TOP > 政治・経済 > 新型コロナ:病院の減収全面補填を 新型コロナで超党派議連提言案  :日本経済新聞

新型コロナ:病院の減収全面補填を 新型コロナで超党派議連提言案  :日本経済新聞

超党派の「コロナと闘う病院を支援する議員連盟」は経営が逼迫した医療機関の支援に関する提言案をまとめた。新型コロナウイルス患者を受け入れた病院に国が昨年度比の減収を全面補填するよう求めた。6日の総会を...

ツイッターのコメント(20)

そうあるべきだと思います。
中谷元(自民党)富田茂之(公明党)羽田雄一郎(国民民主党)

»
提言は新型コロナ患者の受け入れ実績がない病院にも減収80%分の補填を明記した。
政府も新型コロナの重症患者を治療した場合に診療報酬を3倍に引き上げるなど医療機関への支援策を講じている。
新コロ患者受け入れ病院の減収全面補填を。いいじゃないか⇨
新型コロナウイルス感染症に積極的に対応している病院が経営難になると、今後こういった感染症に対応する病院はなくなってしまう。
早急に支援を。
この提案の今後に注目しています。
市立ひらかた病院にも関係してくることだと思います。
> 政府が減収全面補填を: 日本経済新聞

金で済む話ならそれでいいわ
その代わり、改良の逼迫を盾に行動変容がどうたらこうたら言うの無し
それ言うんだったら死ぬ人は死ぬ
シンプルにいこうぜ
>コロナ患者を受け入れた病院に減収全面補填
>コロナ患者の受け入れ実績がない病院に減収80%分の補填

医療従事者の皆様には大変申し訳ないのですが、現状は不要不急の来院が収入の大半であったことの証明でもあるわけで…

救うには
これは早く実現してほしい
病院がコロナで赤字って、それだけ意味のない治療をご老人達にしてきた側面もあるんじゃないの?と思ってしまう。

 政府が減収全面補填を: 日本経済新聞
ずっと私も(壁打ちだけど)で訴えてきたことだー
しっかり精査の上、コロナ対応を行っている病院を中心に公費投入を図って欲しい。大阪市はコロナ専用化に踏み切った十三市民病院や総合医療センターだけで60億円を超える公費投入を新たに行う◾️
写真が掲載されている公明党:富田代議士を始め、国会議員の方々にずっっとお願いしてきた案件です。
「新型コロナ患者を受け入れると大幅赤字」の世界が許されていいはずがありません。期待をしています
>自民党の中谷元氏、公明党の富田茂之氏、国民民主党の羽田雄一郎氏が共同代表
>今年度、赤字になる診療所向けに医療版持続化給付金を創設
>高齢者施設は昨年度比で5%以上の減収となった月は1事業者当たり一定額を給付
>議連は自民党の中谷元氏、公明党の富田茂之氏、国民民主党の羽田雄一郎氏が共同代表を務める。

超党派=中谷氏 のイメージ
政策で一致するなら与野党関係なく議論して遂行する姿勢、良いと思います。
政府が減収全面補填を
日本経済新聞
補填は必要だと思うけど、何の費用をいつまで見るのかって言うのは先に議論しとかないとアカンよ。(´・ω・ `)

 政府が減収全面補填を:日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR