TOP > 社会 > 米司法省がグーグル提訴 独禁法違反、検索で競争阻害 (写真=ロイター) :日本経済新聞

米司法省がグーグル提訴 独禁法違反、検索で競争阻害 (写真=ロイター) :日本経済新聞

235コメント 2020-10-20 22:36  日本経済新聞

■「検索市場における圧倒的な支配力を利用」と問題視■IT大手を巡る大型訴訟は米マイクロソフト以来約20年ぶり■アマゾンやアップルなど別の企業への提訴が続く可能性

ツイッターのコメント(235)

Webメディア運営に関係している以上、こういったニュースは注意深く追います。

検索品質の高さから1強状態が続くGoogleもこういったことが続くとなれば話が変わってきますね。
マジでGAFAは早くなんとかしないとスカイネットになるぞ
ネットでビジネスする人は大注目のニュース。MicrosoftのIEがWindowsマシンにバンドルされてる(た)問題を解消して、GoogleやChromeが出てきたという文脈があり、米司法省の「自由競争」に対する行動は一貫している。

「検索」自体への提訴じゃなくてよかった。
Windows とブラウザIE抱き合わせ販売の独禁法違反事件を思い出す。IEの凋落がGoogleの成長につながったとすれば、Googleのほかに何か出てくるのか。そもそも状況が違っているので、…
米司法省がGoogle提訴、『検索で情報阻害』、独禁法違反、
末端株主のわたくし、株価急落かと顔面蒼白でしたが、2日連続株高。
なんでそうなるのか理由もわからないのに株式投資やってます
林檎はそうは思わないけど密林はやっといたほうがいい領域に踏み込んでる気がするなw
アメリカは偉い。公正であることがドグマになっていて偉い。/
GAFAが強すぎるからなー。
Googleに始まり、これから少しずつ解体の音が聞こえてきそう。
スマホはGoogle…
テレビはアンドロイドTV…

よく分からんけど、大丈夫なんかな?😅
シェア90%のGoogleを解体しようという当局の意思は分からないでもない/
アメリカが凄いのは、周期的にガラガラポンをすること。映画配給会社のビッグ5、石油メジャーの7シスターズ、テレビの3大ネットワーク…かつて市場を独占したビッグカンパニーたちはことごとく力を失い、代わりに市場全体が活性化し、更にアメリカ経済を強くした。さて。
グーグルからすると「ついにバレたか」って感じかも。
色々多角化して、検索の圧倒的優位性を見えづらくしてきたが、独占的地位には違いない。
米司法省、グーグル提訴:
Google標準でえーんじゃねーの❓
選択肢❓今更面倒クセーから、んなもん要らんわ😷


それどころじゃなかったGoogle様
理屈的にmy◯estさん絡みでYahoo!も独禁法に抵触するのかな?
米司法省がGoogleを提訴



Microsoftの独禁法訴訟は終了までに約12年かかった。この訴訟もすぐには終わらないだろうが、Googleが敗訴すれば、事業分割の可能性もある。
わりと、一気に変わった感じがする記事だな。
>司法省はグーグルの競争を妨げる行為によって、プライバシーやデータの保護など検索サービスの質が低下し、消費者の選択肢が減ったと批判した。
ITの大手を巡る大型の訴訟は、なんと米マイクロソフト以来、約20年ぶりなんですね。
いよいよといった感じで注目です。
独占契約や消せないのが事実かどうかは分からないけど、独禁法違反だとなったらどうするんだろ。
分割したって意味ないし

Googleが取得したデータを「独占せず使わせろ!」だったらコワイわ😂
論点3つを突破口としてガンガングーグルのやりすぎに切り込んでほしい。
タダで高機能の物を提供し他を淘汰してしまう事の方が恐ろしいと思う。
グーグルマップや動画配信、結構な金掛かるインフラなのにタダで提供されちゃうから簡単に出来ると世間が誤解する。結果同業者が淘汰されてる。
仮にGoogleがインターネット上で他の会社の検索エンジンが使えないように動いていたのであればアウトだけど、別にそんな事はない。
ただユーザーは「自分の課題を解決してくれる情報」を知りたいだけ。より質の高い情報を早く提供してくれるのがGoogleだっただけ。
Googleを独禁法違反疑いで提訴ッスか・・・・別に強要されて使ってるわけじゃ無いんだけどなぁ・・・
じゃあ、百度でも流行らせればいいんじゃね?それかYANDEXかNAVERを招聘しなされ。

米司法省がグーグル提訴
20年前にMicrosoftも訴えられてたの知らなかった。その時は和解してるのね。
ここでそうだそうだ!と言えるかどうかでポジショントーカーの資質が分かりますね
「グーグルが、ネット検索・広告市場で競争を妨げる排他的な行為を通じて違法に独占を維持しようとした、とし、こうした行為を見直すよう求めた」

Google社からの発表も出ているようですが、、、今後に注目👀
確かに最近の検索結果は少しやりすぎかなぁ、と思う事も。特にGoogleマップやGoogleしごと検索の存在は既存の検索サイト事業者にとって脅威だし、Google検索ではこれらサービスが上位に優先表示されるからなぁ...
わたしはGoogleの使用をせまられていた・・・?
僕も「検索エンジンと独占禁止法について」、弁護士や有識者との意見交換会に出席したことがありますが、結構前から問題視されてきました。
検索エンジンのシェア独占は他のIT産業にも多大な影響を与えかねません。

 独禁法違反
"巨大IT企業への独禁法調査では欧州が先行した。欧州連合(EU)の欧州委員会はグーグルのネット広告事業などで巨額の制裁金支払いを命じ、グーグルは不服として裁判で争っている。"
Google居なかったらほか誰の検索システム使えばいいねん
Bingがゴミだったばっかりに…。
《訴訟が決着するまでは数年単位の長い時間がかかる可能性がある。グーグルが敗訴したり和解したりすれば、事業の見直しや事業分割を求められる恐れもある。》
反トラスト小委員会の報告書といい、GAFAの解体に向けた動きが進んでいますね。
さすがにこれは気になります💦
訴訟が決着するまでは数年単位の長い時間がかかる可能性。グーグルが敗訴したり和解したりすれば、事業の見直しや事業分割を求められる恐れもある。司法省高官は20日の電話記者会見で「あらゆる選択肢を排除しない」と述べた。→本気度は分かりませんが、GAFA狙い撃ちか。
かと言って、検索エンジンに関してのみを言えば、Bingとか百度を使うか?って言われて使う人もそんなにおらんやろ
プライバシーやデータ保護に関してうるさいDuckDuckGoにしても、その検索結果がGoogleより優れてるとも思えへんし
全くの仮定、あくまで頭の体操ですが、米国で反独占の政治的機運が高まり、巨大IT企業が分割に至る場合、株価はどうなるでしょうか。例えば、X社が3つの事業を分離、X社の株主が新会社A、B、C3社の株式を割り当てられる場合、合計の企業価値はむしろ高まるかもしれませんね。
Microsoft以来です。。大規模に提訴
YouTubeもそうだけど。個人情報保護、MAP提供全て丸見え
アメリカ関係以外に競争相手は、出るには、難しいだろう。
日本全てアメリカ頼りの日本。
良きソフトを出してもアメリカ企業に吸収される。
さて、これはどうするんだ。彼らはソフト(Windowsとか)にでもパソコンとかのハードにでもバンドルして売ったわけじゃないからなー。まさに「人々は強制されたからでも他の選択肢がないからでもなく、自ら選んでグーグルを利用している」。真実。
個人的には、訴えたところで、検索Google以外便利なものないし、デバイスの変革がそうとうドラスティックに起きて、Googleが大企業になりすぎて、対応できないなら、なんか変わるかもだけど、ないかなぁ。
Google Xあるし。動きは早いし、買収しまくるだろうし。
米司法省、グーグル提訴:

「ググる」=「ネット検索する」という意味に日本でもなってるわけで。プラットフォームとしての強さは群を抜いている。
どのような決着をみるのか。
おはようございます☀

〝ネット検索市場での圧倒的な支配力を利用し…競争を阻害した疑い〟

MS社への提訴依頼の大きな訴訟との☝️

利便性も操作性も高いGoogle検索のシェアが大きく損なわれる事はないだろうけど、マーケティング戦略にも長期的に影響しそう🤔
GAFAの残り部分(AFA)に対しても、提訴するのかな?
「司法省が提訴を急いだのは11月3日の大統領選が近づいているからだ。トランプ大統領は政権寄りの情報をIT大手が検閲していると批判する。IT大手への強硬姿勢を支持者にアピールする狙いもあるとみられる」
おうふ、欧州に続きアメリカも。。。
もっと見る (残り約185件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR