TOP > 社会 > アーム再編へ2つの選択肢 ソフトバンクG、IPOか連合か  :日本経済新聞

アーム再編へ2つの選択肢 ソフトバンクG、IPOか連合か  :日本経済新聞

ソフトバンクグループが傘下の英半導体設計大手アーム再編を巡り、米半導体大手エヌビディアと交渉に入った。エヌビディアとアームが連合すれば、ソフトバンクGはより強固な半導体企業の株主になれる可能性がある...

ツイッターのコメント(24)

エヌビディア×アーム。ありそうなストーリー。エヌビディアについての詳細な記事とかあれば調べたい。
孫さんでも投資でミスするからなー😑
ホームラン狙うと確かにそうなる。
どっちに転んでもSBGへの恩恵は大きそう・・
月曜日動くかな?
「エヌビディアとアームが連合すれば、ソフトバンクGはより強固な半導体企業の株主になれる可能性がある」

アーム全株売るんじゃなくて、謎半と共同で株主やる算段かフムフム
NVIDIAは時価総額2600億ドルもあるのね。ARMと統合してもSBGは10%程度。2016年以降、だいぶ差がついちゃったのか。

"アームを傘下に収めたエヌビディアの株式を保有したり、株式交換で統合した会社の大株主になったりするなど、出資を維持するスキームを模索するとみられる"
次々と売却が進むが、SBFのコアコンピタンスはやはりモビリティなのか。
8/1日 23:40記事

アームを傘下に収めたエヌビディアの株式を保有したり、株式交換で統合した会社の大株主になったりするなど、出資を維持するスキームを模索するとみられる
ソフトバンクが傘下半導体設計大手アームと米半導体大手エヌビディアとの連合、IPOを検討

人工知能やIoTの拡大に伴って、今後伸びると予想される業界なので、業績回復を目指すソフトバンクにとっては大切な判断となりそうですね。
へえ、そんな動きになってるのか。半導体、通信業を抑えて、ペイペイでの決済やLINEとの連携とか、いっそスマホ作ってみては。

2つの選択肢: 日本経済新聞
エヌビディアとソフトバンク双方にとってメリットのある取引だと思う。
<シナジー>
アームは半導体設計の上流工程。エヌビディアは下流工程が主力。
アームはデータセンター向けシェアは現状5%程度で、関連分野が急成長しているエヌビディアとの連携で新領域を開拓できる。
どう転ぶのか?!—- ソフトバンクG、IPOか連合か  :日本経済新聞
復縁(価格が折り合えばNVIDIAへ売却)か💞新たなる旅立ち(IPO)か❣️
2つの選択肢
エヌビディアと連合 数年後に株式公開、資金回収
出資は維持 :日本経済新聞
アームを傘下に収めたエヌビディアの株式を保有したり、株式交換で統合した会社の大株主になったりするなど、出資を維持するスキームを模索するとみられる。
SBGは自社株買や財務改善のため資産売却を進めており、すでに米通信TモバイルUS株などの売却でメドが見えてきた。計画と並行してアームの数年内のIPOを検討していたところに、エヌビディア側から交渉を持ちかけられた模様。

 SBG、IPOか連合か
対象はAMDか、そうなると3極になるのかな?それだと面白そうだな。
すごいの来たな
2つの選択肢 エヌビディアと連合 数年後に株式公開、資金回収 出資は維持:総合5面から
大切なことは、決めることと信じること
「アームは半導体設計の上流工程を手がける一方、エヌビディアは下流工程を主力としており」、え、そうなの???? >
Armが、Nvidiaへの売却とIPOのdual trackになるとのこと。売り手にとっては、時間を有効活用しながら売却価格の最大化を目指せるプロセスなのですが、FA / 主幹事にとっては、常に中止のリスクを抱えながらのexecutionになるので辛みです。国内では、過去USJがそうでしたね。
以上
 

いま話題のニュース

PR