TOP > 社会 > 新型コロナ:「エアロゾル」感染の証拠認識、WHOが見解 (写真=ロイター) :日本経済新聞

新型コロナ:「エアロゾル」感染の証拠認識、WHOが見解 (写真=ロイター) :日本経済新聞

73コメント 2020-07-08 04:42  日本経済新聞

【ジュネーブ=細川倫太郎】世界保健機関(WHO)は7日、空気中を漂う微粒子「エアロゾル」を介した新型コロナウイルスの感染について、新たな証拠があることを認識しているとの見解を示した。ただ、証拠は決定

ツイッターのコメント(73)

@nishy03 エアロゾルは空気中を浮遊し遠方まで移動する
どうやら何しても感染は防げないようですよ。
アクリルもビニールもマスクも。

感染者が増えてますが、人の動きを止めるか、経済を動かすか。
経済優先なら、もう無意味な検査を止めた方が良いと思います(笑)。
もしくはすべてを止めるか。
極論ですが(笑)。

Witch one?
2月ごろエアロゾル感染がありうるかもと言ったら、「それは特殊な場合。ちゃんと勉強しろ!」と偉そうに教えをくれた友達がいたなあ。--
日経は「エアゾル」と書いてあるが、その他の記事の多くは「空気感染」と言う言葉を使っている。な訳がないだろう。素人でもわかる。
満員電車はもうあかんて!

小さい飛沫はエアロゾルと呼ばれる微粒子になって、長い間空気中を浮遊し、遠くまで移動する。
でその証拠は明らかにされていないと。なっかみのない記事!!
もともとヒトが保有するウィルス達だとしたら、いくらでも検出できるな…。
飛沫感染するって言ってんのにマスクしない人達に、エアロゾル感染するって言っても無駄ですよね。感染してる人を皆陰圧室に入れる訳にもいかないし。
WHOはこれまで新型コロナの主な感染経路は飛沫と接触だとして、対人距離の確保などの徹底を求めてきた。仮にエアロゾルからの感染が正式に認められれば、WHOが推奨する対策も変更を迫られる可能性がある。(引用)
新型コロナ:「エアロゾル」感染の証拠認識、WHOが見解|日経
多くのメディアが「空気感染」というワードで拡散してるけど、ひとまずはエアロゾルの模様。飛沫が乾燥しても感染力を持つような、最悪の空気感染ではないことを祈りたいでぶね( -人-) ナムナム
マジか😳
これじゃ九州と長野、岐阜の人々はどうなる💦
そうじゃなくても、大雨と洪水、浸水被害で眠れない状況なのに…😓
このタイミングでの発表はどうなん😫少なからずフェイクであって欲しい…
もし本当に空気感染することが明白となったら、ソーシャルディスタンスはほとんど意味をなさない。これまでのコロナ対策を見直すことになるかもしれない。まだ正体がわかっていないから、何が変わってもおかしくない。
エアロゾル感染、WHO「新証拠」 :
コロナ前に少し戻る兆しがあったけれど、また強固になって押し戻されるのかな
●WHOは「エアロゾル感染」を踏まえた報告書を公開予定
→専門家の公開書簡により一気に状況が動きそうです。
マスク着用と室内換気に関する推奨が追加されるのでしょう。
それしか思いつきません。
「空中浮遊する粒子」って日本のメディアが「エアロゾル」と呼んでいるやつだよね、と思っていたがやっぱりそうか。/
滅菌殺菌は向こう数年のメガトレンドになりそうだなぁ。完全なウィルス撲滅など無理、都度予防しかない。
日経はエアロゾルって書いてるんだけど他メディアが割とどこも空気感染て書いてて、何か空気感染て言葉が独り歩きしてる感あるんだけど>>
参考│エアロゾル感染、WHO「新証拠」 :
三密回避で良かった訳やろ?
風邪も同じなんじゃないの???

エアロゾル感染、WHO「新証拠」:
エアロゾル感染について、2月半ばに中国が認め、2.3日遅れてWHOもコメントしていたはず。日本のテレビでも放送された。エアロゾルの定義について、化学的と医学的に違うとかなんとか言説も。何を今更
小さい飛沫はエアロゾルと呼ばれる微粒子になって、長い間空気中を浮遊し、遠くまで移動する。2mでは、すまない。
空気感染の可能性はやはりあるのか。いよいよ厳しいことになってきたな。
こんなの1か月以上前にNHKで検証してたぞ
WHO無能すぎだ

あとこのニュース見て「空気感染!」って騒いでる奴らへ
エアロゾルと空気感染は違うからな
三密対策に加えて従来からも何度か言われていた空気の入れ替えや高機能な空気洗浄が肝になってきそう。
今後はより設備投資に費用がかさみそうだな。
飲食では改めて人件費を中心に製造原価をどう抑えるか考えないと。
だからマスクをしろと
横文字にして対象をぼやけさせて恐怖煽ってるわ。エアロゾル感染なんて単語、造語だぞ。
ミソくそWHOの言うことそのまま載せたらあかんよ、日経。
この半年、いらん恐怖と混乱しかもたらさんな、この国際機関😡💢
既に、感染経路を飛沫、接触に限定せずに対策してるとは思われますが、この認識が正式に発表されれば、
学校や電車など集団での対策も変更せざるを得ないので、早く示してほしい。
WHOは7日、空気中を漂う微粒子「エアロゾル」を介した新型コロナウイルスの感染について、新たな証拠があることを認識しているとの見解を示した。ただ、証拠は決定的ではないとも強調し、数週間以内に感染経路を説明した最新の報告書を公表する予定という。
<< 以前からエアロゾル感染の可能性があると報道されていたので今更感がありますが。それにしても相変わらず「空気感染」と報道している社が目立ちますね。>>
『エアロゾルを介した感染の可能性を示唆したうえで、「換気の悪い場所などでの感染の可能性は否定できない」と話した』

遅すぎ。これ、日本では3月には指摘されていた。それで「3密」なんです。
コロナがエアロゾル感染することは当初から指摘されていた。大幅な対策見直しが必要。職場、電車バスなどの公共機関、飲食店全てで抜本的な見直しをすべき。
とにかく次々と新しい見解がまだまだ出てくる。残念ながら「◯◯をしていれば大丈夫...」と楽観視出来る段階からは程遠く危険!?少しでも自分を守る為に出来る事をして防疫に努めるしかない。
「空気感染」と言わず「エアロゾル感染」と言っているがエアロゾル感染って新型コロナ禍で初めて言い出したのでは。どうも胡散臭い言葉である。
新しい対策が必要になる可能性。

日本では以前から指摘されていたエアロゾル感染、シュミレーションでも明らかだ。ただ世界的に対応できるのか、疑問は残る。
これまでは飛沫感染に焦点を当てすぎてSocial Distancingに重点を置いてきたが、エアロゾル感染の可能性を認めたとなると、日本の「三密(Three Cs)」がベターという話になる。既にWHOは三密の概念を受け入れているが、さらに普及させて欲しいところ。
日本の専門家会議の方々が発見して成果に繋がった「3密」感染対策の重要性をWHOも追認しそう、というお話

ついでに「大声で話す」「歌を唄う」などのリスクも世界で共有認識にできるといいですね
(特にラテンの人達は不安を乗り越えるのに唄と踊りが不可分の文化だから…)
日本経済新聞🚀
だからマスクだっつうの🚀
これが事実ならビニールシートやセパレーションでの対策はほぼ無意味なのでは😥?
まだ事実かどうかも不明だが…
エアロゾルはまじこわい
"小さい飛沫はエアロゾルと呼ばれる微粒子になって、長い間空気中を浮遊し、遠くまで移動する…WHOの感染予防の技術責任者ベネデッタ・アレグランジ氏は…「換気の悪い場所などでの感染の可能性は否定できない」「証拠を収集して解釈する必要がある」"
世界保健機関(WHO)は7日、空気中を漂う微粒子「エアロゾル」を介した新型コロナウイルスの感染について、新たな証拠があることを認識しているとの見解を示した。ただ、証拠は決定的ではないとも強調
空気感染の分析結果を後日公表するだと。パンデミックはまだピークに達していないとも。オリパラ無理やん。

 (写真=ロイター) :日本経済新聞
前々から、あちこちで発表されて
いたがWHOがやっとしっかり公表した。
決定的でないものって科学的には証拠って呼べるのかな?

 (写真=ロイター) :日本経済新聞
ん?結局「エアロゾル感染」なの?「空気感染」なの?
一部マスコミのバカが混同してる報じてるから、これ混乱するだろ。
頼むからバカに記事書かせるなよ。
あとWHOは今さらうるせぇ。
知ってたわ。
くしゃみなどをすると飛沫は1~2メートル程度で落下するが、小さい飛沫はエアロゾルと呼ばれる微粒子になって、長い間空気中を浮遊し、遠くまで移動する。世界32カ国の感染症専門家239人は6日、エアロゾルによって感染するリスクを指摘した報告書を公開し、話題を呼んでいた。
WHOはこれまで新型コロナの主な感染経路は飛沫と接触だとして、対人距離の確保などの徹底を求めてきた。仮にエアロゾルからの感染が正式に認められれば、WHOが推奨する対策も変更を迫られる可能性がある。
WHOは、空気中を漂う微粒子「エアロゾル」を介したコロナ感染について、新たな証拠があると見解。検証作業を急ぎ、数週間以内に報告書を公表する予定。
くしゃみなどの飛沫は1~2メートル程度で落下するが、それより小さい飛沫はエアロゾルになって浮遊し、遠くまで移動する。
いまごろWHOは何を言ってるねん。
結局、マスク着用、お喋り控えめ、三密回避が世界標準になるのでは?筒井康隆の「」が現実になる予感。
日本人のほとんどにとっては、「イマソコ?🥺」かと。

>世界32カ国の感染症専門家239人は6日、エアロゾルによって感染するリスクを指摘した報告書を公開
>「換気の悪い場所などでの感染の可能性は否定できない」

「エアロゾル」感染の証拠認識、WHOが見解[日経]
日本で既知のことで…
エアロゾル感染の可能性があるのであれば、そういう見立ての上に感染対策を指導すべきやったのに、この中共と運命共同体の組織が「エアロゾル感染はない」と言い続け、感染拡大させて来た責任は重い。危険かつ不要な組織なので日本も脱退すべき。
来たか…。
2メートルすら不十分となったら、どうすべきなんだろうか。
空気中を漂う微粒子「エアロゾル」を介した新型コロナウイルスの感染について、新たな証拠があることを認識しているとWHO。日経から。
ただ、証拠は決定的ではないとも強調し、数週間以内に感染経路を説明した最新の報告書を公表する予定という。
空気感染するの?でも本文は可能性は否定できない、証拠を集めるで題目と合ってない気がするけどどっち?
これはマスクしないとアウトだね。
飲食店でマスク外した瞬間に感染するリスクが急拡大ということになる。
空気感染は10m離れないとダメだから。
電車ムリだね。
これ、証拠付きになったら色々終わっちゃうな、完全に
エアロゾル感染があるとしたら、毎日結構ギュウギュウな常磐線で東京まで通勤している私は感染リスクかなり高め☠️。

それでも今の所大丈夫なので、人種によって感染リスクが異なるというセオリーが結構信憑性高し。
そうなら言語の発音による飛沫量の差が感染力の差とリンクするのだろうか
世界保健機関(WHO)は7日、空気中を漂う微粒子「エアロゾル」を介した新型コロナウイルスの感染について、新たな証拠があることを認識しているとの見解を示した。ただ、証拠は決定的ではないとも強調し、数週間以内に感染経路を説明した最新の報告書を公表する予定という
ただ、証拠は決定的ではないとも強調し、数週間以内に感染経路を説明した最新の報告書

もう、WHOの見解は信じないようにしています
二酸化炭素温暖化説と同じですね
くしゃみなどの飛沫は1~2メートル程度で落下するが、それより小さい飛沫はエアロゾルと呼ばれる微粒子になって、長い間空気中を浮遊し、遠くまで移動する。
(日本経済新聞) 【ジュネーブ=細川倫太郎】世界保健機関(WHO)は7日、空気中を漂う微粒子「エアロゾル」を介した新
(日本経済新聞) 【ジュネーブ=細川倫太郎】世界保健機関(WHO)は7日、空気中を漂う微粒子「エアロゾル」を介した新
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR