中小再編で法人税軽減 政府・与党検討  :日本経済新聞

政府・与党は中小企業によるM&A(合併・買収)の税制優遇を検討する。買収時の取得金額の一部を損金算入することを認め、法人税を軽減する案を軸に調整する。競争力の強化につながる再編を後押しする。1...

ツイッターのコメント(12)

簿外債務準備金?うーん🙄
これはありがたなあ
簿外債務準備金っすか。しょーもな。。
合併・買収にさらなる追い風。

買収後に隠れた簿外債務の為に、積み立てた準備金を経費として計上出来る。

小型の決算説明資料で、M & Aを模索と記載されていた企業は狙い目かも。
損失準備金の損金算入ね>中小再編で法人税軽減 政府・与党検討:日本経済新聞
>買収時の取得金額の一部を損金算入することを認め

!!!

法人税軽減: 日本経済新聞
嬉しいけど、取得原価主義とは?あと、わけわからん準備金が増えるなぁ。
この「中小再編すれば競争力アップだぜ」みたいな発想はどこからきてるんだろうな。

中小再編で法人税軽減 政府・与党検討: 日本経済新聞
政府に事業計画の査定ができるのかなぁ... どこかにアウトソースするのかな。

中小再編で法人税軽減 政府・与党検討:日本経済新聞
だからそういうことじゃないでしょう。これはインフレ下でやるべきことであってデフレ下でなおかつコロナ禍の今やったら失業者が増えるだけ。企業再編で競争力が強化されるという発想それ自体に根拠がない。切られる人間と残る人間の間に格差が生まれるだけだ。
中小再編で法人税軽減政府・与党検討(日経新聞)
以上
 
PR
PR