TOP > 社会 > リニア、37年の大阪延伸も「難しい」 JR東海社長  :日本経済新聞

リニア、37年の大阪延伸も「難しい」 JR東海社長  :日本経済新聞

JR東海の金子慎社長は5日の定例会見で、リニア中央新幹線の東京(品川)―大阪間の開業時期について、目標とする2037年は「難しい」との見方を示した。静岡工区の遅れにより、品川―名古屋間の27年からの...

ツイッターのコメント(10)

難しいと言うよりは事実上不可能ですね。関西政財界も、リニアの開業は諦めて北陸新幹線の全線開通に一点集中した方が良さそうです。こちらも、並行在来線問題が待ち構えている訳ですからね。
もう生きている間にリニアで大阪まで行けないかも。
 ↓
JR東海社長『リニア、37年の大阪延伸も難しい』
勝手に西日本が新大阪からリニア名古屋まで、敷きはじめるとか。😆
静岡側は落としどころを見つけるために、調査方法の指示などの提案をするなどを考え始めたのに、JR側は包囲網を作って多数決の暴力でねじ伏せるつもりなのかな。
大阪開業も後ろにずれこむ見通しになったと
のぞみで寝ていくから名古屋乗換しないと思う。。 JR東海社長  :日本経済新聞
JR東海社長
(日本経済新聞、令和2年8月5日の記事)

南海トラフ地震が先か、開通が先かどっちになるのか?
JR東海社長:日経

知事からは「名古屋までの延期で大阪までの開業が遅れるのは良くない。工期を早めて欲しい」と要望を受けたという。ただ金子社長は「名古屋までの開業前に(大阪までの工事を)着工することは経営面で難しいと伝えた」
JR東海社長:日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR