段は採用しない」とも述べた』早速中共に塩を送るんだ。いくら国内投資増やしても中国からの集中豪雨輸出で米国内の製造業の復興は失敗するように思える。中共はウッシッシ笑ってる

日経
2020/11/17 8:24更新)
バイデンのTPP復帰はないよ。
《バイデン体制でも「対中国」を軸足に、アジアでの貿易・投資ルールづくりに再び動き出す》が「懲罰的な貿易手段は採用しない」
中国はバイデン氏を注視しているが《関税合戦の一段の悪化は避けられそう》
 「中国に対抗」明言:日経
新型コロナ:
「中国に対抗する必要がある」と言明しました。ただ「懲罰的な手段は採用しない」とも言っており、トランプ政権が発動した制裁関税をどうするか、微妙です
バイデン氏が経済方針、製造業復興
新型コロナ:バイデン氏が経済方針、製造業復興 「中国に対抗」明言⚠️
さて、どうなるか。期待したいところ。
TPP復帰をゆっくり織り込み始めればええこれは抑えときたいっす
綺麗事が多いね。中国の思う壺になっちゃいそうだ。僕がもし中国ならこんな簡単なアメリカ大統領なら勝つ自信あるよ。オバマもだけど。格好いい演説するような奴は赤子の手を捻るようなものだね。
----
DST導入には対抗しないのかな?>「バイデン氏は3つ目の原則として「懲罰的な貿易手段は採用しない」と主張した。」
後で読もう。
極東アジアの平和はこの対抗部分に含まれてないんだろうな。尖閣危ない。
バイデン氏具体策として、再生エネルギーやIT(情報技術)など先端分野を対象に連邦政府が3000億ドル(約31兆円)を投じる。
レノバ
エヌピーシー
など追い風♪
口だけですねぇ(笑)
中身は中国人みたいなもんだ(ダースシディアスかも)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR