TOP > 社会 > マイナンバーカード広がる用途 できることを整理した  :日本経済新聞

マイナンバーカード広がる用途 できることを整理した  :日本経済新聞

20コメント 2020-10-18 05:07  日本経済新聞

菅義偉首相はマイナンバーカードの普及を加速する考えを打ち出した。マイナンバーカードの普及率は10月1日現在で20.5%にとどまる。菅首相がマイナンバーカード普及を打ち出してからSNS(交流サイト)に

ツイッターのコメント(20)

普及率が20.5%というのは少々驚いた。もっとずっと低いと思ってたから・・・。/
私のかかりつけの医院はローテクなのでマイナンバーカード読み取り機も導入しないのではないかと危惧する。
マイナンバーカード広がる用途、の記事。海外在住者には引き続き関係ないカードとなるのか、滞在国情報まだ網羅する個人情報カードになるのかどうか。中途半端な場合、意図してもたない場合は日本人として認められない可能性があるのも怖いですね。
健康保険証はかなり便利そう!
「個人情報が心配」―預貯金、株、不動産等個人資産の筒抜け―明らかにマイナンバー制度の仕組みを知らずに誤解した書き込みも目立つ。・・・>
そもそもの話し、免許証などなどをのシステムを全て廃止して、マイナンバ1つで済むようにすれば無駄な税金を使わなくても良いのにね。
その辺り、行政の仕事が減るからやらないでしょうね。
全て無駄。
できることを整理:マイナンバーカード 広がる用途(日経)

■マイナポータルは自分の情報の取り扱い記録
■2020年分の所得から年末調整が省力化
■21年3月からマイナンバーカードが健康保険証に
■外部サービスから自分の情報呼び出せる
ーー10月以降、続々と機能が拡充。
マイナンバーカードの裏面に書かれた個人番号をコピーすると違法です。
そんなカードを積極的に持ち歩かないといけないのか?そのことをきちんと説明してもらいたいけど、その話ってでてこないですね
国税庁は10月1日から年末調整控除申告書作成用ソフトウエア「年調ソフト」の無償提供を始めた。スマホ版も提供する。
これは便利そう👀
マイナンバーカード普及に貢献できるか?
ここ数日、2012年に放送されたリッチマンプラウーマン見て「パーソナルファイル」の話題が上がってたから個人的にめちゃタイムリー😭これで確定申告簡単になったら嬉しいな〜😭
マイナンバー普及にはユースケース増やすことが大事ですが、一体化は健康保険証が21年3月、運転免許証が2026年ということだから数年後にはだいぶ普及しそう。
(備忘録)マイナンバーカードは夫婦揃って作成しマイナポイントは取得済み。健康保険証としての利用も来年3月から始まるのでマイナポータルからさっそく事前登録するつもりです。やっとマイナンバーカードの利用環境が整ってきましたので使い倒します。
これ、選択肢あるんかな?
「顔認証付きカードリーダー」なんてモノがあるのか。
年末調整や確定申告の手続き簡略化、絶対やってほしい!社会保険と雇用保険の辺りもぜひ。やったら、失業手当の不正受給なんか、簡単に防げるのに。あとは事務手続きが煩雑な就労証明もいらなくなるぞ。
この取り組みは賛成だが、マイナンバーカードの番号露出のデザインは変更しないのか?
マイナンバーカードは21年3月から健康保険証の代わりとして使えるように。

カルテ情報とかもセキュア状態で連携できるようになったらいいのになあ。

まだマイナンバーカードの普及率は10月1日現在で20.5%。かくいう私も通知カードのままだけど。。
マイナンバーカード用途が拡大
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR