TOP > 社会 > 水害リスク説明義務化 8月下旬から不動産取引で  :日本経済新聞

水害リスク説明義務化 8月下旬から不動産取引で  :日本経済新聞

27コメント 2020-07-19 17:50  日本経済新聞

国土交通省は8月下旬から、住宅購入や賃貸などの契約前に水害リスクを説明することを不動産業者に義務付ける。浸水想定区域で浸水被害が相次いでいることを受け、省令を改正した。住み始める前から危険性や避難場

ツイッターのコメント(27)

公務で開発書類のチェックをしています。

あまり知られていませんが
2020年8月から不動産業者は購入検討者へ水害リスクの説明が義務化されました。

業者には質問攻めしてください。

また、
購入を検討している区画には大雨の日に必ず見に行って下さい。

良い投資を!
水害リスクのある物件は客付、売却ともに難易度アップか。
近年の水害からついに”義務”化されました。
来月以降、水害リスクの高い地域では売り、リスクの低い地域では買いのニーズが増えるだろう。
今のうちに低リスクの収益物件を購入しておけば、キャピタルゲインも望めそう。
令和までこれ無かったの怖すぎ /
不動産取引の際、
 ”水害リスク説明が義務化” となります。
 
賃貸の場合も含まれます。
国交省は宅地建物取引業者に対し、不動産取引時に水害ハザードマップを使って対象物件のリスク説明を8/28から義務化します。土地のみ購入の場合はハザードマップを考慮した新築設計が出来ますが、建売住宅に関しては購入者の住まい方が重要になりますね!⇒
ハザードマップの義務化とか、前々からしているんだけど、これからエリアに入っている物件は売れにくくなるだろうね・・
「施行後は不動産業者は自治体が作成している水害ハザードマップを活用し、物件の位置や浸水のリスクなどを顧客に説明しなければならない。」
「水害リスクの説明義務化」

国土交通省は17日、住宅の購入・入居希望者に大雨が降った際の水害リスクの説明を、8月28日から不動産業者に義務付けと発表。
豪雨による大規模水害が頻発する中、居住者が逃げ遅れるのを防ぐ狙い。
まあ、そーなるわな。ここ数年の被害はどれもしゃれにならん <
宅建試験で出そう。
はあ、また仕事が増えるわ。
もちろんワイはこんなの義務化されなくても当然、お客には必ず説明してたけど義務化される意味って不動産屋の領域飛び越えている気がする。
というか手数料3%じゃやってられん!
火災保険の水災不担保で費用を安く抑えるのはもう昔の話し。
これからは賃借人にも説明義務化になれば水害ハザードマップ該当エリアは入居者が付かない可能性も考えられる。
一度ご自身の物件を再確認されると良いと思う。
改正水防法で「洪水に係る浸水想定区域→想定し得る最大規模の洪水に係る区域」に拡充、計画規模から想定最大規模の浸水想定区域の外力で洪水浸水想定区域図が修正されたはずで、中古物件は特に注意ですね。
国交省 不動産取引、来月下旬から
違反し、改善命令に従わない場合は業務停止

⇒ これ、水害危険地帯の土地を仕入れていた不動産屋さんはどうなるんでしょうかね… 地価も変わりますね
国交省 不動産取引、来月下旬から:朝刊社会面から
--
国土交通省は8月下旬から、住宅購入や賃貸などの契約前に水害リスクを説明することを不動産業者に義務付ける。浸水想定区域で浸水被害が相次いでいることを受け、省令を改正した。住み始める前から危険性や避難場所を把握してもらい、逃げ遅れを防ぐ
水害や土砂災害などの警戒情報については、従来から重要事項説明の際に確認する内容なんだよね。。
説明しない方はもちろん問題だけど、自分の家の事なんだから、自ら確認することも大事。
ハザードマップは、その補助でしかない。
--
説明義務化: 日本経済新聞
8月下旬から、不動産業者はハザードマップを活用し、住宅購入や賃貸などの契約前に水害リスクを説明することが義務付けられるそうだ。ハザードマップは作るだけでなく、周知、活用することが大切。
説明義務化:日本経済新聞

国土交通省は8月下旬から、住宅購入や賃貸などの契約前に水害リスクを説明することを不動産業者に義務付ける
説明義務化:日本経済新聞
家賃相場も変わるのかなーー??
義務化は別に良いけどさ、どの自治体でもオンラインで調査できるようにしてくれないかな。
そんな事していなかったのか?だから、川そば0メートルに皆家を買うんだ。遅杉。>>
水害リスクの高い物件の家賃下落、売却値段の低下という流れ
8月下旬から不動産取引で
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR