TOP > 政治・経済 > 不振の国内事業、デジタルで再建 MUFGの亀沢社長  :日本経済新聞

不振の国内事業、デジタルで再建 MUFGの亀沢社長  :日本経済新聞

4月に就任した亀沢宏規社長のもと、三菱UFJフィナンシャル・グループがデジタルを活用した国内リテール事業の抜本的なテコ入れに乗り出す。日本経済新聞のインタビューに対し、「これまでできなかったことがか...

ツイッターのコメント(13)

結果、待ち受けるのは大リストラですなぁ。
半沢直樹にように人間でないとできない仕事をする約1割の銀行員以外はみんな、首か片道出向か給料大幅減ですね…。
具体的に何やるんだろ🤔気になる

稼働口座に占めるネットバンキングの利用率も、31%から74%まで引き上げる。亀沢氏は「いくらでもやれることがある領域だ」と強調する。

 MUFGの亀沢社長: 日本経済新聞
顧客の利便性・サービスの質という視点をKeepし続けられるかが焦点か。
国内事業、デジタルで再建:
じゃんじゃんお願いします②
デジタル分野に強いトップが旧態依然とした組織をどこまで変えることができるか。経費率を見てもわかるように、まだまだ手付かずの分野が多いので、亀沢さんには期待大ですね。

国内事業、デジタルで再建 :
国内事業、デジタルで再建 三菱UFJFGの亀沢宏規社長 グラブ協業、アジアに軸足:金融経済面から
国内事業、デジタルで再建:

三菱UFJFGの亀沢宏規社長 グラブ協業、アジアに軸足
簡単ではない、が、やるしかない。スピード!

 MUFGの亀沢社長
銀行は不採算アセットからの撤退と既存インフラとの両立があり、DX難易度が高い。

大胆に進めるにはパナソニック並の外部人材の登用と、既存のレガシーに引っ張られないデジタルオンリーの箱(GE Degitalのように切り分け)が必要では。
デジタルを活用した国内リテール事業の抜本的なテコ入れに乗り出す。
とりあえず高すぎる手数料なんとかして😅
これを読んで気付いたが、MUFGに限らず、3メガのトップ(持株会社のCEO)は全て、傘下銀行の頭取を経ずに就任している。銀行が変わらざるを得ない状況にある事を、この人事が象徴していると思う。 亀沢氏はMUFG設立以来、初めて傘下の銀行頭取を経験していない社長
以上
 

いま話題のニュース

PR