TOP > 政治・経済 > ソフトバンク株1.2兆円売り出し きしむ証券営業  :日本経済新聞

ソフトバンク株1.2兆円売り出し きしむ証券営業  :日本経済新聞

52コメント 2020-09-23 23:02  日本経済新聞

ソフトバンクグループ(SBG)による通信子会社ソフトバンク(SB)の株式売り出しが9月23日に完了し、投資家に株券が受け渡された。1.2兆円と民営化案件を除き過去最大の規模だったが、全株を売り切った。

ツイッターのコメント(52)

素人目線だけど、ソフトバンクKK株なんか買う人間の気がしれない。政治見てないんか。
きしむ証券って名前の証券会社の営業の話かとおもた…
きしむ証券営業:7%と高い配当利回りや事業の安定性を評価する個人が応募した。ただ、主幹事によると、国内の個人からの応募数は、割り当てた株の1倍超どまり。あるSB幹部は、「親会社の都合とはいえ、せめて5年はあけてほしかった」とぼやく。
《IPOで株を買う個人と機関投資家の比率は、米国は7~8割がプロだが、日本は7~8割が個人と正反対。プロが売買を主導しないため価格形成がゆがみやすいとの指摘》
東証一部大型案件の公募は個人にとっては 少しありがたいけど
有料記事だけど、登録すると月10本まで無料で読めます

日本株を買うのは本当に難しい…だから企業や投資家は既に海外へ軸足を移した
なお個人…火傷でも亡くなること有るからね🥺
証券会社の皆様お疲れ様でした…!
IPOで株を買う際米国は7~8割がプロで日本は7~8割が個人と正反対。
だから営業は大変ですね。

10/6にはキオクシアが上場、また幹事証券は大変そうです。
こんな値段で売出しさせてくれるならPEファンドとかどうやっても損しないんじゃないのと常々思ってきたけど、長期的に対面証券の販売力が低下していく将来においては通用しなくなっていくのかも。
個人に頼る状況での売り切れ💦



証券会社の営業部隊は販売に腐心し、受け皿を個人に頼る日本の証券営業のひずみも浮き彫りになった。
昔の証券会社の手法
現金渡さないと買ってくれない時代か
>IPOで株を買う個人と機関投資家の比率は、米国は7~8割がプロだが、日本は7~8割が個人と正反対

日本のIPOは小粒過ぎて機関投資家は手を出せないよね😇
証券会社の営業マンの皆さま…「お疲れさまでした!」

公開価格1,204.5円
現在株価1,253.0円

4%含み益!!
このサイズを売り切るのは流石の底力である一方で、普段は頻繁に売り買いしない層に押し込むことで現場は疲弊、その後株価が低調だと個人投資家がやられの悪循環。あまり個人ウケしなそうなキオクシア、無難に乗り切ってほしい。。
こりゃ凄いな(*_*)
ソフトバンクは球団を持ち最も身近な携帯という商品を抑えることで実態以上の安定感があるブランディングイメージを作り上げ、実態リスクに見合うWACC以下のコストで調達している

と思ってしまう
もうファンドの動きだもの
孫さん大好きだけど、これはちょっとやばかった。
SBを売ったことが悪いのではなく、売るタイミングとか、額がえげつなかった😌
既存株主はたまったもんじゃない。
ソフバン、日本郵政、キオクシアの売出しって、なんか低迷する日本って感じでアレだな。
証券営業マン捌くの大変そう
ご苦労様〜
「(証券会社は)公募・売り出しやIPOとなると、昔ながらの姿に戻ってしまう」
人気のない株をさばくのは大変で、昔はパリティーが100円を上回るCBを優先的に割り当てる約束をして売っていたことも。
「IPOで株を買う個人と機関投資家の比率は、米国は7~8割がプロだが、日本は7~8割が個人と正反対。プロが売買を主導しないため価格形成がゆがみやすいとの指摘がある。」
「日本の証券界は、個別株を富裕層に販売し、手数料を稼ぐ営業が主流だった。無理な営業への反省から、顧客の資産全体を踏まえた助言や、分散効果の高い投資信託の販売に軸足を移したが、公募・売り出しやIPOとなると、昔ながらの姿に戻ってしまう。」
どういう人の意向でこういう記事って書かれるのかな?

海外販売について書いてないのも、片手落ちのような気もするけど
PO申し込んだら現金やらポイント還元って、証券会社自体がお願い営業になっちゃってる...

なんというか、コレって本当に本来あるべき姿なんですかね。

違和感だ。
ソフトバンクグループによる通信子会社ソフトバンクの株式売り出しが完了。1.2兆円と民営化案件を除き過去最大の規模。証券会社の営業部隊は販売に腐心し、受け皿を個人に頼る日本の証券営業のひずみも。
みずほ証券が5〜600万円で5000円でキャッシュバックしてソフトバンク株を売った、って目先の5000円で釣られる人って…。(´・ω・ `)
SBI証券はSB株に大量のIPOチャレンジポイントを付与して販売。
証券会社は全株を売り切ったとのこと。
10/6上場予定のキオクシアは大幅に仮条件が下がったからまだマシなんかな?ソフトバンクの時って確か仮条件が1,500円一本だった気がする…。今考えると凄いですね。

【真相深層】
証券会社が売りたい株は買うな。原則。
みずほ証券は8月末から「現金プレゼントキャンペーン」を始めた。IPOや売り出しを対象とし、投資額が500万~600万円なら5000円還元。
当たってしまうぞキオクシア

米中摩擦の渦中にある業界だけに「キオクシアはもっと自信が無い」。ある証券マンは嘆く
株券発行会社だったのかーっ!

>ソフトバンクグループ(SBG)による通信子会社ソフトバンク(SB)の株式売り出しが23日に完了し、投資家に株券が受け渡された。
ウォッチしてるけど、買う気しないもんな>【真相深層】
引用

無理な営業への反省から、顧客の資産全体を踏まえた助言や、分散効果の高い投資信託の販売に軸足を移したが、公募・売り出しやIPOとなると、昔ながらの姿に戻ってしまう。
大手証券も現金をばらまかないと営業できなくなったんだねw
衰退産業の成れの果てか
押し売りは業界が疲弊するだけだけど・・
引き受け手数料膨大なだけ・・
欲しくない物を売りつけるような業界はこんな情報社会の中では成り立たなくなる事を関係者が理解しないと・・
だが難しい・・
ソフトバンク株過去最大の売り出し
ソフトバンクグループによる通信子会社ソフトバンクの株式売り出しが9月23日に完了し、投資家に株券が受け渡された。1.2兆円と民営化案件を除き過去最大の規模だったが、全株を売り切った
あるSB幹部は、「親会社の都合とはいえ、せめて5年はあけてほしかった」とぼやく

孫さんの錬金術に、皆さんよくついていってますね
私なら、9434も9984も買いません
米中摩擦の渦中にある業界だけに「キオクシアはもっと自信が無い」。ある証券マンは嘆く……SBMほど勧誘はないな
「キオクシアはもっと自信が無い」に吹いた
分かるわー
>1.2兆円と民営化案件を除き過去最大の規模だったが、全株を売り切った。もっとも、証券会社の営業部隊は販売に腐心し、受け皿を個人に頼る日本の証券営業のひずみも浮き彫りになった
ネガティブな事ばかり書いてあるが、1204.5円でSB株を買わせたことが、個人投資家にとって悪かったとは思わない。配当を得ながら持っていればいいだろう。少なくとも、変な投信を買わせるよりも遥かにましだ。  きしむ証券営業
今回、SB株を売り出したのは親会社のソフトバンクGだ。財務改善や株主還元のために資産を売却しており、SB株では保有比率を62%から40%に引き下げた。野村証券によると1.2兆円は上場後の追加売り出しとしては民営化案件を除き最大。
1.2兆円と民営化案件を除き過去最大の規模だったが、全株を売り切った。もっとも、証券会社の営業部隊は販売に腐心し、受け皿を個人に頼る日本の証券営業のひずみも浮き彫りになった。
「2018年12月の新規株式公開(IPO)の時とは違って、今回はSB株の売り出しへの応募を見送った。」
結論は、配分は100株のみでしたが良き水準だっあかと。
こんな記事出てますが、1204.5円が、終値で1270.5円。
損でることがなく良かったです!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR