TOP > 社会 > 新型コロナ:「ペーパーレス精算」に攻勢、10月の新ルール契機  :日本経済新聞

新型コロナ:「ペーパーレス精算」に攻勢、10月の新ルール契機  :日本経済新聞

10月に改正電子帳簿保存法(電帳法)が施行されるのを控え、マネーフォワードやコンカーなどIT(情報技術)各社が経理業務を効率化できるクラウドサービスの売り込みを強めている。新ルールでは紙の領収書や請...

ツイッターのコメント(13)

新型コロナ:「ペーパーレス精算」で攻勢、10月の新ルール契機: 日本経済新聞
申請と承認のワークフローの構築が重要になりますが、各業態によって使いやすいディバイスも様々ですので自社にとって使いやすいクラウドソフトを選択することがポイントです
法改正でシステムを使って業務の合理化、効率化しやすくなるのは素敵

「ペーパーレス精算」で攻勢、10月の新ルール契機:日本経済新聞
日経新聞にて経理業務を効率化するサービスとして、楽楽精算を紹介いただいています📰

>電帳法に対応するための経費精算システムのオプション契約は「5月に1千社超と1月比で3割強増えた」

ペーパーレス精算、注目度高まっています!
日経新聞で取り上げていただきました。本当に電帳法のお問合せは増えていて、セミナーもやる予定です!

>在宅勤務を機に検討する企業が増え、電帳法に対応するための経費精算システムのオプション契約は「5月に1千社超と1月比で3割強増えた」(本松慎一郎執行役員)。
電帳法改正。領収書や請求書の紙保存不要に。

新型コロナ:「ペーパーレス精算」に攻勢、10月の新ルール契機: 日本経済新聞
紙の保存が不要に📀
ようやく領収書の紙保存が消えてくれるのか。7年分保存しようと思うと結構邪魔。
確かに会社での交通費精算方法方も変わってきたしなぁ
ラクス
マネーフォワード
コンカー(
Sansan
>10月に改正電子帳簿保存法(電帳法)が施行されるのを控え

8月に夏枯れなどで大きく下げるような場面があればマークしておきたい関連ではありますね
各企業とも税調対応で仕方なく領収書や請求書といった紙を残していたのでは?つまり国税庁がボトルネックだったのでは?
以上
 

いま話題のニュース

PR