TOP > 科学・学問 > 日本の研究力低下、つまずきは若手軽視: 日本経済新聞

日本の研究力低下、つまずきは若手軽視: 日本経済新聞

61コメント 2021-01-17 11:46  日本経済新聞

科学技術が経済や安全保障を左右するいま、日本の研究力低下が止まらない。米欧の後追いを脱却しようと、国は1996年度に科学技術基本計画を打ち出し、90年代後半には米国などに次ぐ地位を誇った。その後も世界...

ツイッターのコメント(61)

若手重視のシステムを作るのは急務だと思うけど、他の産業と同様に蔑ろにされてきた氷河期世代を飛ばしての優遇措置ばかりだと歪みが出るよ。
仮に10割と言われても驚かない。
やりたくない仕事TOP3に入るのは、上司のための仕事。
あっ、これ上司の手柄のためにやらされてるな、と悟ったときの絶望感を忘れられない😩
花見で買収する予算はある

抜粋↓

「科学研究から経済成長に必要なイノベーションを搾り取ろうとしたが、明確な成功はなかった」。英科学誌ネイチャーは8日付の論説で、約7年半にわたる安倍政権の科学政策を総括した。
若手軽視じゃなく技術者に金を出さないからだろ
そもそもそんな会議あるのさえ知られてない気がする
「安倍晋三前首相は… 首相がトップの科技政策の司令塔を「総合科学技術・イノベーション会議」に改称するなど…」

//
役に立つ、モノになる研究が最初から分かっていたら誰も苦労せんのよ。投資なんだから。
まずは、運営費交付金と競争的資金の比率を元に戻せばいいんじゃないだろうか。(総額を増やすべきかどうかは別の話。)

>若手研究者を支援する政策パッケージを公表したが、抜本改革にはほど遠い。
これを読むと、なんかもう取り返しがつかない気がするな…。大学の予算を独法化の前の水準に戻すしかないと思うけど、それが行われる可能性は10000%ない気がする。/
これ研究力以前に、日本の「24時間戦えますか」みてえな人権軽視がそもそもの問題なんだよ
あー、また若手と年寄りの対立を煽るようなタイトルを…
apjさんも言ってたけど、これで定年退職を早めて年寄りを切っても根本的な解決にはならんからね。若手もじき年寄りになるわけだし。
日本の宝ともいえる研究者にカネも出さず成果を上げれば手柄にし、害悪ばかりにカネを出す日本の為政者ども。。
研究者の方々は頭が良いのでそりゃ日本にはいないでしょうな。。
自分ももっと勉強して海外移住すればよかったな。。
「有馬朗人元文部相は(……)と憤る」いやあんたは「憤られる」側の人間だから。憤る権利はない。/
多くの大学では講座制はとっくの昔に廃止、科研費も若手枠があるので、制度が古いから低下したわけじゃない。法人化と運営交付金の減額と競争的資金を増やしたのが原因。 >
ちゃうね。失敗を成果として認めず金を付けないことが問題。特に基礎研究分野において。失敗は「仮説の棄却」の発見であって歴とした成果なのに。失敗から新たな仮説を設定することが出来て前進できるのに。誰もが失敗せずに金になりそうな簡単な応用研究しかしなくなる。
ありゃ、読めない(笑)さすが、
抜け目無い(笑)と、政府や、
政治家、公務員は、60歳で、

退職させて、人数も半分に!
企業も若手を、トップや重役に!
能力有る方々を(多少リスク有っても)、

先頭で復活⭐
国内で潰されるよりは遥かにいいこと。人類の科学の発展は日本にも恩恵が来る。潰されたらゼロだから。

>「日本神経科学学会で優れた若手をたたえる奨励賞を海外で受賞した人の行方を調べたところ、9割が日本に帰国せず海外で自身の研究室を持ったという」
こっちでも言われてるけど、とにかく金よ。
金で全ては得られないけど、金で不要な苦労や悪環境は排除できるんや。金が無いと大事なこともできやしない
>科技立国 落日の四半世紀

アメリカに中国に魂を売ったのではない、日本が単に見限られただけ (*´∀`*)
格差を打開する一つの手段は教育。国立大学にこそ潤沢な資金を注入し、授業料は無料か格安にして、人を育てるべき。
研究だけでなく何もかも若手を軽視というか無視しとるからや。
「つまずきは若手軽視」

分かっていませんね、違いますよ。若手だけじゃない。「科学者軽視」、ひいては「専門家軽視」です。
日本の研究力低下、つまずきは若手軽視
『「日本は人件費が無料で研究させられるから良いんです」。ノーベル化学賞受賞者の野依氏は日本の大学教授にこう言われてあぜんとした。氏は「博士課程の学生はただ働きで日本の現状は憲法の精神に反する」と批判』
日本神経科学学会で優れた若手をたたえる奨励賞を海外で受賞した人の行方を調べたところ、9割が日本に帰国せず海外で自身の研究室を持ったという。
若手軽視は原因じゃなく、大学予算、人件費や研究費の削減の結果だよ。パイの大きさを変えずに若手を重視したら、中堅以上が割りを食うだけ。しかも恩恵を受けるのは、若い時に分かりやすい結果を出せた一部の…(文字数
原因がシンプルにそれだけならいいねえ。
若手軽視と言うか成果主義なら当然成果るものしかやらない訳なので成果出そうな事と成果出したやつにしか行かないので当たり前の答えじゃないかな?
ムーンショットできっと大丈夫!一本釣りですよ!! ですかね
"「日本は人件費が無料で研究させられるから良いんです」。" /
じじいばっか優遇してる日本らしい結末
エンタメ業界もクリエイター、デザイナー、技術職の方々も国外にでられて国籍変えたり拠点を国外にして活躍されてますからねぇ…。

若手軽視ないし、専門知識、専門分野の方々の価値は日本だと軽く感じるのよね。
若手軽視、異形の講座制など、懸命に戦犯を探してますが、現場の声を聞かずに「選択と集中」を継続し、研究の裾野をひたすら削り取った結果として現状があるのだと思います。NISTEPの定点調査を見れば、いかに長い間研究者の声が無視されてきたかが分かるでしょう。
若手軽視は原因ではなくて結果では?僕が学生の頃には既に定年で退官した人のポスト消滅が当たり前になっていて、研究者を雇用する余裕が大学からかなり失われていたよ。/
おいおい、冗談は止めてくれ。日経新聞が絶賛してきた緊縮財政を続けた結果だろうが。
ずっと、そういう政策をとってきたからね。
原因と結果が一致しているんだよ。

日本の研究力低下、つまずきは若手軽視(写真=共同)
「若手軽視」はある意味結果であって,実際には国立大学の独法化と運営交付金の削減.これによって新規採用枠(若手ポジション)を凍結せざるを得なくなっているというのがここ20年近く起きている現象.

--
そらそうだ
これは読んでおかないとね。
---
これだけ読むと日本は既に後進国なんですよね。環境、収入…諸々考えても日本にいる意味がない。

若くて優秀な研究者は自国には戻れない。
「科学技術が経済や安全保障を左右するいま、日本の研究力低下が止まらない」っていう書き出しのインパクト、すごいな。1文目は大事だなとつくづく思った。
若手軽視は問題の一つ。それよりも基盤的予算がなくなり、予算獲得に時間を時間を割きすぎている割に競争率が高すぎて予算不足の大学・研究室が多いこと。ここ10年ノーベル賞を獲得できている理由は予算が減る前の成果だから。→日本の研究力低下、つまずきは若手軽視
何をいまさら…

日本はどの分野も、人を雇うための予算が認められない。

博士の定員増やして、学位取得後の職がないんだから、若手なんて育たないでしょうに。
”有馬朗人元文部相は「国立大学の法人化に伴い、交付金を削減したことが大きな間違いだった」と憤る”
もうずいぶん昔のことなので忘れた方も多いかもしれませんが。この件の主犯は有馬朗人。
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるのに、当たるかもしれない鉄砲を数発しか撃たなかったので全滅した。 --
自業自得としか言いようがない 笑
#日本の研究力低下

「論文の数は国の基礎科学力を示す。被引用数が上位10%の注目論文シェアで、日本は96~98年の平均で世界第4位だったが、16~18年は第9位。注目論文数は中国が42倍、米国2割増と多くの国で増えたが、日本は1割減った。主要国で日本だけが取り残された」
緊縮により日本の土台となる科学力を破壊し尽くした自民党。
論文引用数がスペイン以下に。
韓国は日本が見上げる国に。
若手軽視というか研究軽視なような…?
鶏と卵だけど、学界に資金力がなさ過ぎて、そこに残ろうとする研究者たちのコミュニティに気に入られようとするボランティア労働が多すぎる。言い方悪いが、限界集落。
もう一つ重要な話として日本が資金を出している海外からねか国費留学生が日本で働く場がないとカナダやオーストラリア等の海外に流出している。日本が育ててた人材も日本では活かされず海外の成長へと取り込まれていく。残念。
日本の研究力は中国などの後じんを拝し、今では世界9位に沈んだ。日本はどこでつまずいたのか。落日(引用)
海外で優秀だと評価された日本人の殆どが、海外に残って研究室を持っている点に驚きました。

能力がなくて日本に研究室を持てず、海外に行っているのだと主張するツイートを見たことあるのですが、違うみたいです。
いや、その若手って50代も含むやろ
今更言われても。
記事の本題から外れるが、イタリアが想像以上に健闘しているところが気になった。オーストラリアは人口2500万人と思うと、それもすごい。
有料記事だけど、なんというかこういう1990年代の日本は凄かった論を見るたびに「いや、前世紀末の日本が冷戦ボーナスの結果異常なチート状態だっただけな上に中国が長らく不憫だっただけw」と言いたくなるのよな。日本の自滅と中国復権で漸くそれが正されのたとしか思えん。
日本の研究力低下、つまずきは若手軽視
て言うより,研究者全般軽視だからなあ.
現に若手だけじゃなくて,実績有る層も流出して問題になってる(千人計画とか)でしょ.

財務省や企業が出すべき金を出せば良いんだよ.
少し前の記事ですが歯止めをかけないと日本の将来はありません。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR