TOP > 政治・経済 > 中国対外融資が急膨張 途上国向け、強まる支配力  :日本経済新聞

中国対外融資が急膨張 途上国向け、強まる支配力  :日本経済新聞

■途上国向け貸し付け1000億ドル超、世銀と同規模に■広域経済圏構想「一帯一路」を掲げて鉄道や港湾の建設資金を融資■IMFなどに比べ制約が少ないが、平均融資金利は3.5%と高金利...

ツイッターのコメント(95)

@Raven_6_trpg @hayakawa2600 因みに現代中国の開発途上国に対する政策は、反政府勢力への援助ではなく、既存の政府に対する大掛かりな経済援助と大規模投資。
「中国が膨大な融資で途上国への影響力や支配力を強める」ことが「債務のワナ」なら,世銀やIMFのほうは何なのだろうね?
破綻回避のための追い貸しでしょ?
対外融資が世界銀行と肩を並べるとは、凄まじい勢い。金利は高くともハードルの低い中国からの融資が途上国から頼りにされ、中共の支配力を強める。世界が人権よりも金融で動いてる事を痛感。
中国対外融資が膨張、世界銀行レベル 
債務の重い発展途上国68カ国向けの貸し付けは2018年末までの4年間で倍増し、世界最大の開発援助機関である世界銀行に肩を並べた。融資が政策やインフラ運営を縛る「債務のワナ」が途上国を覆い、国際秩序も揺るがす
米中の対立は貿易、ITときて次は金融に突入しそうですね
うーむ、
これは関係性が分かりやすくて面白いニュース
債務の重い発展途上国68カ国向けの貸し付けは2018年末までの4年間で倍増し、世界最大の開発援助機関である世界銀行に肩を並べた。融資が政策やインフラ運営を縛る「債務のワナ」が途上国を覆い、国際秩序も揺るがす。
金利3.5%はエグいな
これからは世界通貨がドルじゃなくて元になりそう
いざとなったら貸し剥がしすらするんじゃないか?
金の力で発展途上国を支配し、自身の対外強行政策も認めさせる。それが、今の中国の実態。アメリカが中国製品規制を世界にも求めているが、どこまで一体効果があるのか。金を握られている発展途上国は、おいそれと「はい」とは言えないでしょう。
体の良いサラ金だ、すぐ貸してくれるけど金利が高い。そして取り立ては厳しい。
これで中国が破産すれば… →
→「アメとムチ」の古い手法が今も通用する世界。
「債務のワナ」も何も、中国は財政投入の威力を知っているだけだ。適切な財政政策で国内供給力を育成すると同時に、外交にも用いたのである。日本は、財務省が「PB黒字化」などとブレーキばかりかけてきた結果、今のザマなのである。 中国対外融資が膨張(日経)
中国が発展途上国に仕掛けている「債務のワナ」
途上国に融資してインフラ整備などを中国企業が受注し利益も得て途上国には債務だけが残る
なぜ金利の高い中国から融資を受けるのか
このままでは国際秩序が乱れる

有料会員限定記事
いつの間にか68か国への融資を進める、しかも金利3.5%でも借りたい貧しい国々への融資。世界支配を狙っているとしか思えない。。国際通貨にするなんてありえないと言い切れないところまで来ている。。中国に賛成した国連人権委員の実態がここに。#香港国家安全法
最近、かの国のすべてが怖い…😣
…平和が続くといいなぁ…と切に思います。。
~コロナの感染拡大が広がる途上国の債務負担軽減はG20 で議論が進む可能性。中国の対応が焦点に
これぐらい図々しくいかないとそう簡単に世界は獲れないけどさ‥‥
けど‥‥(笑)

中国の融資は金利が高い。平均3.5%となり、IMFの0.6%や世銀の1%を大きく上回る。
途上国は専制国家も多く、条件として財政規律を迫られるのを嫌
4年で倍です。4年後もほぼ同じでしょう。
世の中では、中国の全世界支配を止めようとする動きもありますが、中国は逆に加速する可能性を秘めています。
日本の大半のマスクが中国製から代われないのが論より証拠です。

日経新聞
中国の罠
途上国へ強まる支配力、重債務68カ国向け4年で倍
途上国にうるさいこと言わずに高利で融資し、返済に行き詰まると港湾をリースさせるなど影響力や支配力を強める「債務のワナ」。同時に、融資を通じて人民元の国際化も探っている。
途上国へ強まる支配力、重債務68カ国向け4年で倍
ドイツもどっぷり。
私が死ぬまでには、何かありそうです。
世銀を通じて初めて開示した途上国68カ国への融資状況。18年末の残高は1017億ドル(約10.7兆円)に達した。4年間で1.9倍に急増し、世銀(1037億ドル)に迫った。この間、世銀は4割増、国際通貨基金(IMF)は1割増
今回の新型コロナの件で中国の「債務のワナ」の仕掛けが鮮明になってきた。発展途上国においても気づいて方向を修正してきた国もある。しかし未だ影響力は相当ある。日本は欧米を中心とした先進国と足並みを揃えて対峙する必要がある。
消費者金融も国際金融も、金融の大原則は同じですね

途上国は専制国家も多く、IMFなどから融資の条件として財政規律などを迫られるのを嫌う傾向が特に強い。金利が高くても中国を頼るのは、こうした制約が少ないためとみられる。
"中国が統制強化のために施行した「香港国家安全維持法」を巡り、6月末の国連人権理事会で53カ国が中国を支持した。中国を支持したのはキューバやパキスタン、カンボジア、アフリカ諸国など。中国が開発資金の融資などで支援する国が名を連ねた。"
世界地図が真っ赤になる日がくるの???
途上国へ強まる支配力、重債務68カ国向け4年で倍:朝刊1面から
ここら辺と36KrJAPANさんの提供される情報を擦り合わせて行きたい。
「中国による発展途上国属国化の手口」
・敢えて、返済能力の乏しい国に融資
・IMFや世銀の融資条件である財政規律を迫らない代わりに高金利平均3.5%
・返済に行き詰まった国には、インフラ権益の中国国有企業への譲渡、軍事的な協力を迫る
・ジブチには中国軍の基地を建設
債務のワナか…抜かりないな中国 借金させて奴隷にする 民主主義というルールでやるなら数集めればいい これを当たり前の戦略ととるか 汚いやり方ととるか 汚いととるのは民主主義側の勝手な理屈でもある
「途上国は専制国家も多く、IMFなどから融資の条件として財政規律などを迫られるのを嫌う傾向が特に強い」そうだ。日本は財源不足をIMF等から借りず、紙幣を刷って賄ってしまうからIMF などから財政規律の縛りや監視が働かない(続)
西側陣営もきれいごと言わず融資条件緩めようよ
巨大なライバルが出たのに殿様商売
途上国は専制国家も多く、IMFなどから融資の条件として財政規律などを迫られるのを嫌う傾向が特に強い。金利が高くても中国を頼るのは、こうした制約が少な
中国の対外融資が増加傾向。債務の重い発展途上国68カ国向けの貸し付けは2018年末までの4年間で倍増。中国は融資を通じて人民元の国際化の狙いもあり。海外のインフラ投資増えているし、中国ってなんだかんだ勢いがある国よね。
世界の悪徳高利貸し、中国
このままでは途上国から一気に世界中た広まって、世界は悪の帝国に支配されてしまう

中国対外融資が膨張:
> 平均3.5%となり、IMFの0.6%や世銀の1%を大きく上回る
途上国は専制国家も多く、IMFなどから融資の条件として財政規律などを迫られるのを嫌う傾向が特に強い。金利が高くても中国を頼るのは、こうした制約が少ないためとみられる
中共の債務のワナ
なぜ引っかかるんだろうか
ナニワ金融道みたいなやり方やな
闇金のやり口か笑
「債務のワナ」…高利緩い融資で途上国も思いのまま。
債務の重い発展途上国68カ国向けの貸し付けは2018年末までの4年間で倍増し、世界最大の開発援助機関である世界銀行に肩を並べた。融資が政策やインフラ運営を縛る「債務のワナ」が途上国を覆い、国際秩序も揺るがす。
昨日の虎ノ門ニュースで飯山陽さんが言っていた、中国は欧米と違い、人権とかうるさいこと言わないでお金を投資してくれるありがたい存在と思ってる国が多いとのこと。
世銀越えの融資残高で、米ドルで貸した途上国向けの債務を、一部免除する代わりに人民元建てに切り替え・・
人民元の国際化を狙う一手?
「米調査会社ユーラシア・グループは「米ドルで貸した途上国向けの債務を、一部免除する代わりに人民元建てに切り替える案が中国国内で浮上している」と指摘した。」

中国対外融資が膨張:
もっと見る (残り約45件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR