TOP > 政治・経済 > 三菱ジェット、1兆円空回り 凍結まで6度延期  :日本経済新聞

三菱ジェット、1兆円空回り 凍結まで6度延期  :日本経済新聞

52コメント 2020-10-23 20:35  日本経済新聞

三菱重工業が国産初のジェット旅客機の事業化を凍結する方針を固めた。これまで6度も納期を延期するなど累計1兆円の開発費を投じながら空回りが続き、新型コロナウイルス禍の打撃で窮地に陥った。新規参入にもか

ツイッターのコメント(52)

三菱重工が国産ジェット凍結
日本の国際競争力下落を象徴する出来事だ。
この体たらくで「武器輸出で成長戦略」なんて、頭がオカシイ。
三菱重工が国産初のジェット旅客機の事業化を凍結する。累計1兆円の開発費を投じながら、自前主義にこだわり、傷を深くした。
色んな角度から見たら批判はあるでしょうが、失敗が悪である日本の雰囲気の中、挑戦した事に対しては個人的には敬意を払っています。

関わった方々には、違う分野で活躍して頂き日本を支えて頂きたいです。
しゃーないっすねぇ
需要が戻るなら小型機からとも思うんですけどねぇ
下町ロケットの企業描写のまんまですね…。【 1兆円空回り】: 日本経済新聞
「しかしプライドの高い三菱重工の技術者とそりが合わず、現場で対立が続く。開発のスピードアップどころではなく、設計変更で開発が遅れる一方だった」こういうところ、ほんと変わらないとね。言うは易し。個人レベルでの意識。
何で今まで気づかなかったのだろう?所詮は人のカネか?
自腹きってたらさすがにここまでいかないでしょ。
ものづくり 決してバカにはしませんが費やした人材資金時間 全てが無駄に終わった瞬間。
凍結まで6度延期:日本経済新聞》日本衰退を意味!
MRJの総投資額は1兆円を超えていたのか・・・EUV露光装置の開発にASMLが累積1兆円超の投資額と聞いて驚いたが、同水準の金額だったとは(;^ω^)
1兆円の空回りという言葉のインパクトデカすぎてもう、見るに耐えないな。

遂にジェット旅客機事業が凍結。

ゾッとしますね
いやはや<
<三菱重工の連結事業利益の6割を占めるガスタービンなど火力発電設備は、環境志向の高まりで厳しい状況が予想される。祖業の造船事業を取り巻く環境も厳しい。>
SIerとかも他人事ではない。。
GoToどころではない日本の現実。国の基盤が壊れていく。
無念すぎる。
事業リスク管理の難しさたるや。
しかしこれでは防衛費もかさむわなあ、そらあ。
教訓となる記事

「誤算はすぐに表れた。経験やノウハウ不足の影響は想像以上だった」
「完成機の組み立ては部品製造とは別物」
「しかしプライドの高い三菱重工の技術者とそりがあわず、」(本文より)
装置産業における投資の意思決定って本当に大きなリスクを背負ってるな。
1兆円空回り 自前主義に限界、納期6度延期 :日本経済新聞
スペースジェット
「型式証明」を取得できていない
6度も開発期限の延期

当初1500億円としていた開発費は既に1兆円規模にふくらんだ
素直にボンバルディアの言う事を聞いていれば良かったものをw😈
なかなか厳しく書かれてますな。部品製造とアセンブリは確かに仕事内容全然違うよな。中の人も分かってたんじゃないのかな。1兆円飛ばしても生きてるっつうのが大企業はスゴイな。
国策として諦めたらダメな認識
これではプライドだけ高くて無能な三菱重工技術者のせいで頓挫と書かれているが、根拠も示さずいかがなものかと
遅ぇよ決断・・・「責任のたらい回しで忖度か、自分で自分の首を絞め」(詠人不知)→ 1兆円空回り: 日本経済新聞
ずーーーーっと株価が低迷していた三菱重工。ジェット機開発の中止で6%の株価上昇。内部の人たちは、歪んでることに気づいてるだろうな。国からの支援があった。反対と言いづらい雰囲気。
1兆円空回り
自前主義に限界、納期6度延期:日本経済新聞  私は三菱重工業という企業は嫌いだが、このプロジェクトには期待していた。YS11以来の日の丸旅客機の夢はるか。
「カナダの航空機大手などから外国人の技術者を多数、集めた。しかしプライドの高い三菱重工の技術者とそりが合わず、現場で対立が続く。開発のスピードアップどころではなく、設計変更で開発が遅れる一方だった。」
>自前主義にこだわり傷を深くした姿は、日本の製造業に重い教訓
>現在も商業運航に必要な認証の「型式証明」を取得できていない
>次世代の柱となるはずだった事業の切り離しが市場に評価され
>政府補助金は合計500億円に
HONDAジェットは飛んだのにね。

>>
年間1億円以上の給与を取っている経営陣。無駄メシ喰いが多いのだろう。
「事業化凍結の方針を固めた」としてます。昨日、三菱重工が「まだ決定してません」と言ってましたが…?
ちょっと残念。。だけどこのニュースは航空業界に限らず、他の業界も学ぶことは多いのではないかな。開発コストとか、一部の企業のみが専門的に取り組んでいたため、とか航空機ならではの特色というのももちろんあるかもしれないけど/
下町ロケットのようには行かなかったわけだ。残念。/
「プライドの高い三菱重工の技術者とそりが合わず」飛ばせないのにプライドだけ高いとかたわけ者集団。そして会社自体も飛んでいきそうに。
開発が頓挫する過程がよくまとめられていること
物づくりで三菱に関わるとろくな事はない、やっぱりトヨタがNo. 1だよ。
うーん残念だけど、もう限界だろうな...
ケースを読んでいるような感覚があった。いつの日か、事業化に成功した上で、どこかのビジネススクールのケースになってほしい。
この事業環境じゃ仕方ないね。。。ただ、血税を500億円投じてるってのは知らなかった。。。国民にどう説明するんだろう。
結局、小型ジェット機さえも作れないんだ(´;ω;`)ウゥゥ
日本企業のダメダメな所を凝縮したようなプロジェクトだな。⇒
航空機開発を1からやることという技術面での困難もさることながら、形式証明のとり方を知らずに迷走したのが原因という、勉強はできるのに答案の書き方がわからずに0点取ったみたいな話だというのを、どこかで見聞きした覚えが。
日経新聞の最新のニュースです、
日経新聞の最新のニュースです、
88888888888888888888888
今年の6月ごろまでは中途採用で明らかに型式証明取得のための人員と思われる人材を募集してたのになぁ
過ぎ去りた過去の栄光にしがみついて物作りの衰退と失敗ばかりの、今の日本全体の古臭いガラパゴス思想が良くわかる記事やな。 →
日本の企業体質は特異で、前例のないもの、新しいものを排除する傾向にあります。多くの人の意見を聞くことで議論が深まり、議論の結果が理解されやすくなります。
着手から10年が経過した2018年、カナダの航空機大手などから外国人の技術者を多数、集めた。しかしプライドの高い三菱重工の技術者とそりが合わず、現場で対立が続く。開発のスピードアップどころではなく、設計変更で開発が遅れる一方だった。

思ったより日経が辛口だった😂
情けない
《18年、カナダの航空機大手などから外国人の技術者を多数、集めた。しかしプライドの高い三菱重工の技術者とそりが合わず、現場で対立が続く。開発のスピードアップどころではなく、設計変更で開発が遅れる一方》
三菱ジェット、1兆円空回り凍結まで6度延期:日経
敗戦の影響だよな…
敗戦以降しばらく日本は飛行機の製造を禁じられた。
優秀なエンジニアは自動車産業に従事しました。自動車は相変わらず強いけどね。
1兆円 ローテート
『新規参入にもかかわらず自前主義にこだわり傷を深くした姿は、日本の製造業に重い教訓を投げかける』
経験やノウハウ不足の影響は想像以上だった
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR