TOP > 政治・経済 > 新型コロナ:外貨建て保険、相次ぐ保険料上げ 世界的金利低下が打撃  :日本経済新聞

新型コロナ:外貨建て保険、相次ぐ保険料上げ 世界的金利低下が打撃  :日本経済新聞

新型コロナウイルス禍に伴う海外の長期金利の低下が外貨建て保険を直撃している。メットライフ生命保険やオリックス生命保険などは、外貨建て保険の保険料引き上げや積立利率の引き下げなど、条件変更に相次ぎ踏み...

ツイッターのコメント(38)

こ、これは…!
ちょうど外貨建保険についての記事を書いているところだったので、とってもタイムリー(びっくり)
日経朝刊【7面】にタイムリーにも外貨保険の報道あり。今日の説明会は、10月2日に三大疾病の保障付「キャンドル・ワイド」の新発売について。菅新総裁は71歳。国は70歳までではなく、75歳まで働くことを推奨してくるでしょう。生きるための保障を準備する、本気で考える時代💁‍♀️
これを見て「既に契約したけど、それも値上がりしたのか?」と勘違いする方もいるとのこと😅
世界的な市場金利の低下→債券価格の上昇→債権利回り低下により、外貨建て保険の保険料上げが続く。

日本非居住者の投資スキームの一つであった海外の養老保険の利回り低下も追随している。
各社、利率の見直しで保険料アップやそれに伴い解約返戻率がダウンしている。

ただ、その売り方って合っているのかな??

保険にしかできない事って他にあるよね???
外貨建て保険の新規受付停止や極端な条件悪化は、普通の個人が米長期金利で運用する(にアクセスする)方法が一つ減るということです。
外貨保険、金利低下が直撃:
昨今の金融情勢で資産運用として外貨建て生命保険商品を選ぶのはナンセンス。相続対策等の保険本来の役割を活用したいのであれば別だが。
こうなるともうね。
>メットライフ生命は、保険料を支払ってためた積立金の最低限保証する利率を従来の3%から2.5%に下げた。

自由に下げられるのか、、
投資用不動産のサブリース契約みたい
新型コロナウイルス禍に伴う海外の長期金利の低下が外貨建て保険を直撃している。メットライフ生命保険やオリックス生命保険などは、外貨建て保険の保険料引き上げや積立利率の引き下げなど、条件変更に相次ぎ踏み切る。外貨建て保険は今春金利低下を受けて販売停止が相次いだ
米ドルやのにキャンドルね
保険はどれを選ぶのか、そもそも入るべきか時間かけて考えないと
生保各社が相次ぎ外貨建て保険の条件変更に踏み切る背景には、外国債券の利率低下がある。新型コロナの影響拡大に伴い、世界の中央銀行は一斉に緊急利下げを実施。米連邦準備理事会(FRB)は事実上のゼロ金利政策に回帰した。外国の国債はあおりを受けて利率が急低下
外貨建て保険は絶対に加入しない方がいい
というのが個人的見解です
昔外貨建て保険の保険料が高いからヤバいとか言ってた子今どーしてんだろw
このコロナで各国金利を引き下げた。

半年前くらいは一年金利が2%くらい出ていた外貨定期預金も今では0.5%程度

外貨建の保険もこの金利だと運用出来ないから高くなるのは仕方ないな

入るタイミングは重要ですね
外貨建て保険の保険料値上げや利率の低下により、貯蓄性が低下。

新型コロナ影響拡大に伴い、外国債権の利率が低下していることがその要因。
FRBがゼロ金利を続ける方針である以上、長期化する見通し。
若い時から投資できちんとライフプランも考えてるとほぼスルーのニュースになれます。
儲かるからそれでもやめられない。
以前FPさんに勧められたけど、入らなくて正解だったってことかな?
マネーリテラシーが今よりも低かった時、外貨建て保険を契約しました。

幸い、ほんの少しの元本割れで解約できましたが、外貨建て保険買うならVTI, VOOをドルコストで買った方がいいと確信してます。
随分上げるな(◎-◎;)
>オリックス生命は10月、米ドル建ての終身保険「キャンドル」の条件を見直す。例えば40歳の男性が保険料を支払う期間を10年とした場合、保険料は25%引き上げる。
まあ、予想どうり
はいんなくてよかったあ~
金利低下以上に為替リスクがある。毎月の保険料も為替で変動するから、受け取る保険金が保険料に見合っているか、やって見ないと判らない。
10~30年後の為替なんか、誰にも判らない。
今日もドル円は 。
日経新聞の最新のニュースです、
日経新聞の最新のニュースです、
88888888888888888888888
米ドル保険もかなり予定利率下がりそうですね。
これじゃ円建て保険とあまり変わらなそうです🤔
保険会社じゃないからまあいっか😃
そりゃ、この世界的な低金利だとねぇ…。債券運用がメインの保険商品は苦しいよね。
保険の貯蓄性を保つのか?
◇外貨建て保険、相次ぐ保険料上げ⚠️

新型コロナウイルス禍に伴う海外の長期金利の低下が外貨建て保険を直撃している。メットライフ生命保険やオリックス生命保険等は外貨建て保険の保険料引き上げや積立利率の引き下げ等、条件変更に相次ぎ踏み切る。
うぁあああ😫

より、積立保険にはいった後悔の念は増える

皆さんは投資と保険を切り分けて、本当に必要かどうか考えてくださいね
実際問題、昨年度から販売激減して本部の保険チームが疲弊してる。保険会社が支店に来る頻度も上がったな…
メットライフ生命保険やオリックス生命保険などは、外貨建て保険の保険料引き上げや積立利率の引き下げなど、条件変更に相次ぎ踏み切る。外貨建て保険は今春、金利低下を受けて販売停止が相次いだ
それでもリタイアメントインカムなんですかね?
稼ぎ頭っぽいですね。カモフッキング用保険の資料取り寄せをしたら、営業TELがかかってきました。
厳しいですなぁ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR