TOP > 社会 > 東芝、狙うデータカンパニー ポスト半導体の本命  :日本経済新聞

東芝、狙うデータカンパニー ポスト半導体の本命  :日本経済新聞

10コメント 2020-09-29 02:22  日本経済新聞

東芝の再起動が始まった。総合電機から「インフラサービスカンパニー」への脱皮を宣言したが、カギを握るのがデータサービスだ。あらゆるモノがネットでつながるIoTで日立製作所や独シーメンスが先行するなか、後

ツイッターのコメント(10)

東芝さん中計でサイバー・フィジカル・システムズ(CPS)を推進するとあったけど、新たな取り組みが最近目立つ。

工場閉鎖とか部門売却とか多いし、構造改革に積極的だな。
地雷踏みそう。購買データって結構センシティブだと思うんだけど。
重宝されていた重工業産業は変革を求められています。データ自体が売り物になる時代においては日本は強い事を、安宅さんはシンニホンで強調していました。
「GAFAはスマホやネット上のデータ活用で先を行くが、島田氏は「スマホだけで得られるデータは限られている」と指摘する。東芝はPOSの基盤を強みとしてもち、「消費者のデータを持たない企業は今後、勝てなくなる」と語る。
光るか東芝 データで再起動(上)
2020/9/29 2:00
メモリとPOS。ハードウェアの世界から脱却できてないのを、カタカナでそれっぽく言ってるだけに聞こえるんだよね。

10年後はPOSじゃなくて、無人店舗でキャッシュレスが増えてる気がするけど。
調子に乗る〜これは日本人の民族性だと思う、変えることがなかなかできない、だから、いい技術を発明しても、すぐに調子にのって
error品種民族に褒め技にのっかって、騙し取られていた、次回は何の技術を騙し取られるか?興味深く観察してみたい。調子に乗るな〜。
これだけの規模の会社において、中長期を見据えた方向性をトップが示し、短期的な売上・利益を追わずに実行に移していくって考えられないぐらい大変なことなんだろうな…めちゃめちゃ応援。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR