TOP > 社会 > 予算など「聖域なく」 河野規制改革相、学術会議巡り  :日本経済新聞

予算など「聖域なく」 河野規制改革相、学術会議巡り  :日本経済新聞

14コメント 2020-10-10 00:31  日本経済新聞

菅義偉首相が新会員候補6人を任命しなかった日本学術会議を巡り、政府は9日、会議のあり方を検証する方針を明らかにした。政府・自民党にはかねて会員の選考過程や活動状況の問題を指摘する声があり、運営方法や

ツイッターのコメント(14)

当店は常連さんとそのご紹介者様で成り立っているお店でございます。大変恐れ入りますが、一見さんはお断りさせて頂いております😊
誰にとっての「聖域」なのか。
間違ったやり方はどんどん改正していくべきだよな。
既存のやり方が正しいなんて根拠は無いのだから。

無根拠に現状維持したがる奴は多いが既得権にしがみついているだけだ。
「答申は07年以降に政府の諮問がないため出ていない。」

諮問無ければ答申無し。とすれば、

「公費に見合った活動実績があるか、より厳しく問われ」るのは、諮問をしない政府か学術会議か。
>"1959年の政府の科学技術会議(現・総合科学技術・イノベーション会議)発足や、67年の旧文部省による学術審議会の設置を受け、政策への関与の度合いは薄れていった。">規制改革相、予算・職員数「聖域なく」 学術会議巡り 会員選考に批判/勧告は10年なし: 日本経済新聞
やはり内輪で会員を選んでいるとか、2007年以降政府からの諮問がないとか、それなのに毎年10億円以上が使われているとか、有効性、実効性に疑義はあったんやね

 河野規制改革相、学術会議巡り: 日本経済新聞
本文中に「提言」は過去3年間で80件を越えると記述されている無視しているのは政府の方だ⇒
学術会議、維持したいのは文系アカデミックの左派という感じなのかな?
学術会議に限らず、利権がらみで継続しているが、役に立っていない会議等はたくさんありそう。
こういうのは目的を明確にし、必要なくなったら廃止していく仕組みが必要。
日本学術会議。会員の選考方法の透明化が焦点に -- 規制改革相、予算・職員数「聖域なく」  学術会議巡り 会員選考に批判/勧告は10年なし:日本経済新聞
これが実態なら、要らないということなのだろう。はくがつ、それをありがたがる、利用する、そういうのももう時代遅れなのかもなあ。
見せしめのように6人を排除して学術会議全体に圧力かけた?最初から学術会議の見直しを言えばよかったんでは?やり方がまるでヤ○ザみたい。

★政府・自民党にはかねて会員の選考過程や活動状況の問題を指摘する声があり、運営方法や組織形態の見直しが進む可能性がある。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR