光で脳の神経細胞を操作する うつ病新治療へ模索  :日本経済新聞

光をつかって神経を操る「光遺伝学」の技術をつかった研究が加速している。岡山大学などは、神経細胞のスイッチ役となるたんぱく質を新たに開発した。違う色の光を当てることで、神経活動を促したり抑えたりできる

ツイッターのコメント(11)

こういう技術が良いことに使われれば良いのだが・・・
光で脳の神経細胞を操作する研究が進んでいて、2030年ごろには治療薬開発にもつながるかもしれないらしい。

岡山大学&名古屋大学&東京大学の研究者の皆様、頑張ってください!
朝、日光を浴びるとバイタリティが高まるとは言うけれど、関係あるのかな
光をつかって神経を操る「光遺伝学」の技術を使った研究が加速。岡山大学などは、神経細胞のスイッチ役となるたんぱく質を新たに開発。睡眠障害や不安の仕組みを調べる道具となるほか、2030年ごろには治療薬開発にもつながるかもしれないといいます。

 日本経済新聞 より
"うつ病や睡眠障害などの脳神経に関わる病気は、情報伝達のやりとりの異常などが原因とみられているが、詳しい仕組みは不明だ。"
うつ病新治療へ模索


光遺伝学の応用が成熟するときが来たかも知れない。
注目してます(。・ω・。)
うつ病新治療へ模索

光をつかって神経を操る「光遺伝学」の技術をつかった研究が加速している
新しい治療法の開発に期待
光をつかって神経を操る「光遺伝学」の技術をつかった研究が加速。岡山大学などは、神経細胞のスイッチ役となるたんぱく質を新たに開発。違う色の光を当てることで、神経活動を促したり抑えたりできる。睡眠障害や不安の仕組みを調べる道具となるほか2030年には治療薬開発も
うつ病新治療へ模索: 日本経済新聞
以上
 
PR
PR