TOP > 社会 > 新型コロナ:富士通、3年で国内オフィス面積半減 在宅勤務前提に  :日本経済新聞

新型コロナ:富士通、3年で国内オフィス面積半減 在宅勤務前提に  :日本経済新聞

■オフィスへの出勤率を最大25%に抑制■通勤する働き方見直し、オンラインの業務へ■賃貸契約の一部は解除、コスト削減効果も...

ツイッターのコメント(362)

富士通は全国の支社や出先のオフィススペースを段階的に減らし、3年後をメドに現状の5割程度に減らす。
富士通は全国の支社や出先のオフィススペースを段階的に減らし、3年後をメドに現状の5割程度に減らす。
ポストコロナ、「働き方」は着実に変わっていきそう。だけど、「東京一極集中」のあり方が変わるようなパラダイムシフトが起こるとは考えにくい。
大企業から引っ張っていく
半減とはエグいな…
雇用形態問わず交通費を支給しないという富士通はついに聖域に踏み切った感ある。これが本当の意味での働き方改革。富士通にとって単なる一部削減に過ぎず、諸刃の剣となるか。
製作所さんや富士通さんがこういうことするなら、弊社も在宅勤務無くさんでほしいなー

8月からはまた半月在宅勤務とかにならんかなー
追随する企業増えるだろうから
首都圏の不動産バブルヤバそうね
😨
どんどん在宅勤務が一般化するでしょうね

富士通、オフィス面積半減

オフィスへの出勤率を最大25%に抑える働き方を始めたが、在宅を継続する。出社を前提とした働き方の見直しが広がる可能性がある
おや、富士通も…。|
最近、リモートワーク思ったより進まない論が散見されたけど、意外に大きく変化していく可能性もある 富士通、オフィス面積半減: 日本経済新聞
おお? 国内企業でも始まってるんですね。
「新型コロナウイルス感染拡大を受け、オフィスへの出勤率を最大25%に抑える働き方を始めたが、在宅を継続する」
大企業が率先してテレワーク前提の働き方改革、どんどんやって欲しい🤔✨
労働者の働き方のみならず、企業のオフィスのあり方も変革の動き
在宅勤務前提の企業が増えると、オフィスや都心マンションの相場が下がるだろうなぁ。
3年で半分はなかなかのスピード感。富士通という古き日本の大企業が行うインパクトも大きい。追随する企業もたくさん出てくるだろう。
多くの仕事が、他の人と顔を会わせず、場所を問わないものならば、近くに住む社員が担う必要はなくなる。今後は誰が担うのか、それは日本人なのかと考え恐ろしくなる。
新たな働き方ということだが、不動産業界にとっては大きな問題となるだろう。新たなオフィスの在り方をきっかけに大幅な体質改善が求められる。
大企業の在宅勤務前提はこれまでにない意思決定だと感じます

ジョブ型の働き方との両立を実現できることがさらに前提だと思いますがオフィス代削減に偏った判断でないことを願ってます

両立ない場合は親方の技術を見て盗めと言われた鮨職人が在宅勤務するのと同じですから
在宅は確かにコミュニケーションが皆一緒に社内にいる時ほどスムーズではないかもしれないが、会社にとって家賃や交通費のコスト軽減にもなると思う。
アフターコロナというより、アフターデジタルの世界では、そもそもオフィス要らないから大幅縮小の依頼が、昨年から現実として起こっていました。

だから論じるとすると、企業規模と3年という期間の相関ですかね?

新型コロナ:富士通3年で国内オフィス面積半減 在宅前提
>工場を除くオフィスでは、出勤者を通常の25%までにおさえる。業務全般もオンラインで進めるやり方に変える

富士通、オフィス面積半減:
この流れは拡大しそう。まず、不動産価格に変動が起きそうだ。ただでさえ人口減少で下落基調。反面、サテライトオフィス需要や長期的には地方の需要は高まりそう。鉄道会社への影響も大きそうだ。
過日のオフィス・バブルはいずこ…!?
エンジニアは同じ画面を見て1つのパソコンを複数人で操作しながら不明点を解決するときもあるからリモートワークだとそれがやりずらい。

若手エンジニアにも即戦力が求められると思う。

ほんと頑張ってほしい😃
音を立てて、社会が変わっていきますね。オフィス半減はわりと衝撃、でかい。オフィス半分になれば、当然、テレワークは必須に。新卒就職のあり方も変わるし、地方都市のまちづくりにも、影響を与える。
おー、やはり。
ここぞというときに社員が集まれる場所はあったほうがいいと思いますが、縮小していく方向に関してはまぁそうだろうと。
個人的には好意的に見ています😎
個人でのマウントの取り合いって減っていくと思うけど、法人に置いてもこの流れがどんどん進んでいきそう。
これからの時代に向けた変化の1つなのでしょうね。他の事業者も同じような考えでしょうから、大雑把に考えれば半分のビルはいらなくなるということ。ということは・・・🤔
コロナ禍で加速したテレワークは、長年の課題であった東京一極集中から抜け出す大チャンスなので、企業はどんどん東京オフィスを半減させ、テレワークを推進して欲しい!
📰。と考えていたら、今日こんな記事もありました。記事には在宅勤務とあるけど、家とシェアオフィスと会社の三カ所が働く場所になると思う。駅前商店街は従来よりチャンスが拡大すると思う。/
2023年問題もある。オフィス市場には逆風。
ジョブ型・リモートワーク・オフィス削減がウィズコロナ時代働き方改革三種の神器、ってところ?

オフィス削減については単純に賃貸費用安くなるというだけでなくDR/BCPとかワークライフバランスの話も「盛れる」というのはありそう。実際DR再検討にはいい機会かも。
出張禁止→航空産業に打撃
宴会禁止→飲食産業に打撃
テレワーク→鉄道産業に打撃
オフィス削減→不動産産業に打撃
人工知能普及→労働者に打撃
2020年の一連の現象は世界史的な大事件ですねぇ 5年後には消える会社が多そうです。
オフィスへの出勤率を最大25%に抑える働き方を継続し、全国の支社や出先のオフィススペースを3年後をメドに現状の5割程度に減らす。
他社にも波及するか注視しています。
「 在宅勤務前提に」
日本経済新聞
半減って2段ベッドみたいスタックしたら半減できる⁇
富士通は国内のグループ会社を含めたオフィス面積を今後3年をメドに半減へ。新型コロナ感染拡大を受け、オフィスへの出勤率を最大25%に抑える働き方を始めたが、テレワークを継続する。出社を前提とした働き方の見直しが広がる可能性も。
影響でかそう/富士通、オフィス面積半減:
新宿で働いているとか丸の内で働いているより社員が日本中世界中にいる方がかっこいいって価値観にそのうちなる気がしてる / (日本経済新聞)
在宅勤務が前提になった場合、電気代やインターネット代の一部を企業に負担してほしいかも。交通費のように。在宅勤務で確実に固定費が上がった。
記事の内容はともかく、日経のような一流媒体でも賃貸借契約の「解約」と「解除」の違いを知らんのかと、ウッとなった。ちゃんと解説してあるから日経の記者に全チン第8号の女子部回を読んで欲しいw
まあSESとか常駐が減るってことやろうなぁ…

これ結構打撃でかいんとちゃう?
私も富士通の挑戦が簡単に進捗していくかなと思いましたが、この記事を先鋒にして既存拠点の減額交渉仕掛ければそれなりに貸主には破壊力があると思いました。勿論半減が本命かもしれません。
オフィスの面積を減らしたり、従業員の交通費をカットしたりそうすることで企業のコストは抑制することができるので企業にとってもテレワーク促進はメリットがある。テレワーク中心とした改革を未来永劫続けていくためにも従業員と企業双方に魅力ある仕組みを作らねばならない
サテライトオフィスも充実している認識なんだよなぁ>富士通
前職がこんな動きを。オフィス面積を3年後をメドに現状の5割程度に減らし、賃貸契約は一部を解除していく。こういう大企業の動きが増えると、不動産は厳しくなりそう。
もっと見る (残り約312件)
 

いま話題のニュース

PR