TOP > 政治・経済 > 三菱自「アイ・ミーブ」生産終了へ 世界初の量産EV  :日本経済新聞

三菱自「アイ・ミーブ」生産終了へ 世界初の量産EV  :日本経済新聞

67コメント 2020-09-18 18:02  日本経済新聞

■2009年に販売開始、20年度内にも終了へ■米テスラ製のEVなどに比べて性能劣る■コスト削減進まず、競争力で対抗できず

ツイッターのコメント(67)

逆によく今まで続けてたって
〈日本や欧米を中心に50カ国以上で販売してきたが、米テスラ製のEVなどに比べて性能が劣り、販売も伸びなかった。EVは新規参入が相次いでおり、資金や開発力に乏しい企業が淘汰にさらされはじめた。〉
ちょ...ま...は?
未だにあれ作ってたの?
とっくの昔に生産終了なってるもんだと思ってたわ
間接的に、日産の、俗にいう意味での歴史修正主義の牽制にもなっている。

2020-09-18
劣る性能、販売も伸びず。/
日本が世界で戦えたのは自動車
ガソリン車の次が電気自動車
あっさりとテスラにシェアを奪われてしまった
落日
折角クルマの電動化で他社に先んじたのに後が全く続けられないままこの決断…他の何よりも愚かしい失策だろうとは思うけど
終了以前にまだ生産してたことに驚いた
iMeivは出て直ぐレンタカーで乗った。出足の良さはモーター駆動の長所で気に入った。消えるのは非常に残念。epocだった。
そうかー、残念。個人的には好きやったんやけどね。本当に量産化したEVの先駆け。例えるなら旧ザクみたいなもんか。
i-MiEVがあったからこそ、今のEV市場がある、と言えないところが最も残念だけど。
運転させていただいたことのある唯一のEV車でした。スタイルも特徴的だし、静かなのは良かったです。航続距離がいつも心配なのは結構大変でしたね。経営難から予算配分が厳しかったのでしょうねえ。
あら。
軽ベースだし、高価な割には性能面でももうひとつだったので、仕方ないか。。
「EV開発に継続して投資する資金的、人員的な余裕が無かった」
累計販売2.3万台。PSAへのOEMは流石に別カウントだよね?
企業がイメージ戦略で結構な台数をリースで入れてたけどそれも見なくなったな。
「三菱自もアイ・ミーブの次となる軽自動車型EVを日産と共同で開発中で、23年度までにも投入する見通しだ」 次期EK EV今年投入のはずが3年延びてしまった
なんとも皮肉な。今電動自動車市場は盛り上がっているというのに。
航続距離で重要なバッテリーの性能が伸びてるので、モデルチェンジすればいいだけのような気がするのですが、将来的に伸びるであろう分野に投資をしないとメッセージを出すと、三菱の評価が決まりますね。
度重なる不祥事が痛かった。
#三菱自動車
#アイミーブ
三菱は他社に先駆けていろいろな挑戦を仕掛けるんだけど、後から来たのに追い越され過ぎて自然消滅していくものが多いのが残念。
パジェロに続き… 〜
不振の原因はEVの性能の決め手となるリチウムイオン電池への投資を怠ったこと」
三菱自、もうズッタズタやな……
i-MIEVの後継モデルとなる三菱の軽EVは、ひょっとして去年の東京モーターショーで日産が出品したIMkとの兄弟モデルになるのかな…。
寂しい😢
ベース車のiは中古で欲しかったり… /
パジェロに続き
■アイミーブ生産終了

三菱のEVアイミーブが今年度で生産終了みたいだけど、正直まだ作ってたんだって感じ。
しかも登場から11年も経っていたとは。

今後はいま日産で開発中の軽EVにチェンジするってことですね。
これが日本の製造業の現実。先行して開発した技術も、市場を創造し売れる仕掛やシステムを構築できなければ、宝の持ち腐れとなってしまう。かつてMP3プレイヤーが濫造された頃も、iPodが後発優位で一気に市場を取った...
世代交代か…ミニキャブミーブは残ってくれるだろうか?
1車種の終了だけでなく、企業の淘汰として記事を上げている点が、恐ろしい発想だと思うが、実際そうなのかなあ?
パジェロもランエボもやめたし、もうカスしか残らんやん
「米テスラ製のEVなどに比べて性能が劣り、」とか書いているけど性能として劣っているのは高速道路での追い越し性能と積載容積だけだよ。アイテムの販売成否を分けるのは性能ではなく、プロデュース。
アイ・ミーブ、2009年からの11年間で販売台数がわずか2万3000台とは、酷すぎる実績
これ誰が責任を取るのか?

ちなみに日産リーフは2010年からの10年間で50万台

テスラは2019年の1年間だけで36万台
三菱アイの開発は2000年に始まった。RRパッケージの利点を活かしてEV化されたのが2006年。以来、今日まで実用車として世界中で販売され、収集した情報をユーザーに還元し続けた。日経には悪いが、テスラの開発力が三菱自動車より優れているとは到底思えない。
厳しい内容の記事。三菱はPHEVでもっと攻めて欲しいなぁ。

「資金や開発力に乏しい企業が淘汰にさらされはじめた。」
「EV開発に継続して投資する資金的、人員的な余裕が無かった」
大好きでガソリンアイちゃんをこの間までずーっと乗り続けて半年くらいi-MiVE乗ってた
確かにMiVEは航続距離が問題だよ
アイ大ファンの私でさえ耐え切れずに、今の車に変えちゃったんだもの…残念だな
早すぎたか・・・
デザインを変えたりシステムを改善して作ればいいのに
「アイ・ミーブの次となる軽自動車型EVを日産と共同で開発中」って、同じ誤ちおかしそう。
街中で見かけたら可愛かったなぁ。
テスラより性能劣り?何年も前の車だがコストパフォーマンスは劣ってないのでは?なんて悪意ある報じ方なのかね。
買い替えでとても高額なバッテリーの処分が…
>三菱自もアイ・ミーブの次となる軽自動車型EVを日産と共同で開発中で、23年度までにも投入する見通し

EVから撤退かと思ったけど、次世代EVの開発は進めてるみたい。23年度まで会社があるのかわからないけどw
これで一つの時代が終わったな
世界初の量産EV:日本経済新聞開発は早く、他社に競い負けするのが三菱、パジェロ、ランエボで負けるお粗末な経営者の責任は重い。日産でもGTR、Zを出し尚、電気自動車でも三菱よりマシだ。飛行機、車〜お粗末!
すくなっ

アイ・ミーブの累計の販売実績は約2万3000台
何気に11年生産してたんだな…>i-MiEV
軽では終わるが同じような見た目で上のクラスで出すと言う報道があったと思うが
世界初の量産EV:日本経済新聞〜「三菱自はフルモデルチェンジを一度もできず、フル充電でも走行可能な航続距離をアイ・ミーブは最大約160キロメートルから増やせなかった」
おおうマジか。益子さんと共に…(T_T)

社員の内職プロジェクトから生まれた名品ってケースで有名だったのになぁ。
発想は良かった、だがなにかが欠けていた
他車とは投じられてる技術が全然違うので仕方ないけど、やっぱり割高な価格と航続距離の短さが命取りになったということか。しかしスタイルだけはどのEVにも追いつかれなかった。お疲れ様。>
日経:   …まだ売っていたのか
まだ作ってたんだ
残念なニュース。パリではFree2Moveでよくお世話になりました。
残念です。日本が電気自動車の先駆けだったのに・・・。
な、なんだってー
ミーブもかあ…
アイ、かわいくて好きなんだけどなあ
愛車のシリーズが生産終了に。持ってくれよ、俺のEV!
まじか。いつかとは思っていたが。。いまか。
日産と一緒に新型出しますフラグであってほしい。
マジかいな
日本の製造業が衰退している要素が全部詰まっているニュースだなあ。

結局、メーカー側に明確な未来像(商品・サービスを通じて実現したいこと)が無いんだよね。

アンパンマンの歌を聴くべき。
アイミーブ終了かぁ…アイの保守パーツの供給はどうなるかが気がかり
世界初の量産EV:日経

「不振の原因はEVの性能の決め手となるリチウムイオン電池への投資を怠ったことだ。…グループ内調達にこだわり手をこまねいている中、競合はテスラがパナソニックと組むなど大規模な共同生産体制を築き上げた」
三菱だしね
ダイハツなら違った
三菱自もアイ・ミーブの次となる軽自動車型EVを日産と共同で開発中で、23年度までにも投入する見通しだ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR