TOP > 社会 > 新型コロナ:アビガン、有意差無しも「有効な可能性」 藤田医科大  :日本経済新聞

新型コロナ:アビガン、有意差無しも「有効な可能性」 藤田医科大  :日本経済新聞

新型コロナウイルス感染症に対する抗ウイルス薬「アビガン」の臨床研究を行っている藤田医科大学は10日、有効性に関して有意差はなかったとの暫定的な結果を発表した。ただし患者数を増やせば有意差が得られる水...

ツイッターのコメント(18)

何故か反日報道機関は、有意差なしだけを切り取り報道する

「患者数を増やせば有意差が得られる水準であったことを踏まえ、研究責任医師の土井洋平教授(感染症科)は「アビガンは有効である可能性がある」と評価した。」

新型コロナ:アビガン
@libmyosotis @moeruasia01 その記事フェイクニュースだから

>通常投与群36人、遅延投与群33人で解析した。
2グループとも投与されているんですよ
「6日目までのウイルス量対数値50%減少割合」は通常投与群が94.4%、遅延投与群が78.8%だった。

アビガンのウイルスの減少率は高い。早く薬事承認すれば、GO TOキャンペーンも問題ないのでは?
他治験待ちって感じか。
何かに忖度してる気がしてる
共同通信社は「有意差無し」のほうを強調して、それを各新聞社が取り上げたために「アビガンは新型コロナウイルスには効かない」という情報ばかり流布したけど、実際は「サンプル数が少なく統計的な有意差の確認に至っていない」なんだよなぁ…。
藤田医大の結果では安倍総理も特別扱い出来ないな
さて、アヒガンをメーカーに大量に作らせようとしていた政府はどうするつもりなんかな。まともに政府要請を聴いていたら、製薬会社は潰れかねない。/
 藤田医科大:日経
【同じ内容でも見出しの違いで印象違いません?】



共同通信は、数が少なく有意差なしを有効性なしと見出しをつけ各社がそれに倣いました。
見出し訂正して発表する報道機関ありませんけどね
有意差はなかったとの暫定的な結果を発表した。ただし患者数を増やせば有意差が得られる水準であったことを踏まえ、研究責任医師の土井洋平教授(感染症科)は「アビガンは有効である可能性がある」と評価
アビガン

研究責任医師の土井洋平教授(感染症科)
「アビガンは有効である可能性がある」と評価した。

memo.
有効性が確認出来たが、
検体数の基準を満たせず。
効かねぇとか言ってなかったか?
最初から200人必要と予測できてれば…

患者数を増やせば有意差が得られる水準であったことを踏まえ、研究責任医師の土井洋平教授(感染症科)は「アビガンは有効である可能性がある」と評価した。今回みられた差のまま患者数を200人程度にした場合、有意差が出る計算だという
何故この状況下でgo toキャンペーンをやるのかわかったぞ。安倍政権は感染者を増やしたいんだ。On goingのアビガンの治験を進めるためには患者数が必要だものね。/
この曖昧さを理解し耐えられるかが、化学的か否かの差なんだろうなぁ。
新型コロナウイルスに対する「アビガン」の臨床研究で藤田医科大学は有効性に関して有意差はなかったとの暫定的な結果を発表。ただし患者数を増やせば有意差が得られる水準であったことを踏まえ、土井洋平教授(感染症科)は「アビガンは有効である可能性がある」と評価した
以上
 

いま話題のニュース

PR