TOP > 社会 > 野菜卸値が最高値 7月、「93年冷夏」抜く  :日本経済新聞

野菜卸値が最高値 7月、「93年冷夏」抜く  :日本経済新聞

国産野菜の卸値が記録的冷夏だった1993年の高値を抜き、7月としての最高値を更新した。全国的な長雨と日照不足で生育が遅れ、市場入荷が落ち込んだ。今後も猛暑なら高値は続く見通しで、新型コロナウイルスで巣...

ツイッターのコメント(24)

スタッフさんの記憶に27年前のこれが残ってる説
野菜の卸値が高いです。「93年冷夏」を抜き最高値です。
米は需要が減ってるからそれほどでもない→
:7月の日照不足が深刻な影響。
いったんカゴに入れたおっきいキャベツ1玉\500ってプライスみてそっと売場に戻したもんね☆
家族が連日ボヤいているので、Amazonで充実野菜をポチってみました。
野菜ジュースの値動きはどうなんだろう!?
せっかく俺が「クッキングパパ」の目覚めたというのに、何でこんな野菜が高くなるんだよ……。
キャベツ、レタスが300円。
玉ねぎ3個で200円、ジャガイモ1個100円とか、メチャクチャやないか( ˘- з-)
卸値はキャベツが前年同期比2倍、レタスが8割高、ニンジンは3.5倍。
コロナに豪雨に野菜価高騰に猛暑と、大仏建立が必要なレベル。
野菜。農業は労働集約

グラフみると2010年頃から傾向的に上昇。人件費上昇を反映?

デフレ脱却を示す材料のひとつかもしれない。
:総合2面から
農業は天候とかの外的要因に左右されやすいのがどうしてもネックだよなー。
かといって室内栽培にするにはイニシャルコスト死ぬほどかかるし、農業の利益率で回収出来るとも思わないし。
農学部卒としてはもどかしい限り。
だからワシこの日照不足は高くつくって言ったやろ?(´・ω・ `)だからって対策のしようがないけどな
家計もダメージだけど、外食産業は泣きっ面に蜂だな・・・・
>コメの価格は現在、弱含んでいる。民間在庫が6月末に201万トンと4年ぶりの高水準な一方、需要は減っているためだ。7月から出荷が始まった早場米の価格は前年を下回る。野菜市場のような逼迫感はない
国産野菜の卸値が記録的冷夏だった1993年の高値を抜き、7月としての最高値を更新した
全国的な長雨と日照不足で生育が遅れ、市場入荷が落ち込んだ。今後も猛暑なら高値は続く見通しで、新型コロナウイルスで巣ごもり消費が増える家庭のほか、スーパーや外食店にも痛手となる
このところちょっと落ち着いていた価格がまた上がってきてるなと思ったらやっぱり…。またキャベツ400円オーバーになるのかな
長梅雨で日照不足と過剰な水で弱ったところにこの急激な猛暑だからな……
夏の思い出なんてすぐに色褪せていくものですが、1993年の冷夏だけは今でも鮮明に覚えています。梅雨明けがなく、コメが凶作でタイ米が流通しました。今年は諏訪大社の粥占が最凶でしたし、あの年を上回る勢いかも。
今月はもやし生活だから影響なし(*^ω^*)
うちの家庭菜園もボロボロです😇😇😇
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR