TOP > 社会 > 新型コロナ:雇用調整、非正規で本格化 8月は120万人減  :日本経済新聞

新型コロナ:雇用調整、非正規で本格化 8月は120万人減  :日本経済新聞

18コメント 2020-10-02 21:16  日本経済新聞

企業業績の悪化を受け非正規労働者の雇用調整が本格化してきた。総務省が2日発表した8月の労働力調査によると、非正規の雇用者数は前年同月から120万人減り、完全失業率(季節調整済み)は3.0%まで高まっ

ツイッターのコメント(18)

働けるだけでも幸せ…みんながみんなそうとも限らないけど、とりあえず自分は、働けていることに感謝しておこう。
企業業績の悪化を受け非正規労働者の雇用調整が本格化してきた。非正規の雇用者数は前年同月から120万人減り、完全失業率は3.0%まで高まった(総務省

経済活動の再開で政府は「補償は要らない」ということにしたけど、雇用は悪化し続けている。粗利補償と雇用への補助金が必要
・非正規の雇用調整。20年8月は前年同月比で120万人減少。6か月連続で前年を下回る。正規は38万人増で正規の増加数の3.1倍非正規は減少している。8月の求人数は前月比0.9%増加するが、求職者数は4.7%(5.2倍)増加。
人員整理が進んでいますね、短期的に見ると苦しいですが、余剰なリソースが本当に人手を必要としている産業に流れる動きが生まれるのは良いことですね。
「調整」という言葉は大人の世界ではしばしば口に出すのをはばかられる言葉の代用として使われることに最近気付きました😅

株価の「調整」は下落のことだし、この場合の「調整」はまあ解雇とか雇い止めとかですね💦
今冬はコロナ感染とともに非正規雇用を軸にして雇用悪化がいっそう進みそうですね。短期的対策はもとより中長期的な対策も必要となってきます。
どうしてるんだろう…→
新型コロナ
 
8月は(前年同月より)120万人減
(日本経済新聞)
失業率は3年ぶりに3%まで拡大。非正規雇用の逆風が強いな
雇用調整、非正規で拡大 8月120万人減 飲食や製造厳しく 求職増、企業は採用慎重:総合1面から
雇用調整、非正規で拡大 8月120万人減:
「8月の労働力調査によると、非正規の雇用者数は前年同月から120万人減り、完全失業率(季節調整済み)は3.0%まで高まった。サービス業のほか製造業でも就業者の減少が目立つ。」
8月の非正規雇用者数は前年同月から120万人減というのはなかなか衝撃的な数字。完全失業率は3.0%まで高まる。雇用を作らないと経済がヤバい。

景気が悪くなった→非正規は解雇じゃー
という動きから悲観的な記事をよく見るが、非正規の職種を明示する記事はまだ少ないように思う。実際、外食サとメーカー系は売上自体が下がっているので解雇件数は軒並み上昇している。一方で、IT関連はほぼ変化なし
日経新聞の最新のニュースです、
日経新聞の最新のニュースです、
88888888888888888888888 8月は120万人減
一般職の地方公務員・国家公務員こそ非正規でよい
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR