TOP > 国際 > 「テスラ100%中国製」現実味 EV部品、紅い供給広がる (写真=ロイター) :日本経済新聞

「テスラ100%中国製」現実味 EV部品、紅い供給広がる (写真=ロイター) :日本経済新聞

43コメント 2020-10-18 11:33  日本経済新聞

「米テスラの小型EV(電気自動車)『モデル3』は電池に続いてモーターも中国企業製になるらしい」。中国・北京で10月上旬に閉幕した世界最大級の自動車展示会「北京国際自動車ショー」。会場内ではこんな噂が

ツイッターのコメント(43)

米民主党がEVしか販売できないように画策するのは中共様への異常までの忖度とものすごく強く推認される。
すでに電池は寧徳時代新能源科技製、制御部品は浙江三花智能控制製、電子部品もアモイ宏発電声製。 =>
品質が良ければそら現地調達が一番よ。
>EVのほとんど全ての部品は中国企業の製品で問題ない」「中国のサプライヤーが全ての部品を提供する日も近い」

これは本当に危機感を持たなくてはいけない
チャイニーズテスラ爆誕か
【経営の視点】EV部品供給、広がる裾野 :
中国製品の品質の低さを問題視する向きは少なくともこの5年近くで時代遅れになってきた感があるよなあ
コロナで一人勝ち。高笑いが止まらないだろうな。

 EV部品の供…(写真=ロイター)
日本がまだ世界と戦えそうな分野が唯一自動車産業だったけどもうあと20年もすれば自動車産業も日本から無くなっていきそうだよな…。
産業の構造転換。中国はうまくやっている。うまく製造業の転換を取り込み大規模低価格でスマホ半導体市場を制覇した。次はAI自動運転。日本の物づくり産業はいいものを高く売る時代から転換すべき。
ここだよなー。
「中国企業の強みは安さだけというのは間違った認識だ。世界最大市場でのメーカー間の競争が技術的な進化を後押しする。」

中国企業同士の競争がかなり激しいから、不正も起こったりするけど、技術革新も起こってる。
すでにテスラはEVの基幹部品となる電池で、中国最大手の寧徳時代新能源科技(CATL)製を採用している。テスラに電池を供給してきたパナソニックや韓国LG化学にとってCATLは強力なライバルだ。
テスラのバッテリーが中国製になるってよと中国で噂してたそう。
でも、それはないと思う😉
こうなると買いたい車でなくなるのでは?
ふむ。
友達もテスラ欲しいって良く聞くけど勢いすごいですね #イーロンマスク #中国
日本電産とか見通しはどうなんだろうね。今の株価はだいぶ将来的な成長まで織り込んでると思うけど、中国でシェア伸ばせるかは重要だよね。
”「EVのほとんど全ての部品は中国企業の製品で問題ない」。新興EVメーカー、小鵬汽車の顧宏地総裁は指摘する。”
爆発しないで祈るよ
エンジン車とEVでは、どの程度の部品が共通していてどの程度が独自なのだろうか。
もう自動車産業が日本の主力産業だった時代は歴史の教科書に載るレベルで、将来ロケットが日本の主力産業になるのか。。
世界が自動車のピュア電動化をすすめる中、日本は自動車村を守るため、エンジンを続けるのだ。
日本ガラパゴス土建国家はそれでいい。

東大出の日本ネットワークが日本を蝕み、日本を後進国にしたのだ。
100%中国製なら、何もテスラ車を買う必要がなくなってくるのでは。
車部品供給、広がる裾野:日本経済新聞
中国の実力が試される時だな。日本のお家芸、自動車がEV化で中国に取られるとは思えない。油断は出来ないし、永遠ではないが未だ早い。自動車は総合物作りだからな。
「中国企業の強みは安さだけというのは間違った認識だ。‥テスラが電池に(中国)CATL製を選んだのは低コストに加えコバルトを使わない新しい電池の開発に向けた技術力の高さ‥中国独自のサプライチェーン構築に重点を移している」・・電池も日本劣勢に
中国企業の強みは安さだけというのは間違った認識
さらに日本が遅れを取る…?
運転中に操縦系を乗っ取られても良ければどうぞ 買えもしないからわしは関係ないけど
「日本企業に残された時間は多くない。」
日経新聞名物「バスに乗り遅れるな」がキターーーー

 EV部品、紅い供給広がる:日本経済新聞
EV部品、紅い供給広がる:日本経済新聞
世界的にはEVの流れが来てるのに日本市場で電池ブームが今一つ来てない理由はこれかな🤔?
これ…家電製品と同じ道をたどるね…きっと。

よく壊れる。
メインの制御ユニットは自社製だから部品は中国製でもいいと思うけど。
この現実味はわかりませんが中国は本気で取り組んでるようですしね。
日本ではほとんどEVの話を聞きませんが…

 部品供給の裾野広がる: 日本経済新聞
部品供給の裾野広がる


テスラの小型EV(電気自動車)『モデル3』は、電池に続いてモーターも中国企業製になるらしい。

北京国際自動車ショーでの噂なので、真偽はどうなんでしょうね(・ω・)
車部品供給、広がる裾野:日本経済新聞
CATLの電池技術は世界🌏をリード🔜🇯🇵パナソニックや🇰🇷LG化学のライバル🔥
車部品供給、広がる裾野:日本経済新聞。この流れはビジネス面では当然かと。同じ勢いで影響力を持つことのできるベトナムなどに物凄いスピードでいくのでしょうね。
車部品供給、広がる裾野: 日本経済新聞
いつまで幻想を引き摺っているのかな?
強い中国が現実なのですよ。

 車部品供給、広がる裾野
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR