TOP > 国際 > シンガポール、外国人ビザ厳格化 日本企業にも影響  :日本経済新聞

シンガポール、外国人ビザ厳格化 日本企業にも影響  :日本経済新聞

【シンガポール=中野貴司】シンガポール政府は27日、外国人のビザ取得要件を厳格化すると発表した。専門職向けのビザ(EP)取得に必要な月給額を3900シンガポールドル(約30万円)以上から4500シン...

ツイッターのコメント(12)

駐在員に与える給与を増やすか、
シンガポール人の責任者にまかせればいいだけでは?
故リー・クアンユー元首相はまだ在任だったら、どうな施策をするでしょう?この動きはどこまで進むかによって、シンガポールの未来は変わる気がする。⇒
ぴえん、そんなにお給料よくないからシンガポールお仕事で行けないの😭😭😭泣いちゃう
昨日の続きです。胃がキリキリしてきました。僕の担当をしてくれているエージェントに、来月にビザ取得の実情について相談してみようと思います。記事の内容のままかもしれませんが、エージェントによってはクローズド案件も多いので、淡い期待を持っておくことにします。
シンガポールの外国人の引き締めが一段と強くなる。
シンガポールにいる必要がない外国人もコロナであぶり出されたわけだけど、シンガポール人のキャリアリテラシーと教育の見直しが本筋かなと。
としたときに、日本を見るとそれまた、懸念。
『大手銀行などは東南アジアの中核拠点のシンガポールに多くの日本人社員を派遣』←地元民が聞くと怒り出す「単一国籍集中の就労ビザ」をさりげなく盛り込む日経。
【日経】 EPに必要な月給額をS4500以上に
「ビザ要件の引き上げによって外国人の高度人材が減れば、競争力の低下につながる恐れがある」

??? 高度人材は安月給で働かないよ
日経でも出てますね。「ビザが厳格化され、外国人の高度人材が減る」と書かれていますが、能力が高くない外国人が排除されるので、むしろ良いんじゃないかと個人的には思っています。|
40代の社員の必要給与額は若手の2倍程度としており、影響は給与水準の低い若手社員にとどまらない。大手銀行などはシンガポールに多くの日本人社員を派遣してきたが、人事戦略の見直しを迫られる可能性がある。
こちらも厳格化
シンガポール、外国人ビザ厳格化日本企業にも影響(日経新聞)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR