TOP > 国際 > 中国、2035年全て環境車に 通常のガソリン車は全廃  :日本経済新聞

中国、2035年全て環境車に 通常のガソリン車は全廃  :日本経済新聞

291コメント 2020-10-27 19:33  日本経済新聞

■5割をEVなど新エネルギー車、残りはHV■HVを得意とする日本メーカーには追い風■脱炭素社会へEVなどの爆発的普及目指す

ツイッターのコメント(291)

世界最大自動車市場中国。内燃機関見劣り中国、環境車・脱ガソリン化方向展開。CO2排出量世界一中国へ戦略評価、クリーンエネルギー先進国欧州、日本企業クリーン化技術最先端。
日本政府クリーン化失策消極化一途。
 通常のガソリン車は全廃:日経
中共企業に日本の虎の子の HV 技術を移転する決定をトヨタがした理由が、これやね…。
そんな事せんでも、火力発電を使っとる限り EV のエネルギー効率は高効率 HV ととんとんにしかならんから、EV の普及はまだまた遠いのに…。
独裁国家はトップダウンでなんでも迅速に判断執行して来ますね。民主主義国家では科学的に正解であっても衆愚の理解が得られないと政治的に実行できない。
へぇ〜自動車メーカーの動きも大きく変わりそうですね!
環境車という観点が、資金流入にも影響しそうです!
関連企業(バッテリーとか)も影響大なのでは?
今後の動向が気になりますね🤔
自分が65歳になったときには、こういう世界になっているのかー。日本も産業構造、まるっと変わるなあ。
>> 通常のガソリン車は全廃:日本経済新聞
優秀な企業や国は明確なビジョンを打ち出してくる。この話はイギリスやUSの一部でも打ち出してますが宣言して取り組んでいくことは本当に重要と感じてます。日本は本当にどうするんだろう。
昨日の日経一面。
すごいドラスチック。
世界の車メーカーに影響でますね。
この間のカリフォルニアの真似?

目標年も同じ
中国政府は2035年をめどに新車販売のすべてを環境対応車にする方向で検討する。50%を電気自動車(EV)を柱とする新エネルギー車とし、残りの50%を占めるガソリン車はすべてハイブリッド車(HV)にする
別に意外でもないニュースだ。中国には世界最大の風力発電所があるらしい。もう一つの温暖化ガス排出大国は今回の大統領選で変われるのだろうか。
電気自動車で中国は自動車強国を目指す・・・>
個人的意見だが賛同しかないし公道は全て自動運転でもよい。車の性能を個々の差のある技術に依存するのはやはり公道では事故リスクも高すぎるし。車本来のポテンシャルを楽しむならサーキットでライセンス制度に技術を磨く方が車の良さも改めて分かるような気がする。
ほんと中国はお上の経営的判断も強いから強い。
日本は2050年までに温室効果ガス排出ゼロ、中国は2035年までにガソリン車禁止🚚
今まで環境対応製品はお金にならない社会的価値という自己満のイメージだったけど、これからは環境市場が伸びてきてお金が動く市場になるのかな🤔
・50%を電気自動車(EV)を柱とする新エネルギー車とし、残りの50%を占めるガソリン車はすべてハイブリッド車(HV)に
2035年というと、今からもう15年しか無いわけですが、僕個人の話で言うと今の車を買ったのは実は13年前なので、ぼちぼち「次の次」はもう環境車ということになりますね。時代の流れですが、「次」は吟味しないとだなぁ。
ぱちこくなよ😡
世界一の自動車大国「中国」は、2035年までに通常のガソリン車の販売をやめ、50%をEVを含む新エネ車、残りをハイブリッド車とするロードマップを発表しました。これまで以上に中国のEV普及が進むかもしれません。
中国は、現在の日米独韓中心の自動車産業界におけるパラダイムシフト、電気自動車によるガラガラポンを狙っているわけだ。
車を環境車にしたところで、電気を作ってるのは石炭火力だったら意味なさそう。まあ、Chinaは広いから砂漠とかに太陽光パネル展開すればどうにかなるのだろうか。→
まぁ表はやっているように見せて裏ではねぇ。
分かるでしょ。世界でのEV需要が。そこで唯一クッソ黒字出せるテスラが買われるわけが。トヨタですら血尿流してヒーヒー言いながらEV作ってんのに。
中国もこうした環境に対する意識が変わってきている。
2035年には、全て環境車というのは大胆でさすが技術先進国や社会主義的であると感じる。
問題は冬場の東北だ。電池が動かなくなるし、寿命も短い。
正直あんまり現実的とは思えないが。 / (日本経済新聞)
世界はEVへ!
関連銘柄は注目ですね!

日本のメーカーは少し出遅れている気がするな!
自動車業界の産業構造が一気に変わっていきそう。
HVの販売比率を50%、EVを50%。
HVで先行する日本メーカーは有利とのことだが。
多くの人はこれを技術と経済の面で見てるけど、その前にトランプがパリ協定離脱と言って、大国の空白ができたところに、「環境問題に取り組むリーダー国」として売り込む格好の材料。そのメッセージ性も感じる。
日本もこのタイミングで原発再開の議論してるし、偶然とは思えんな…。
その頃には世界中がそうなっているかもね
そうなった頃には私は免許返納してるだろうなぁ
まあこれが現実的な落とし所でしょうね。しかし中国はもう自前で内燃機関の燃焼設計とかできるようになったのかな?以前は覚束なくかんじだったが。/
中国は、全ての発表が他国を差し置いて1番早い!
エンジンの自社開発すら出来ずに三菱自動車からのエンジン供給に頼る中国の自動車メーカー。
モータなら作れるのかな?
中国政府は2035年をめどに新車販売のすべてを にする方向で検討します。50%を電気自動車(EV)を柱とする新エネルギー車とし、残りの50%を占めるガソリン車はすべてハイブリッド車(HV)にします。世界最大の中国の方針転換は、自動車大手に対応を迫ります。
自転車にすりゃイイんじゃないの…
最後までガソリン車乗るけど、35年には魅力的なEVかHVが出ている事を祈る。
楽しいなら電費なんてどうでもいいので、電気ガズラーでええで。
脱米の思惑がある様で興味深い。
これはすごいな。50%を電気自動車を柱とする新エネルギー車とし、残りの50%を占めるガソリン車は全てハイブリッド車にすると。15年あれば目標は達成できそう。中国市場は世界最大。欧米日本の自動車大手は対応を迫られる。
これ見ても、へぇそうなのかぁって指加えてる日本人多いよな〰️
知ろうとも、調べようとも、しないのに蓋開けて何かあってから騒ぎだす
思考停止してんだもん、騙すのなんて簡単じゃん

って朝のすき家でMKが言ってました。
おばあちゃんが子供の頃ってガソリンで車が走ってたんでしょ?やば!

っていう時代が来るのだなぁ、きっと・・。アジアでこんなに大胆な環境政策を打ちだす国が中国だってことも、私が10代の頃には想像できなかったもんなぁ。
50%を電気自動車(EV)を柱とする新エネルギー車とし、残りの50%を占めるガソリン車はすべてハイブリッド車(HV)にする。世界最大の中国市場の方針転換は、世界の自動車大手にも対応を迫る。
テスラ追加で30株ポチっといた。
バッテリー寿命と廃バッテリーのリサイクル技術が追い付いてないけど大丈夫なん?
超高速充電が可能になりスタンドで充電か、取り外し可能な軽量バッテリー化が進んで家で充電。これが出来ないと日本ではきついね。肝はバッテリーか。
中国政府は2035年をめどに新車販売のすべてを環境対応車にする方向で検討する。50%を電気自動車(EV)を柱とする新エネルギー車とし、残りの50%を占めるガソリン車はすべてハイブリッド車(HV)にする。
もっと見る (残り約241件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR