TOP > 国際 > 脱炭素へ大競争時代 中国は水素奨励、欧州は新税検討  :日本経済新聞

脱炭素へ大競争時代 中国は水素奨励、欧州は新税検討  :日本経済新聞

75コメント 2020-10-27 02:01  日本経済新聞

■EUは2030年までに1990年比40%減を目標■中国は非化石燃料の消費比率引き上げも■日本は再生エネ普及へ送電網を増強

ツイッターのコメント(75)

これは有料記事級👏
水素が普及するのはまだまだ先か。
飛行機の形に目が行く
良い記事。
低炭素化が国際競争力にモロに効いてくる時代。どうなるやら…
専門家が十分に検討しての水素飛行機だと思うが、普通にバイオ燃料の方が既存設備流用できるし、筋良い気がするが。
化石燃料から作った水素は、CO2排出を逆に増やすやろ…。

航空機は世界のCO2の約2%を排出しており、水素燃料の航空機が実現すれば排出ゼロに近づく。
トヨタとパナソニックが中国に本社機能を移して将来は中国を全世界の技術の司令塔にするそうだ。日本から主幹企業が逃げて仕舞うというのは日本の産業政策が歪んでいるからじゃないのか?
排出量を減らす努力へはもちろん、人工光合成みたいな技術にももっと投資して欲しいなぁ
菅総理、漸くにして2050年脱炭素へ舵を切ったが、主軸は原子力なのよね・・。発想が半世紀ぐらい遅れている。
それにしても、エアバスの電動化・水素化構想の絵の衝撃・・本気度が伝わる。
中共の水素オシは
トヨタの技術が有るから
また日本企業が中共を利を与え 日本を危険にする
日本のグローバル企業は愛国心が無い 海外のグローバル企業とは真反対の思考になっている
税金優遇は止める
EUのティメルマンス上級副委員長は水素を「新エネルギー界のロックスターだ」と呼ぶ。EUは50年の世界のエネルギー需要の24%を水素が担う可能性があるとみる。
正直排出量目標は目安でしかなくて、眼目はこれ系の産業の技術開発投資の動機を設定し価値観として社会に共有することだろう。既に競争は熾烈だからなあ
水素飛行機2035にはいけるのか
某オーナーは原発を言うけど、その発想は1960〜70年代なんだよね。万博に五輪もそう。「若手」ですら発想がふるい。

 中国は水素奨励、欧州は新税検討:日経
日本には原子力以外の選択肢がない。かつての技術立国の面影もない。
具体的な計画づくりで先行するのは欧州連合(EU)と中国
「それを防ぐためにEUが検討するのが『国境炭素税』だ。環境対策が十分でない国からの輸入品に事実上の関税をかける内容だ。欧州企業が抱く高い排出減目標への不安に応える狙いがあり、EUは公平な競争条件の確保に必要として、遅くとも23年までに導入する」

ほいきた。
🌈🔴🔵⚪2020/10/27(火)発信:
日本経済新聞、
➡️この記事は一般的で、JAPAN固有の問題点がよく分かりません

1️⃣🔴🔵⚪😵💤⤵️《余談》記事にないので、思いつくままに問題点等を列記します
脱炭素、思惑が発生する銘柄も多そう
脱酸素を維持しつつ水素作るエネルギーが手に入るかどうかが鍵 /
また株探が思惑でゴリゴリに煽りそう
とても夢のある世界。環境は勿論、経済的にも大きなメリットがあり、日本こそ世界を牽引する立場であってほしかったな。
水素燃料の航空機、これは来そうだね!
50年ゼロを規制や負担と捉えずに好機としなければ日本の環境先進国としての復権はない。
俺のイメージだけど水素作るのに環境汚染するよね?
中国は水素? 日本は「OHMASA-GAS」よ!? 全ての水力発電所に生産工場併設で地球上に水がある限り、ただで ん?設備の維持管理費はいるな、ま、永久に生産できるのでOK!でしょ!!! 公害ゼロよ!!
1. 中国は水素奨励、欧州は新税検討:菅首相が表明した温暖化ガス排出を「実質ゼロ」にする目標。先行するのはEUと中国。再生可能エネルギーや省エネの拡大に加え、水素社会の実現がカギ。官民挙げての技術開発競争が激化してきた。
みろ、肉塊でさえ減思慮愚なんて湯沸かし器にしかならないものは未来には無いとわかっててもやもやさせてんだぜ
日本はこれまで再エネ・省エネ技術で世界をリードしてきた。脱炭素社会の進展とともにあっという間に中国や欧州に市場を奪われた。50年ゼロを規制や負担と捉えずに好機としなければ日本の環境先進国としての復権はない
→石炭火力発電からの完全撤退
 電気自動車の加速
地球を守ることにおいても大競争という表現を使う価値観は好まないなぁ〜
各国が強調して行くべきであるが…如何せん、信用できない国がある限り仕方ないのでしょうか?
核においてもしかり…である様に。
中国が水素ぉぉおおおおおおおおおおお\\\\٩( 'ω' )و ////
どうした日本、モタモタ日本何考えてる。何をもじもじしてる?アホ丸出しだなぁ。製品化でないのか。
二酸化炭素と温暖化の関係はどうだか知らんがエネルギー供給が多様化するのはいい事だと思う。
やベェな。もし、ただでさえ資源のない日本としてはここで脱炭素系の再生可能エネルギー市場もヨーロッパや中国にとられると経済の柱になるものが…。最悪トヨタとアニメしか残らねぇ…。
"EUは50年までの「実質ゼロ」を掲げる。30年までに1990年比で40%減らすとの目標も引き上げ、少なくとも55%減らす案を議論する。30年までは再生エネや省エネなどの普及が主だが、30年以降は新技術に期待する。その中心が水素だ。"
本当に遊び方コンサルの時代到来?
水素奨励の中国。脱炭素で大気汚染解消。安心して外での活動も可能。しかもあのロボット技術と実行力。もう従来型の仕事なくなるなと。
となると、どうやって遊ぶか?が問われる。ホリエモンの予測すごいな。
で、水素水ってどこいったん?
この分野、大きく変化するなー。
技術革新には金がいる
なのに増税されたら研究に金を回せない

脱炭素は減税でこそ実現出来る

大競争時代🏃‍♀️🏃🏃‍♂️
「環境規制の緩い国から安価な製品が欧州に流入する懸念があるが、それを防ぐためにEUが検討するのが「国境炭素税」だ。環境対策が十分でない国からの輸入品に事実上の関税をかける内容だ。」
トヨタ来るかw
原子力増えるのかな。大丈夫かな
そのうち自然エネルギーだけでソーラレイが撃てるようになりそう。
(4)3キロメートル以内の車移動を自転車か徒歩に変更――などを推奨した。/* なんなんだその原始的な提案はw 水素かー。そのへんのは00年代とは一線を画すネ
チャイナ、コリアは空約束常態国、簡単に約束するし、ほっかむりする。
2046→小型原子炉
2048→宇宙で太陽光発電した電力を地球に送電
2051→核融合

こんな具合に想定しているようだ。つまり2048年にはサテライトキャノンが出来るって事だな。
すごいな。世界が大きく変わる。
わかりづらくて我が社としても頑張れることは多々ある!
自分も頑張ろう!
※日本は原発推進? 世界から取り残される没落国家になりかねない。
洋上風力やそれに関わるsep船の建設には注目していたので、30年の結果に期待。
もっと見る (残り約25件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR