新型コロナ:アマゾンVS.テック医師 革新の主戦場は医療  :日本経済新聞

ツイッターのコメント(22)

"Amazonは2019年からスマホで医師に相談したり薬の処方を受けられる従業員と家族向けの遠隔医療「アマゾン・ケア」を手掛けてきた。7/14、同社は米5都市に20の医療センターを設けると発表" 〜新型コロナ:Amazon  革新の主戦場は医療:(200721日経新聞より)
Amazon
『アマゾン・ケア(従業員とその家族向けの遠隔治療)』🔜いずれ誰でも使える『アマゾン病院🏥』が動き出す💞患者データを分析するAI&薬💊を届けるインフラ物流🚚が既に揃っている👍🔜🇺🇸テラドック社との競合競争へ🔥
「「手技にこだわる日本の医師の暗黙知には魅力がある」。中心メンバー、外科医の竹下修由氏がそう話す。データをAIに学習させれば、手術の自動化につながる。実践的な教材も制作できる」→Amazon
自前の物流網を使って、薬を届けるわけか。
アマゾンは14日、米5都市に20の医療センターを設けると発表。

アマゾンで働く人と家族向けの遠隔医療「アマゾン・ケア」も興味ある🌟

Amazon
アマゾンが医療センターを開設

>彼らは医療界でとんがった存在だったが、この年に書籍のネット販売を始めた米国の会社が将来、医療の担い手として台頭するとは夢にも思わなかっただろう。

アマゾン・ドット・コムは14日、米5都市に20の医療センターを設けると発表した。
は米国内で同社関係者向けに医療センターを設けるとのことです。米IT企業は医療分野を有望視しています。日本では「テック医師」が頑張っています。
アマゾンが米国で医療センターを。
日本でもIT医療が広がるか、という記事。
ベゾス氏の「難しいが努力する価値がある」という言葉に納得。
今後に注文→
革新的なアイデアをもつ人にとって「医療」は腕のふるいがいのある領域でしょう。アマゾンCEOだけではありません。日本でもユニークな試みをする「テック医師」に取材で出会う機会が増えてきました。
ヘルステック
すごく個人的に興味を覚える分野
アマゾンは情報インフラもリアルなインフラもすごいですねー。 こういうことやりたいから、米国は中国に情報イニシアチブ握られたく無いんでしょうね。
日本では、厚労省がオンライン診療や、新たな医療サービスの発展を無自覚なまま、妨げている。

その背後にいるのは、ローテク医師達だ。
アマゾン・ドット・コムは14日、米5都市に20の医療センターを設けると発表した。この地域に住む11万5000人の従業員とその家族が対象だ。かかりつけ医のような初期診療を提供し、うまくいけばほかの場所に広げる。そ
「手技にこだわる日本の医師の暗黙知には魅力がある」。中心メンバー、外科医の竹下修由氏がそう話す。データをAIに学習させれば、手術の自動化につながる。実践的な教材も制作できる。データベースを管理・利用するベンチャー企業を立ち上げる計画だ。
アマゾンの物流倉庫の劣悪な労働環境は無視して、従業員(多分正社員)向け医療サービスを持ち上げるとか相変わらず日経先生は大企業のイヌじゃのう。(´・ω・ `)ワンて鳴けよコメンテーター
AIと「物流」を内製化していることで、あらゆる分野で強みをもてる。
さすがアマゾン。
(Deep Insight)アマゾンVSテック医師:オピニオン面から
こんなこともしていたのか。その分野での革命的な変化になりうる。
アマゾン病院とか出来だしたら、ヤバいな。
アマゾンの株価の天井が見えないw
現在は会社の関係者限定だが、いずれ誰でも使える「アマゾン病院」が動き出すとの観測が絶えない。患者データを分析する人工知能(AI)や、薬を運ぶ物流インフラなどがそろっているからだ。
新型コロナ: 革新の主戦場は医療: 日本経済新聞
以上
 
PR
PR