TOP > 社会 > 見てわかる「石炭火力の休廃止」 温暖化対策の効果は  :日本経済新聞

見てわかる「石炭火力の休廃止」 温暖化対策の効果は  :日本経済新聞

経済産業省が旧式の石炭火力発電所を休廃止する方針を打ち出しました。二酸化炭素(CO2)の排出が多い非効率なタイプから効率のよい発電所への切り替えを検討しています。想定通り進むのか、温暖化対策への効果...

ツイッターのコメント(10)

石炭火力発電の休止
他の発電に比べて、CO2の排出量が多いため、地球温暖化の観点から休止。
日本で140基稼働しているが、低効率なもののうち約100基ほどを休止する。
海外の投資家や、日本のメガバンクからも厳しい視線。
変わりの手段としては、再生エネルギーが有力。
環境利権=CO2原因説に則ってる以上害しかありません。CO2が地球上から無くなることはないとは思いますが、無くなったときは地球生物絶滅の時! ひょっとしたら地球外生物の陰謀??
これは吉崎達彦が言うように、バイデン当選→即、パリ協定復帰を先読みした(つもりの)、しょぼい考え。先読みするなら原子力をどうするかを語れ、再エネで・・ あほな話をしてると笑われる。
案の定、表題に反し、理系で育った人間には全く量的必然性が理解できない記事
こういうデマの繰り返しで自らの首を締める

 温暖化対策の効果は  :日本経済新聞
石炭というだけでは毛嫌いするのは論理的でない。ガスタービン+蒸気タービンで同じ燃料で2回発電する複合システムは発電KWH当りのCO2発生が通常の1/2。例えば石炭でも重油の1/2。新聞記者も知識を持ってほしい。  温暖化対策の効果は:
そもそもCO2を減らす必要がない。CO2が温暖化の原因なんていうのは非科学の極み。CO2は緑化に欠かせない。地球温暖化という金の成る木(莫大な補助金)に群がるエセ学者達の作ったカルト思想がCO2温暖化原因説。

 温暖化対策の効果は?
旧型石炭火力発電を廃止する前提は、再生エネじゃなくて原子力発電の6%→20%~22%なわけか。再生エネは17%→22%~24%で5%の増加。安定しないエネルギーには多くを期待できないよな。需要に合わせて作れない
同じカネを使うなら温暖化対策より災害対策をしたほうが、命が救えると思います。
温暖化対策の効果は
温暖化対策の効果は: 日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR