大阪大と興部町がふん尿からメタノールを生産、世界初  :日本経済新聞

ツイッターのコメント(13)

さすが人口より牛口のほうが多い町、興部。

興部町が牛の糞尿からメタノール精製、世界初
最近大阪は科学研究力がすごいなぁ
輸入に頼らなくてよくなるっていうのはいいね。メタノールは燃料やホルマリンの原料、ギ酸は皮なめしや染色加工に使われるんだって(今ググッた)
常温常圧かぁ
良さげ
副産物が利益を生む。理想的な研究成果。
こういう研究が増えれば未来に希望が持てる。
(日経 7/15)『バイオガスを燃料に売電しながら、メタノールを販売すれば地域貢献になる』
ソフトクリームだけ食って、後は素通りしてた所で凄い研究してたもんだ。
量産化に成功すれば、日本がエネルギー大国に変われる可能性があるそうです。北海道興部町と大阪大学が世界初となる、牛のふん尿から発生するメタンガスから、燃料電池の燃料となるメタノールの生成に成功しました。
これは面白そうだ。何か感じるものがあるぞ。微力ではあるが何か手伝えないものかなぁ。牛にも通じているし、発電にも通じているから少しは役に立てそうだ。
このニュースな→
以上
 
PR
PR