TOP > 社会 > 新型コロナ:マンション、コロナ禍で崩れる「都心・駅近」神話  :日本経済新聞

新型コロナ:マンション、コロナ禍で崩れる「都心・駅近」神話  :日本経済新聞

44コメント 2020-09-28 02:17  日本経済新聞

先行き不透明感が漂っていた国内の住宅市場に変化が起きている。きっかけは新型コロナウイルスの感染拡大。在宅でのテレワーク移行に伴い、郊外のマンションや戸建て住宅の販売が上向き始めた。新築一辺倒ではなく

ツイッターのコメント(44)

先日の池本さんの講演では購入意向調査ではなく、SUUMOが5,000円払って集めている購入者対象のアンケートを素材にコロナ前後の比較をされていてとてもおもしろかったです。
「テレワークで都内に住む必要性がなくなったため、環境重視で鎌倉に決めた」。(略)高級マンション「ザ・パークハウス鎌倉」の一戸を購入した1人はこう語った/億ションを買える人だからどこにでも住めるのでしょうが🤔
@cafelatte88 場所によっては引っ越しも大変そうですね
日鉄興和不動産などが12月に販売開始予定の「セントガーデン海老名」1街区。19日開設のモデルルームには22日までの4連休に140組強が来場。都内や横浜市から訪れた家族連れも多かった。
こいついつも崩れてんな
この「逆回転」が一過性のものなのか、長期的なトレンドなのか興味深い。 新型コロナ:マンション、コロナ禍で崩れる「都心・駅近」神話
それでも都心がいいなぁ😌✨
そもそも金持ちって車所有してるから駅近に拘りなく、山の上でも平気な人ばっかりだけど🤔
なんか今車も売れてるってディーラー勤めの友人からLINEが最近きた、6月からガンガン車が売れてると🤣
いやいや、結局都心の駅近に限る。
記事によって視点が変わる。
ほい来た、不動産の次の潮流
人の住む場所が変わり移動すれば需要は喚起される。都心から離れた戸建て住宅の需要が高まる。一方、中低価格帯のマンション価格も一旦は値崩れするが、都心需要は根強く、価格調整が行われることで、全体的な住宅需要がさらに高まる可能性もある。経済は循環から始まる。
おういいぞどんどん都心の価格下げてくれ
テレワーク推奨やIT事業への給付により、今後さらに地方へ移住する方が増える可能性がある。
オフィスに通わなくてよいのならば家賃の高い都心に住む意味はあるのか、という疑問が都民の頭に深く根付いた。
地方ビジネスが活性化する日が来るのか。
今後の動きに注目したい。
パラダイムシフト💞
広い家の需要高まってる
社宅期間終わると引っ越さないといけないし、次は郊外になるかもなあ
@stffkabu もしかしたらこれでしょうか。

マンション、コロナ禍で崩れる「都心・駅近」神話
マンション、コロナ禍で崩れる「都心・駅近」神話 そうねぇ。
グラフは一見それっぽく見えるが、よく見るとカウントが発売戸数で、これは需要ではなく供給のグラフ。少なくとも成約数で見るべき。ただ、駅近5分神話は確かにリセールバリュエーションのPrice(価格),Place(エリア),Plan(間取りと設備)の3軸KPIは業界で再考が必要。
ワークスペースを確保できる広さに着目して同じ予算内で探すと、自然に都心・駅近から離れていきます。
「マンション、コロナ禍で崩れる「都心・駅近」神話」
子育てもレジャーも都心は向かない。
在宅でのテレワーク移行に伴い、郊外のマンションや戸建て住宅の販売が上向き始めた。新築一辺倒ではなく中古物件も健闘している。
そんな神話があったのか
[日経] マンション、コロナ禍で崩れる「都心・駅近」神話


在宅でのテレワーク移行に伴い、郊外のマンションや戸建て住宅の販売が上向き始めた。新築一辺倒ではなく中古物件も健闘している。新型コロナは人々の住宅に関する考え方を変えつつある。
リクルートが5月に実施した住宅購入意向調査では消費者ニーズが都心から郊外に転じている変化が顕著に現れている。昨年12月調査では住宅購入の際の条件として広さを重視する人が42%、駅近を重視する人が40%と拮抗していたが、今回は広さ派が52%、駅近派が30%と差がついた
> 都内で4千万~5千万円だと1~2LDKが中心だが、都心から車でも1時間半程度離れた海老名の物件は4千万円台で3LDKの物件が購入できる。
グラフを見てみよ

新型コロナ:マンション、コロナ禍で崩れる「都心・駅近」神話  :
とはいえ女の子を子育て中のご家庭なんかは駅近立地を重視したほうがいいと思います、個人的には🏠
とはいえ、駅近は大切なポイントだと思うけど。
通勤の問題だけじゃない。
「住んで埼玉」の時代が来た!!
当面はこれが続くのだろうか。
都心に広い家を買える富裕層は都心に住み、テレワークできる中間層は郊外に家を買う感じだろね。
「テレワークで都内に住む必要性がなくなったため、環境重視で鎌倉に決めた」正に神奈川
崩れる?
都心・駅近神話
一過性でないと良いがな。都心、駅近も利便性や再販性で必要だが先ずは災害に強い場所を選ばなきゃ。在宅勤務やテレワークだからといって崖や浸水地域は駄目。勿論、津波も考慮のうち。断層も調べた方が良い。
本当に郊外物件買ってるんだ… 日本の郊外物件は換金性が低いので住み倒す覚悟が必要だと思うけど。

「都内の発売戸数(全体の45.4%)こそ前年同月比43%減だったが、千葉は296%増。神奈川や埼玉も大幅増となった。しかも神奈川と埼玉は2カ月連続で前年同月を上回った。」
「コロナ禍で崩れる都心・駅近神話」という題名なのに、本文では「都内でもテレワークを意識したマンションは人気だ。三井不動産の「パークタワー勝どき」は個室付きのテレワークスペースを設けるほか、仕事部屋に間取りを変更できる」と神話が維持されているPTK。
へええ…
無駄な通勤をしなくて済む状態が続くと良いね
うーんやっぱそうだよねぇ…。
都心派としては、都心が安くなるのは嬉しい
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR