TOP > 政治・経済 > 研究力低下、止まらず 安倍政権の科技政策を振り返る  :日本経済新聞

研究力低下、止まらず 安倍政権の科技政策を振り返る  :日本経済新聞

7年8カ月の安倍晋三首相の長期政権の下で日本の科学技術政策は「科学研究力の充実」から「イノベーション重視」へ大きな政策転換が実行された。大学などの研究能力の低迷が深刻化する一方で、重視したはずのイノベ...

ツイッターのコメント(65)

学者、研究者が自由に使える金を削って、競争的資金と称して目先の結果ばかり求めさせる学術崩壊政策を 2000 年代初頭(小泉時代かな…。元を正せば橋下行政改革とか地方分権一括法とか男女低賃金労働共同参画基本法の頃からやけど)から自民党がしてきた結果…。
「科学技術だけではイノベーションは生まれない。とはいえ科学技術はイノベーションの苗床でもある。科学技術の振興とイノベーション政策との間のバランスがいまのままでいいのか。科学研究力の低下を放置したままでイ…」
研究環境の劣化、悪化だよ。
国力の低下、まさしくここにあり。
日本の研究力低下は問題やけど、この写真、おっさんしかおらんやんか😡😡😡そりゃ低下するやろ💢
ずーーーっと指摘され続けてきたことですけどね。
近年の日本のノーベル賞受賞者も軒並み懸念の声を上げ続けています。
表立った派手な成果にだけ浮かれて、その声に耳を傾けなかった当然の結果です。
木に縁りて魚を求むが如し。普通ならね。でも実際は研究力向上もイノベーションもどうでもよかったんだと思うよ。/
…研究員が、研究に専念できているか、見直した方がよい。私の知る範囲では、研究を組織的に分業化して進めている研究所は少ない。個人の力量で、競争力のある成果を出すことは難しい。
研究能力の低下って書き方は嫌いやなぁ
研究する能力は変わってなくて、研究できる時間が削られてるだけでしょう
投資なく、選択と集中・競争原理を「コスト削減目的」で行うと、組織の地力を確実に壊していく典型事例。
しかも、選択と集中・競争原理施策のために手続きを増加させ研究時間を圧迫しているから尚更。

人にもモノにもお金をかけないからでは?特に人。政治家は若手の雇用状況マトモに見てるんだろうか?昔だったらトップレベルで職についてた研究者が大学で職に就けてない、異常だ。
そら日経新聞はじめとするマスコミが、「なんで当たりの宝くじ事前に買っておけなかったんだ」とか言って当たりが出た売店に群がってたからだろ。
この表に科研費と、各プログラムの投資額を加えるべきではないか。
まあね。だって本当のイノベに投資してないもんね。要は俺に投資しろと言いたいだけだWAHAHAHAHA
安倍政権の功罪は色々あるものの科学技術・教育分野では駄目だったと言うしかない。:
「エサ与えるのやめたら元気なくなりました」的な。基礎研究抜きにしてどんなイノベーションが生まれるんだよ。
「北風と太陽」を読んで人生をやり直してきてほしい。 //
(´・ω・`)安倍政権の政策を批判してこなかった研究者の責任ですよね…

声を上げ続けた少数の研究者もいましたが
なにがイノベーションに繋がるかなんてことが簡単にわかるならみんなやってる。技術革新にはある程度のギャンブル的要素が必要ってわかってんのかね?そしてギャンブルには金がいる。そこをけちれば成果には繋がらない。
ここの新聞社も「選択と集中」を煽っていたのでわ?⇒
やったらダメだ、やめろ、ということばかり20年以上続けてきた結果じゃないか。「研究では選択も集中もやっちゃダメ。いかにわけがわからないことをたくさんやるかが勝負」。
「研究の多様性の広げることに手が届いていなかった反省がある」

資金を集中投下したら多様性は失われます
「研究の多様性の広げることに手が届いていなかった反省がある」と総合科学技術・イノベーション会議元議員。選択と集中を迫ってきたのに何を言ってるのか:
「イノベーション重視」なんかするからだ。タイトルの華やかさだけで、中身がなにもない研究のほうがお金を取れるもん。

金にならない研究が一番大事だって知らないんだ。
「…こうした制度改革や先端的な拠点作りの試みは盛んに試みられた一方で、日本の科学研究力は低下を続けた」
お上のIT大臣様がパソコン使えんのによー言うわってのは置いておいて‥
院進んで就活がめんどいがためにずるずる博士まで行って他に当てがないからそのまま適当な研究者になるやつ僕の周りにいたんでわかります‥日本はいろんな意味で年々質も量も下がってきてるようですね🙌
「科学技術だけではイノベーションは生まれない。とはいえ科学技術はイノベーションの苗床でもある。科学技術の振興とイノベーション政策との間のバランスがいまのままでいいのか。科学研究力の低下を放置したままでイノベーションが生まれるのか。議論すべき点だろう。」
メモ:「 安倍政権の科技政策を振り返る」
経済脳の短期的評価主義が経済ばかりか学問領域まで破壊した。評価基準は学問自身が打ち立てるものであって、目先の利益を指標にすれば没落に至るのは当然。凋落傾向は兆しではなく、末期の徴。
・公務員は安定
・大手企業は一生安泰

日本でよく聞いてきたようなイメージです

ググると日本人は
遺伝的に恐怖心(?)が世界と比較して高すぎるそうです

技術の進歩特にITはほんとに遅いと思う
医療認可なども含めて指示や承認は遅いイメージがあります
今後の科学技術政策について色々と考えさせられる記事だ。
これ科研費申請に必須のリサーチマップも遠因してるのかもね。
権限がある開発者が
『「こいつは例示と証明の違いがわからない人だったよね」と覚えておくことで誤った税金の使い方をしないで済むように』って
研究者のこと恫喝するんだもの。


2020.9.9
中長期的な問題とはいえ下げ止まらなかったか。。
「科研政策」と呼べるものが安倍にあったのか?お友達の経営する大学を不当に優遇し新学部を認めさせたことか?お友達だった幼稚園経営者に不当に安く土地を払い下げたことか?
それで日本が良くなったか?
「研究力低下は止まらなかった」という言い方だと『国としてはやれることはやったが・・・』というニュアンスに聞こえるぞ?
理系のことはよく分からないが、何だかキナ臭い。研究費は下がる一方でノーベル賞科学者も嘆いている。文系はもっとお寒い状況。こんなことで未来があるはずはないと思うのだが。
委員会方式だとどうしても無難なプロジェクトが採択されて無難な成果しかでない、みたいになっちゃいますからねー。
他の分野についてはあえて何も申しませんが、安倍政権は科学技術政策については、0点の政権だと内部の人間として申し上げます。
予算を減らして、ブルシット・ワークを増やせば、まあ研究力も低下するだろう。
---
裾野が狭まれば山は低くなる
そんなアホでも解る話を、
安倍内閣と取り巻きの経産官僚等は理解出来ない
研究時間と資金が削られればそら落ちます。
おっと、事業仕分けの悪口はそこまでだ
「しかし現状では研究者が少ないもののこれから発展する可能性を秘めたテーマでは存在感が薄い。研究者が業績評価を気にするあまり、新領域に飛び込む冒険を避けているのではないか」←局所最適化された教員人事では新領域のポストが増えないから
 日経
うーん,なるべくしてなったとしか。当たり馬券だけを選んで買うことはできなかったみたいですね。
イノベーション重視の国(世界最速で研究力を失う国)
ついでに、女性の社会進出も一向に進まなかったな。
日経も何で7年8カ月もの期間内にこういう記事を書かなかったのかね。安倍が在任中は忖度して書かなかったとしたらメディア失格だよね。やってる感の演出だけで何も改革しない安倍政権なんて誰もが知ってる事実だろうに。⇒
質の高い論文を出すのは、あくまでも機械じゃなくて「質の高い研究者」だと思う。人が育つのは時間がかかるし、数年でバラ色の世界に変わらないのは当たり前じゃないかと思える。
日経滝さん。
「イノベーションの議論を科学技術から経済社会政策全般に広げた」
「統合イノベーション戦略会議が18年に首相官邸に設けられると、CSTIはその傘下に入る形に」
「安全保障政策と科学技術のリンク」
「スパイ行為や知的財産の盗用」が問題に
大学がバカの集まりになってる
結果を出せない安倍政権

2013年2月、就任直後の施政方針演説で安倍首相はこう述べた。「世界で最もイノベーションに適した国をつくり上げます。大胆な規制改革を含め世界中の研究者が日本に集まるような環境を整備します」

研究力低下止まらず 
安倍政権の科技政策振り返る
恫喝安倍政権の付け!!!
まあゴッコですから
お金絞るのやめてお金回せばいいだけのやつ
イノベーションとゴミ(とんでも・遊び)は紙一重ということなんだよな。本当は。

ナノテクなんかも最初はそんな感じだったと聞く。
> 「イノベーション重視」へ大きな政策転換
ムーンショットとか選択と集中やらかしておいて、これはひどい。
頭おかしいではなくサイコパス。
OISTのように金かけろって、単純な話だよ。
ハンコ大臣はさすがになあ。デジタル庁も頼りにならない。パンケーキがすきなら、これから価値があがる農地に見据えて、農林水産省やJAの改革とか食糧隊長のほうが菅政権にはあっている
お金貰ってる(いた)身で言うのもなんだけど、真水で予算を増やさずに朝三暮四的な振り替えや中間評価と称する一律10%減額とかやってりゃこうなるでしょうと思う。|
OISTの様に、日本のすべての大学を規制緩和し、運営費及び研究費を増やすべきです。
おお、まさにこの問題意識を先取りしたのが「神戸大学・科学技術イノベーション研究科」>「科学技術だけではイノベーションは生まれない。とはいえ科学技術はイノベーションの苗床でもある。」:
>イノベーション政策の成果も目に見えてきていない
>日本の科学研究力は低下を続けた
>安倍政権下の16年と20年に作成された宇宙基本計画では安全保障への関与の重視が強調され…日本の宇宙開発は軍事利用に踏み込んだ
「懸念材料は、科学の新領域への挑戦する意欲が失われている恐れ」

挑戦するリスクが取れるのはその環境があるから。ポスドクの6割が非正規かポスト待ちという状況でどうしたらリスクが取れる? 何より、研究費の増加なくして研究力の向上はあり得ない。
研究力なんて数年で変わるもんじゃないと思うけど。十年、二十年かけて徐々に変わっていくものでしょ。日本は30年それが失われてたんだからそれを取り戻すには同じかそれ以上かかる筈。
バブル崩壊以降の文部科学行政の方向性がダメだったよね。 /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR