「女性らしさ」より「自分らしさ」 メンズスーツが私の仕事着  :日本経済新聞

ナチュラルに、自分らしく――。若い世代を中心に性別の垣根を越えた自己表現が広がっている。ジェンダーフリーの洋服やメークが続々と登場し日常の風景に溶け込む。「体のラインが出る女性用が好きじゃなかった」

ツイッターのコメント(17)

学校や職場が変われば、就活の画一的な服装も変わるチャンスが生まれる
友人がジャンダーフリーの記事になりました。「珍しい」から記事になってしまうのであって、
珍しくもなんもない世の中になればいいと思う。
メンズスーツが私の仕事着 女性はアクセサリーOKなのに男性は結婚指輪以外NG、みたいな雰囲気も変わるのかしら
2年前ボストンで社長さんにお会いしたけど、いつか作っていただきたいなー😊
@ochiaitakayuki こんにちは!落合さんの母校が記事に出てます
近頃は男女兼用がブームになっているけど、まさか化粧品まできているとは。。興味深い。
んー、仕事着なんだから、動き易さや使い易さ最優先で良くないかな?生産性の観点。
@nikkei 【IN FOCUS】スーツ、制服、メーク・・・。若い世代を中心に性別の垣根を越えた自己表現が広がっています(容)
男性がするメイクのお話もある💄
TLで見たことあるメンズメイクのけんわたさん…!
でも結局女性がメンズファッションを楽しめても、男性がレディースを楽しめないところに、まだまだジェンダーレスの限界があるように思う。

>>
ジェンダーフリーの服は出てきているけど果たしてマスとして成立するかどうか。
そういう意味ではオーダーの方が合理的かもしれません。
ジェンダーレスなんて言ってもそれは女性向けの言葉。男性が婦人服着たら世間の目は冷たい。メイクもそう。
男が女の服着るという偏見はどうなんでしょね
今朝の日経朝刊。日本における最近のジェンダーフリーの動向についてコメントしました。Z世代は「ジェンダーフリーネイティブ」。もう数年経てばジェンダーをどうこういうことじたい、古くさいという時代になる(なってほしい)
メンズスーツが私の仕事着
以上
 

 
PR