TOP > 政治・経済 > トヨタ、危機モードのカイゼン発動 高まる業績上振れ期待  :日本経済新聞

トヨタ、危機モードのカイゼン発動 高まる業績上振れ期待  :日本経済新聞

トヨタ自動車が6日午後、2020年4~6月期の連結決算を発表する。5月の決算発表では国内完成車メーカーで唯一、21年3月期予想を開示し、5000億円の営業利益を確保する意思をみせた。それから3カ月。...

ツイッターのコメント(13)

「危機モードのカイゼン」ってまた下請けイジメなんだろうけどね。それと中国への過度の依存は止めないと足下すくわれるぞ。
ウイルスを遮断できるクルマは足元の受注は好調。下期に向けて売上高が計上されてくる。中古車価格も上昇。リース、割賦共に追い風。
トヨタの場中の値動きは凄く興味深くて、決算出た瞬間に買った人を一旦叩き落としてから上昇。
俺も慎重になり過ぎて数万しか抜けなかったのは悔しいが、ともあれ情報で勝てる時代は終わったんですよ。
おかげさまで13連勤でした!
本当にありがとうございました!!
またまた、下請け業者に価格を皺寄せするのか。。。。😭😭😭

  :日本経済新聞
日経「トヨタさん、コロナは下請けを更に絞るチャンスですよ!」
部品メーカー「勘弁して…」

>コロナという未曽有の事態は逆にチャンス
>部品の共通化や部材調達の見直しなどこれまで進めてきた活動を強めるだけでなく、トヨタはさらなるカイゼンをひねり出そうとしている
おはようございます😃
本日は、トヨタの決算発表が13:25にあるそうです……

どうなるのか楽しみですね😳

 高まる業績上振れ期待: 日本経済新聞
「カイゼン」は思考回路のリストラであって、結果としてコストだけでなく特に時間が効率化できたというもの。
それを原価低減のために真似する企業の愚かさ。
協力会社にコスト削減要請している結果もあり、ピラミッド構造で末端が疲弊してる気がする。
トヨタの2020年4~6月期の連結決算が本日午後発表。日経平均に大きく影響するんだろうな。楽しみのような、不安のような。
21年3月期予想を開示し、5000億円の営業利益を確保する意思をみせた。それから3カ月。米国は想定以上に踏ん張り中国は回復が鮮明で、トヨタ幹部はこのほどグループ各社に販売計画が想定を上回る可能性を伝えた。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR