TOP > 政治・経済 > 上司のセクハラで労災認定 三菱UFJ子会社の元社員  :日本経済新聞

上司のセクハラで労災認定 三菱UFJ子会社の元社員  :日本経済新聞

11コメント 2020-10-22 22:34  日本経済新聞

三菱UFJ信託銀行の子会社「三菱UFJ代行ビジネス」(東京)に正社員として勤務していた20代女性が、上司にしつこく食事に誘われるなどのセクハラを繰り返されたことで精神障害になったとして、立川労働基準

ツイッターのコメント(11)

蟹江鬼太郎弁護士、ずいぶん強そうな名前だな。
皮肉なことに.会社は人だなと,こういうニュース見ると感じる
こういう頭バブルは潰してかなきゃアカン
新聞記事より。「 三菱UFJ子会社の元社員」:日本経済新聞 身体接触のないセクハラに対する労災認定ということで、今後に大きな影響を与えそうです。「この程度のことで」とか「過剰反応では」というのは、もう通用しないということだと思います。
女性は弁護士を通じ「相談した人事部から配置転換を強要され、会社の対応が不適切だと感じた。被害を訴えた者が不利な扱いを受けることがないよう願い、公表を決めた」とのコメントを出した。

会社に相談することも、とても勇気がいることだったと思います。
「三菱UFJ代行ビジネス」(東京)に正社員として勤務していた20代女性が、上司にしつこく食事に誘われるなどのセクハラを繰り返されたことで精神障害になったとして
弁護士の名前がサスペンスドラマ風味すぎる件。
女性は弁護士を通じ「相談した人事部から配置転換を強要され、会社の対応が不適切だと感じた。被害を訴えた者が不利な扱いを受けることがないよう願い、公表を決めた」とのコメントを出した。
こんな金融機関とは取引したくない。コミットメントライン解約したい。
上司のセクハラで労災認定三菱UFJ子会社の元社員(日経新聞)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR