TOP > 社会 > ワニもヘリウムで声高く 京大准教授らイグ・ノーベル賞 (写真=共同) :日本経済新聞

ワニもヘリウムで声高く 京大准教授らイグ・ノーベル賞 (写真=共同) :日本経済新聞

13コメント 2020-09-18 13:18  日本経済新聞

【ニューヨーク=共同】ユニークな科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が17日、オンラインで開かれた。ワニの発声方法を研究する中で、ヘリウムガスを使うとワニのうなり声も高くなることを発見

ツイッターのコメント(13)

結構、こっちの方が人気😂
こういうハッピーなニュースで世の中が満たされれば世間もハッピーになるのにな
そりゃ劇的ドラマチックの方が目につくのは人の性なのは知ってるけど
こういう事にアンテナを張れる人になりたい
今年は何がなんでもワニを推さなきゃいけない年なの?
京大准教授らイグ・ノーベル賞

こう言う研究も良いね?
とてもすき。:
声帯の研究での成果なのか //
日本人のイグ・ノーベル賞受賞は14年連続だそう。すごい。
すごい、面白い、ワニの声って・・
イグ・ノーベル賞の受賞が多いってことは研究分野の裾野が広いって事なんだね。目先の利益だけを追及した研究だけ進めても意外と結果が伴わない。先進科学だって生物の構造研究が突破口になる事多いし。
ほぉ・・・

 京大准教授らイグ・ノーベル賞
一瞬当たり前じゃんと思ったけど記事からすると音の出し方によっては高くならない可能性もあるのかな🤔
ワニもヘリウムで声高く京大准教授らイグ・ノーベル賞(日経新聞)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR