TOP > 政治・経済 > スリランカ、日本支援の鉄道事業を撤回 中国意識か (写真=ロイター) :日本経済新聞

スリランカ、日本支援の鉄道事業を撤回 中国意識か (写真=ロイター) :日本経済新聞

32コメント 2020-09-25 19:04  日本経済新聞

インド洋の島国スリランカが、日本が支援する鉄道整備事業を撤回する考えを示した。総事業費が2500億円規模と、1カ国による支援としてはスリランカ最大の事業であり、同国が中国への経済的依存を下げる動きの一

ツイッターのコメント(32)

おおぅ、報道番組がなぜか報道しようとしないこのニュースを、お昼のワイドショーが解説しとる。ウイグル報道での「中国当局のチェック」発言といい、(たまに)攻める番組だなぁ。(2020/9/25記事)>
(2020/09/25)

同事業はシリセナ前大統領時代に日本側と合意したもの。シリセナ政権は過度の中国依存の修正を掲げ、日本やインドなどとバランスの取れた外交を目指した。一方、19年11月に就任した…
借金の貸主を日本に切り替えて欲しくて、日本はスリランカで戦ってる。

中国基準の鉄道が多いので、日本を諦める事が賢明でしょう。
勿論、選挙のために、ひっくり返すことも考えられるので、何も定まらない繰り返しかもしれない。

若しかしたら、値下げの交渉のために❓
引用「総事業費が2500億円規模と、1カ国による支援としてはスリランカ最大の事業であり、同国が中国への経済的依存を下げる動きの一環と見られていた。実際に事業が撤回となれば、同国が再び中国依存に傾く懸念が強まりそうだ」、、

スリランカ 日本支援鉄道事業撤回
⚡️インド洋の島国スリランカが、日本が支援する鉄道整備事業を撤回する考えを示した。総事業費が2500億円規模と、1カ国による支援としてはスリランカ最大の事業であり、同国が中国への経済的依存を下げる動きの一環と見られていた。
田北さんご指摘の日経新聞の記事、スリランカの日本支援鉄道事業を撤回というニュースはこちら。
・スリランカの鉄道事業撤回。20年9月26日。総事業費2500億円規模。ハンバントタ港は中国側に99年の運営権を譲渡。
中国に頼った国がどうなったか、ちゃんと分かってるなら問題無いですが。
日本は技術移転しますが、中国は何時までもお金取られるみたいですからねぇ(^_^;)
スリランカ終了のお知らせ。
↑↑↑
中国に頼りたいんで有ればそうすればいい!
日本は知らない‼️😣😊
結局、発展途上国の政治家は金で動く。
この場合は大統領がズブズブ
西側が賄賂を使えない以上、中国からドルを取り上げる(吸い上げる)のが一番。
日本の鉄道の海外展開、明らかにチャイナに邪魔されてんな。肝がヒエヒエですよ…
大丈夫か、スリランカ?

そこまでしてインドと真逆に行く必要はないんやで?
近年スリランカは「政治的」に親中と反中を揺れ動く。

独裁制的に意図したものにせよ、民主共和制的に意図せざるものにせよ、小国にとって産業経済領域でチャイナとの距離を臨機応変にとるのは最適(少なくとも現外交環境フェーズでは)。
但し日本資本が入れないのは残念だ。
日本を切って中国に鉄道事業を任せたものの、いつになっても完成せず結局日本に再依頼するインドネシアと同じ道を歩みそうな気もする(´・_・`)
この段階で打ち切るかぁ・・
>実際に日本支援の鉄道事業が撤回となるかは不透明
>運輸省高官が「為替相場の問題で一時的に停止した。他のプロジェクトも中断している」と述べ

なるほど?
中国の存在感を無視できなくなっている
日本も外交政策をねるように。海外各国も自国第一主義を出している。トランプが口火じゃないか
スリランカの対中依存を修正してする、インド太平洋のインフラ開発ででかいプロジェクト。実際に撤回となると影響、余波がありそう。
スリランカ、日本支援の鉄道事業を撤回で
中国を意識か?とのこと。
恐るべしチャイナマネー。
しかし一帯一路の顛末や、
インドネシアの新幹線の現状を知らないのかな?
大丈夫だろうか…。
スリランカが日本が支援する鉄道整備事業を撤回する可能性。債務の罠にはまり港湾の運営権を譲渡した中国への経済的依存を下げる動きとも見られていた。中国の支援は労働者も中国から輸出するので日本のものの方が比較の仕方によってはプラスのこともあると思うけど。
日本や他国もそうだけどまだまだ中国離れは厳しそうだね。
一文惜しみの百失い。
覆水は盆に返りませんよ。
国際協力機構(JICA)と約300億円の円借款契約を結んで、起工式も開いたのにドタキャン www
中国依存で大借金を抱え、その教訓で支援の受け入れを分散したはず。内幕がまだわかりませんが、再び、中国依存に戻るのでしょうか?
スリランカ、日本支援の鉄道整備事業を撤回
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR