TOP > 社会 > 米最高裁判事に保守派バレット氏 トランプ氏が指名 (写真=ロイター) :日本経済新聞

米最高裁判事に保守派バレット氏 トランプ氏が指名 (写真=ロイター) :日本経済新聞

43コメント 2020-09-27 06:11  日本経済新聞

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は26日、先に死去したリベラル派のギンズバーグ連邦最高裁判事の後任にエイミー・バレット氏(48)を指名すると発表した。バレット氏は保守派の女性で、11月の大統領

ツイッターのコメント(43)

まさに、トランプ氏が米連邦最高裁判事の指名を早めたのは米大統領選への司法の政治利用もだが、もし敗北した場合の自らのロシア疑惑、所得税未納、セクハラ等の大罪から逃れるための策略なのは明白である!
米最高裁判事に保守派バレット氏|


よかったです…
これはトランプ氏の暴走では無い…民主党の暴走を食い止める為のもの…
本当に必要な事をことごとくひっくり返される事があったから…
マスコミだけ見てたら見誤る…
トランプ米大統領は26日、死去したリベラル派のギンズバーグ連邦最高裁判事の後任にエイミー・バレット氏(48)を指名すると発表。バレット氏は保守派の女性で、11月の大統領選に向けて保守層の支持を固めるとともに女性票の
安倍晋三が杉田水脈や稲田朋美を重用するのとは次元の違うヤバさ💦
定命であれば 仕方のないことではあるけれど…。
さんから
保守派6人、
リベラル派が3人という構成
素晴らしいですねぇ😄
こういう状況を見てると、まともに対峙しても敵わないと一部のリベラルが思ってしまうのも致し方ないかも…と思っちゃう。やったもん勝ち、みたいな。
アメリカは最高裁判事が誰になるかでニュースになるけど、日本は俺もそうやけど最高裁裁判官の名前すら知らない。関心すら無いに等しい。アメリカが「正しい」とは言わんけど、国民の意識には「差」あるわ。
よーーし‼️いいぞーーー‼️👍
最高裁判事で、保守とか革新とか層別できる事がそもそも異常じゃないか?客観的に中立じゃないとおかしいだろ、判事なんだから、しかも最高裁の。
さー来週どう動くか・・
正式に指名したか。米民主党は「フィリバスター」を駆使して上院での承認を遅らせるのだろう。今わかる事は米連邦最高裁の共和党指名比率がより高くなるので米国内の混乱はより深刻になるだろうという事。
>バレット氏は中西部ウィスコンシンやインディアナ、イリノイ各州を管轄する控訴裁の判事。人工妊娠中絶に批判的で、個人の銃保有を認める立場だ。
アメリカ持ちに落ちたね。独裁国家。
人工妊娠中絶に批判的で、個人の銃保有を認める立場だ。トランプ氏ら共和党の主張に沿った人選となる。
これで抗議運動が激しい中西部の票をトランプ大統領が確保できる公算が高まった。
就任には上院の承認が必要。上院は共和党が多数派。民主党は11月の大統領選で勝った候補が後任を指名すべきだと訴え。トランプ氏と共和党は大統領選前の承認を視野に入れており、大統領選の争点にも。
トランプ大統領は、ギンズバーグ判事の後任にバレット氏を指名すると発表した。上院は共和党が多数派を占めており手続きが進めば承認される公算が大。
バレット氏は「私は合衆国憲法を愛している。能力の限り職務を全うする
バレット氏は保守派の女性で、11月の大統領選に向けて保守層の支持を固めるとともに女性票の獲得を狙う。就任には上院の承認が必要になる。上院は共和党が多数派を占めており手続きが進めば承認される公算が大きい。
〜29日の大統領候補者討論会で6つのトピックの一つが「最高裁」、選挙戦の争点にもなっているが、上院は共和党が多数で手続きが進めば承認される公算が大きい
「11月の大統領選に向けて保守層の支持を固めるとともに女性票の獲得を狙う」
 (写真=ロイター) :日本経済新聞
米最高裁が数十年にわたり、保守派の「牙城」になる可能性が強まりました
是非は別にして、終身制の最高裁判事を時の大統領が指名できる制度でトランプ氏は3/9指名することになるんだからすごいシステムよな。
アメリカのメディアは、何処かの記者クラブのように落ちぶれていない。これから白か黒か或いは黒に近いグレーかの追及が始まるぞ!。。
銃規制や人口妊娠中絶など、宗教的倫理感の問題に関わる問題を判断することになります。
私も長い間米国に住んでいた経験が有り、表面的な文化、習慣には馴染めたが、本質的な部分は理解出来なかったように思います。
議会攻防戦の趨勢でほぼ決まりそう。
頑張れ!…トランプ大統領!👍
頑張れ!…バレットさん!👍
ホワイトハウスは「米国で最も才能があり、法的思考ができる知性の持ち主だ」と指名された人を評価していますが、本当かどうかは別にして、指名理由としてはすごくシンプルかつ納得感ある。:::
マジかよ。RBGの最後の願いを無下にして保守派を置くのかよ。
米国でも意に沿う判事に替えてしまうやり方で自分に有利な司法判断を引き出そうとする企みです。日本でも意に沿う裁判官を配置して私達国民の訴えを退ける裁判が見受けられます。
世界も、🇯🇵も禁じ手と今まで言われてきた手を平気に使うように生ってる気がする…
バレット氏は保守派の女性で、11月の大統領選に向けて保守層の支持を固めるとともに女性票の獲得を狙う。
バレット氏は中西部ウィスコンシンやインディアナ、イリノイ各州を管轄する控訴裁の判事。人工妊娠中絶に批判的で、個人の銃保有を認める立場だ。トランプ氏ら共和党の主張に沿った人選となる。
お、事前の予想通りの結果になったね。
個人的にはもう一人の有力候補だった人が良いなと思ったけど、まあ今の状況だと難しいよね…。
この人は保守派で人工中絶反対の人だけどそこら辺はあまり影響しない気がする
女性判事決まったね。

トランプ大統領再選も決まったかな?
リベラル派の票がどれだけ大きいか。
個人的にこの判断は誤りと予想。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR