TOP > 国際 > 新型コロナ:新型コロナ、スペイン・仏で急拡大 夏休みの移動要因か (写真=ロイター) :日本経済新聞

新型コロナ:新型コロナ、スペイン・仏で急拡大 夏休みの移動要因か (写真=ロイター) :日本経済新聞

10コメント 2020-09-02 05:18  日本経済新聞

【パリ=白石透冴】新型コロナウイルスの感染がスペインとフランスで再び急速に広がっている。春先の爆発的な拡大に並ぶ勢いで、夏休み中の人の移動が影響した可能性がある。他の欧州諸国も一時は抑え込みに成功し

ツイッターのコメント(10)

私的なつながり


"国外旅行を控える人は多かったが、親族や友人との接触の機会は増えた。仏政府によると、クラスター(感染集団)による感染拡大は全体の2割で、残りは私的な家族の集まりが中心だという"
3日前のニュースがこちら。
ロックダウンを大幅に緩和したりやめたら死者が激減になったわけで、ロックダウンが逆効果だったとするのが合理的。状況が悪化したからロックダウンせざるを得なくなったのではなくロックダウンのせいで死者増加

 夏休みの移動要因か
”マドリードなどでの流行拡大で1日7千人超の感染者”

”仏政府は1日、過去24時間の新たな感染者数が4982人だったと発表した。パリなどで拡大傾向が顕著”

新規感染者の桁が違う。
欧州で今新型コロナの感染が目立つのがスペインとフランスです。両国とも1日数千人の感染者を出しており、9月からの新年度でさらに増えないか懸念されます。

ただ死亡者、重症者の急増はまだ無し。若い人が感染しているからとも言われますが理由ははっきりしません。
仏政府は1日、過去24時間の新規感染者数が4982人と発表。パリ等で拡大傾向が顕著。夏休み期間の人の移動が要因か。1日からは新年度で学校が再開し、子供を介した感染の広がりも懸念。ドイツ、英国、イタリアでも件数増える傾向。→日本は今夏、頑張りましたね。問題は冬です。
感染がスペインとフランスで再び急速に広がっている。春先の爆発的な拡大に並ぶ勢いで、夏休み中の人の移動が影響した可能性。日経から。  仏政府によると、クラスター(感染集団)による感染拡大は全体の2割で、残りは私的な家族の集まりが中心だという。
欧米は生活の基本的なところで甘いと思う。多分減ることはないのだろう。
新型コロナウイルスの感染がスペインとフランスで再び急速に広がっている。春先の爆発的な拡大に並ぶ勢いで、夏休み中の人の移動が影響した可能性がある
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR