気候変動、当局が銀行の耐性審査 GDP25%消失試算も (写真=ロイター) :日本経済新聞

14コメント 2020-10-12 23:17|日本経済新聞

ツイッターのコメント(14)

国がうごくためには周りが下地を作る。
・金融当局ネットワークの報告書。20年6月24日。2100年までにGDPの25%が失われる。今後40年間で株式のリターンが新興国で30%、先進国で25%失われる。リスクは企業コストと不動産の被害。  #環境
「世界の中央銀行や金融監督当局が気候変動リスクへの警戒..温暖化で自然災害が大規模になり、景気を悪化させ金融システムを不安定にする懸念が高まったためだ。2100年までに世界の..GDP)が最大25%失われるとの試算も」だって。
欧州中央銀行(ECB)は21年から、企業の環境目標の達成度合いで金利が変動する債券を金融機関への資金供給時の担保として受け入れる。

 GDP25%消失試算も:日本経済新聞
日経新聞の最新のニュースです、
日経新聞の最新のニュースです、
88888888888888888888888 GDP25%消失試算も
GDP25%消失の試算も 銀行の耐性審査、環境債購入も視野:朝刊経済面から
GDP25%消失試算も (写真=ロイター)-- 日本経済新聞
温暖化は金融システムにも深刻な脅威です。自然災害が多発して企業活動や不動産価値が打撃をこうむり、金融システムを揺さぶりかねません
GDP25%消失試算も: 日本経済新聞

遅くないか
GDP25%消失試算も:日本経済新聞
世界の中央銀行や金融監督当局が気候変動リスクへの警戒
温暖化で自然災害が大規模になり景気を悪化させ金融システムを不安定にする懸念が高まった
2100年までに世界の国内総生産が最大25%失われるとの試算も
気候変動のリスクは大別して2つある。一つは温暖化ガスの増加につながる化石燃料の規制が進み、企業のコストが増えたり、事業の採算が悪化したりするリスクだ。
もう一つは温暖化による海面の上昇や台風の巨大化など自然災害によって、不動産などの物理的な被害が膨らむリスク
GDP25%消失の試算も: 日本経済新聞
これ本気で言ってるのかな。そんなことありえるかな。
以上
 
PR
PR