TOP > 政治・経済 > 新型コロナ:貿易業務を完全電子化 NTTデータ・三菱商事など7社  :日本経済新聞

新型コロナ:貿易業務を完全電子化 NTTデータ・三菱商事など7社  :日本経済新聞

58コメント 2020-10-26 18:02  日本経済新聞

NTTデータや三菱商事、東京海上日動火災保険など7社は業界横断で貿易書類業務の完全電子化に乗り出す。紙ベースの処理が根強く残っていた貿易事務の負担を半減させる。海外企業も利用できるように他国や他社シ

ツイッターのコメント(58)

NTTデータ・三菱商事など:日本経済新聞
>NTTデータの貿易情報管理システム「トレードワルツ」では、文書の送信企業が必要事項を入力し、受信企業がその情報を参照する。
>データが改ざんされていないことを担保するため、ブロックチェーン技術を使う
NTTデータや三菱商事、東京海上日動火災保険など7社は業界横断で貿易書類業務の完全電子化に乗り出す。

紙ベースの処理が根強く残っていた貿易事務の負担を半減させる。
日本で電子化しても、相手国がそのシステムを導入してなかったら意味ないはずー。
うち、アフリカのいくつかの国で乙仲やってるから導入に向けての活動出来るぜぃ。
やらしてくれないかなー。
「トレードワルツ」
動きが早い!(^-^) / (日本経済新聞)
ここでもブロックチェーン。
業務効率化につながるし、手続きの迅速化につながる。
とはいえ、貿易は目視による検査が大事だが、ここはAIでかなり課題が解決。
ホントに自分を変化させるときが間近に迫ってる。
落ち着こうて考えよう。

あーLC作成してた頃が懐かしいかも。
システム上のデータが改ざんされていないことを担保するため、ブロックチェーン技術を利用!
外為内為周りのお局淘汰が待たれる

貿易業務を完全電子化:
システム上のデータが改ざんされていないことを担保するため、ブロックチェーン技術を使う。
うわぁ。とうとうFAXなくなるか!?
IT化が遅れている分野のひとつ。
船積Docsなど電子化できればかなりの人件費削減が狙えます。
あと、船が港に着いたのに書類が届かず貨物が受け取れないなんていうことも解消できますね。
NTTデータ・三菱商事など:朝刊1面から
“NTTデータや三菱商事、東京海上日動火災保険など7社は業界横断で貿易書類業務の完全電子化に乗り出す。紙ベースの処理が根強く残っていた貿易事務の負担を半減させる。海外企業も利用できるように他国や他社システムとも連携する”
こういうニュースを待ってた。早く広まってほしい。フォーマットとかもろもろ統一してほしかった。ついでにFAXも無くならないかなぁ。
「技術の壁」ではなく、「コンソーシアムの壁」を超えていけるか期待
これによって我々のような乙仲の業務が変わることもあるかなあ
この機能、もっと範囲を広げて普及してほしいですね。
>各国の貿易に関わる法令の変更などの情報を人工知能(AI)が自動的に収集し、輸出入担当者に注意を促す機能も備える予定
そりゃそうだ。
現場見てみると5、6台のコピー機を使って、チェックしたりしてたもんね。
電子化プラスチェック機能もつけれたらいいな、
ペーパーレスを受けて貿易業務の書類を電子化する動きが加速するとの記事

ブロックチェーン技術も使われるようです

コロナ禍で電子化・ペーパーレス・脱ハンコが一気に加速した感じがありますね
だんだんこうなるよな>
貿易業務が電子化出来れば、その他の業務が電子化に乗り出しやすい。AI、ブロックチェーン、全て活用してより正確安全なやり取りが求められる。
ずっと貿易実務に触れてきた立場からすると、こんな動きは知ってたけど、ここまで検討進んでたかという気持ちと、やっとかという気持ちある
日の丸プラットフォーム🇯🇵
「NTTデータや三菱商事、東京海上日動火災保険など7社は業界横断で貿易書類業務の完全電子化に乗り出す。…海外企業も利用できるように他国や他社システムとも連携する。日本発の貿易文書処理のプラットフォームに育成したい考え」
おお!
今日も輸入で机の上が紙で埋め尽くされましたが😅
税関にチェックしてもらう資料をFAXってのもそのうちなくなりますかね。100枚前後になるから最近FAXがキュルルって言って壊れそうなんですけど💦
5年前に欲しかったな。事務の人がBLを紛失して日本、アメリカを巻き込んで大騒ぎした記憶。
一般職の採用再開は永遠に無さそう。
ブロックチェーン/
すご。

NTTデータや三菱商事、東京海上日動火災保険など7社は業界横断で貿易書類業務の完全電子化に乗り出す。紙ベースの処理が根強く残っていた貿易事務の負担を半減させる。
これむっちゃ大変そう。政治情勢によって変わる項目(たぶん結構な数あるよね?)をシステムに反映させるのがシンドそう……
本質的な効率化のためには決済も乗っける必要あるなと思います。
古巣の三菱商事が一部のサービスで競合に!
正直痺れる展開ですが、今まで競合らしい競合がいなかったのでちょっと誇らしい 笑
いよいよこの分野も熱くなってきました。
胸を借りるつもりで全力で行きます!
"業界横断で貿易書類業務の完全電子化に乗り出す。" 電子化の先に高度な自動化まで進めてほしい
すごいことなのですがセキュリティは万全ですか
L/Cや貿易金融がどうのこうの、複数のデータ混在が云々。多分システムのリプレース、で、モジュール化が要点。制度変更などのメンテ作業への対応まで。
貿易情報管理システムをブロックチェーンを用いて開発。

貿易のように両者が対等な取引においては、第三者機関が介入せずにブロックチェーンで正当性を担保するのがベスト。おそらくブロックの正当性を実際に検証するのは、システムを使う顧客企業だと思われるが(続く
ん?
これってShippioとはまた別物なのか。大手がコンソーシアム組んで取り組むなら、早い速度で新たなスタンダードになるだろうか。
貿易の世界でもブロックチェーン技術しかり電子化の流れが着実にきております。様々なステークホルダーが既得権益を握って離さない世界では便利になる、コスト削減できる等謳っても前には進みませんが一つ一つ既成事実を作っていくしかないと思います。
これ、早急に導入求む。
ここでブロックチェーン
トレードファイナンス
ええやん

「システム上のデータが改ざんされていないことを担保するため、ブロックチェーン技術を使う」
いよいよこの業界もジャイアント達が動いてきた。やるぜ💪
NTTデータが開発した貿易情報管理システムの運営会社に7社が共同出資する。出資企業には三菱UFJ銀行や豊田通商、兼松、損害保険ジャパンなど。24年度末に国内外400社の顧客獲得を目指す。
コンソーシアム型ブロックチェーンの事例っぽい。/
おお、ついに日本発貿易DX。

ただスタートからいつものごとくガラパゴス化しそうな予感がひしひしと。。
NTTデータ社のトレードワルツ、商用化に向けて本格的な動き。

7社は2017年以降、コンソーシアム形式でシステム活用の実証実験を重ねてきた。商用化のめどが見えてきたことから、NTTデータが各社からの出資を受けることを前提に4月に運営会社のトレードワルツを立ち上げた。
こうして貿易事務のポジションが減っていくのかな
郵送に比べて時間を削減できるほか、転記ミスを防げる。試験導入した結果、書類作成にかかる時間をほぼ半減。データ改ざんされていないことを担保するため、ブロックチェーン技術を使う。→他国でも電子化取り組んでいるので、いかにして標準化させるかですね。
良き❗
未だに貿易は判子とFAXが主流のガラパゴスだったのでようやく時代に追い付くのか…
NTTデータや三菱商事、東京海上日動火災保険など7社は業界横断で貿易書類業務の完全電子化に乗り出す。紙ベースの処理が根強く残っていた貿易事務の負担を半減させる。
貿易システムの構成図見てみたいな
貿易で使う船積書類ほどマンパワーのかかるものは無い。より効率化されるべき課題の1つ。
んーマジですごい
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR