TOP > 社会 > 新型コロナ:アストラゼネカと合意へ ワクチン供給、厚労省調整 (写真=ロイター) :日本経済新聞

新型コロナ:アストラゼネカと合意へ ワクチン供給、厚労省調整 (写真=ロイター) :日本経済新聞

厚生労働省は英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大学が開発を進める新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、1億回分以上の供給を受ける方向で最終調整に入った。近く合意するとみられる。このワ...

ツイッターのコメント(23)

厚生労働省は英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大学が開発を進める新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、1億回分以上の供給を受ける方向で最終調整に入った。
早ければ9月ってはえー

厚労省、アストラゼネカと近く合意へ:
二回接種型なので、5,000万人分である。政府は、既にファイザーと6,000万人分の基本合意をしている。なんとか、来年前半に国民全部に行き渡るといいのだが。
新型コロナ:英 ワクチン供給
➡️国産ワクチンはまだ出来ないのか。このままでは国富がどんどん流出してしまう。逆に国産ワクチンを輸出できれば貿易収支にも寄与する。もはや各国対抗の市場開発競争になりつつある。
📌 
📌ワクチン供給、厚労省調整
📌1億回分以上確保

厚生労働省は英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大学が開発を進める新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、1億回分以上の供給を受ける方向で最終調整に入った。
日本は原薬を輸入するして製剤化するだけかと思ったらJCRが原薬を製造するのだと。しかし、国内で治験をしないという選択肢はワクチンの場合はあまりにリスキーと思う。
安全性は大丈夫なんでしょうか。きっちりやってくださいよ。
厚生労働省は英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大学が開発を進める新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、1億回分以上の供給を受ける方向で最終調整に入った。近く合意するとみられる。
ツインバード ワクチン輸送本命 今後は世界でワクチン争奪戦からのワクチン輸送 輸送に体制を整える準備必要というか早くしないと!
 ワクチン供給、厚労省調整
これが合意されるとファイザーと合わせて全国民分が確保される。
今度こそアンジェス、アイロムは下がるかな?
厚労省、アストラゼネカと近く合意へ:
ファイザーに続き、アストラゼネカも。約1億回(2回接種なので約5000万人)
Reading:厚労省、アストラゼネカと近く合意へ:
厚労省、アストラゼネカと近く合意へ  ワクチン1億回分供給 :
日本はファイザーに続き、アストラゼネカからワクチン供給を決めたみたい
厚労省、アストラゼネカと近く合意へ:
厚労省、アストラゼネカと近く合意へ:
このワクチンは早ければ9月の実用化をめざしている。1人あたり1回か2回の接種となる想定で、少なくとも5千万人分以上に相当する。
キタキタ!!!5000万人分の供給ありがとうございます、アストラゼネカ様!!!やはり早くから日本で製造供給を視野に入れていたのは間違い無さそう
あとは有効性が確認されるのを祈るばかりですよ
えっと、
ファイザーと6000万人分
アストラゼネカと5000万人分
合計1億1千万人分のワクチン確保へってこと
「WHO ワクチン 年内無理」で検索
ワクチン供給、厚労省調整 ワクチンについて、1億回分以上の供給を受ける方向で最終調整に入った。近く合意するとみられる…早ければ9月の実用化をめざしている。1人あたり1回か2回の接種となる想定で、少なくとも5千万人分以上に相当する
1億回分以上の供給を受ける方向で最終調整に入っただと?

アンジェスもはよ!
ワクチン1億回、アストラゼネカから供給 厚労省調整:
早ければ日本も9月にはコロナ終了なんか

>このワクチンは早ければ9月の実用化をめざしている。1人あたり1回か2回の接種となる想定で、少なくとも5千万人分以上に相当する。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR